Medium 03877fde1414a677

断食ダイエットの効果が凄すぎる!期間別方法・守るべき心構えを総まとめ

断食はきちんと段階を踏んで安全に行えば、心身をリセットし、痩せる以外にも色々な効果が期待できるダイエットです。プチ断食やファスティングから本断食まで、断食ダイエットを安全に行うための方法と注意点、その凄すぎる効果を詳しくご紹介します。

カテゴリー:短期集中ダイエット断食  作成者:柚稀  投稿日:2017/01/13

5.5秒に1個売れている大人気サプリ「大人のカロリミット」が通販限定の特別価格!
たった1,000円で14日分お試し

ファンケルの大人のカロリミット(

ただ「食べない」だけじゃない!断食って、実際どんなことをするの?

892aa50be1d2fc5e

出典:weheartit.com

断食とは、一定の期間、全ての食物あるいは特定の食物の摂取を絶つ宗教的行為である。 一定の食物を(期間を定めず)恒常的に禁忌することは除かれる。 断食は世界の諸宗教に広く見られる。 断食では食事は断つものの水だけは飲む場合もある。

出典:ja.wikipedia.org

断食とは字の如く、「食を断つ」ことです。宗教的な意味合いもありますが、宗教ではなくダイエットのための断食と考えると「一定の期間、全ての食物を断つこと」ということで、水分はきちんと摂りながら行います。

断食は「何も食べない」ということはわかると思いますが、実際にはどんな風に行えばいいのでしょうか?

  • ただ食べないでいればいいの?
  • 本当に痩せれるの?
  • 何も食べないなんて、ちょっと怖い・・・
  • 体調を崩しちゃうんじゃないのかなぁ・・・
  • やってみたいけど安全な方法がわからない
  • 断食道場って聞いたことがあるけど、詳細が知りたい

など、他のダイエットと違って不安が大きいと思います。

「食べ物を断つのが断食なんだから、今からしばらく何も食べない!!」という断食はとても危険です。いきなり断食をして、我慢できなくなってご飯をかき込む、なんてもっての外!!断食には手順があり、それを守らないと身体に大きな負担をかけることになります。

大雑把な断食の手順は、

  1. 断食を始める時は、まず最初の前日の夜の食事を減らします
  2. 翌日から水分は補給しながら、完全に食物を摂らずに過ごします
  3. 水分は摂りながら一定の期間、断食します
  4. 断食期間が明けたら、おかゆなどの胃腸への負担が少ない食事を少量から始めます
  5. 断食をした期間と同じ期間をかけて、だんだんと通常の食事に戻していきます

いきなり食べるのをやめるのではなく、量を減らしてから断食します。断食期間中も水分はこまめにとりましょう。決めておいた期間断食したら、消化の良い物を少量食べることから始め、少しずつ増やしていきます。1日断食をしたら3回の食事で、3日断食したら3日かけて通常の食事に戻します。

1日断食、週末だけの断食、3日間断食、1週間ガッチリ断食など、断食期間も色々あり、水以外全く摂取しない断食以外に、酵素ドリンクを飲みながら行うプチ断食(ファスティング)もあります。後ほど詳しく説明しますので、自分に合った方法で行いましょう。

こんな効果まであるの!?凄すぎる断食ダイエットの効果

6b18d2d0c6654f46

出典:weheartit.com

断食ダイエットには痩せるのはもちろん、「意外!!」と思える色々な効果があるんですよ。

  • 脂肪が燃焼され、短期間で体重を落とすことができます
  • 血中コレステロールを除去してくれます
  • 肌や髪を綺麗にし、若々しくします
  • デトックス作用が働き、老廃物の排出が促されます
  • 内臓を休めることができるため、内臓機能が活性化されます
  • 自然治癒力を高め、病気の回復を助けます
  • 人が生きるための本能が活性化し、エネルギッシュになります
  • 頭が冴えて、五感が鋭くなります
  • 味覚が変わり、人工甘味料や食品添加物に敏感になり、加工食品やスナック菓子への食欲がなくなります
  • リラックスすることができ、精神が安定します

など、体内環境をリセットして人間本来の本能が戻ることにより、他のダイエットにはない色々な嬉しい効果もでてくるのです。

脂肪の燃焼とコレステロールの除去で嬉しい効果がいっぱい!

  • なんといっても脂肪を燃焼できるので、痩せることができます
  • 動脈硬化や脳梗塞・心筋梗塞などの血液が詰まって起こる病気の予防が期待できます
  • 高血圧の予防・改善が期待できます
  • 血流が良くなることによって新陳代謝が良くなり、痩せやすくなります
  • 血液が全身にいきわたることで、肌色や肌質、髪質が良くなり綺麗になります
  • 大量の血流循環を必要とする肝機能と腎機能の低下を抑え、デトックス作用を促します

断食をすることによって、身体を動かすためのエネルギー源である糖質も脂質も身体に入ってこなくなります。そこで血中や身体に溜めていた糖質を使ってエネルギーにしますが、溜めていた分を使い切ると、次に溜めこんでいた脂質をエルネギー源として使い始めます。

新たに糖質も脂質も入ってこない状態で、血中や身体に溜まっていた脂肪はどんどん燃焼されていきます。結果、痩せるだけではなく、よどんでいた血液もサラサラになり血流が良くなります。血流が良くなると、さらに色々な嬉しい効果が期待できます。

断食することで内臓を休め、体内の毒素をデトックス!!

断食には絶大なデトックス効果があります。なぜ何も食べないだけでデトックスできるのでしょうか?その理由は断食により内臓を休ませることと、脂肪の燃焼にあります。

  • 消化器官を休めることができます
  • 肝臓の負担を減らすことができます
  • 内臓が休んだり余裕ができることで、傷ついたり痛んだ組織を修復できます
  • 有害物質は脂肪に蓄積するので、燃焼することによって効率よく排出できます

働き過ぎの消化器官

消化器官は、何か食べるとその食物を消化しなくてはいけません。三度の食事の他に間食をすると、その都度消化作業をしなくてはいけないため、間食をしたりしょっちゅう何か食べている人の消化器官は、慢性的にかなり疲れている状態になっています。

それが断食をすることによって消化器官はゆっくりと休むことができ、消化作業に使っていた膨大なエネルギーを、傷ついたり痛んだ組織を修復することに使えるようになります。

宿便の排出?

断食をすることで、腸に溜まった「宿便」が排泄されると言われています。

確かに消化器官が休むことにより腸内環境が改善され便秘の解消が期待できますが、「宿便」の排出となると残念ながら科学的に根拠はありません。内視鏡検査でも確認されていないということなので、「宿便を出すんだ!」ということを目的に断食するのは、ちょっと考えものです。

実は「宿便」そのものの存在も「これが宿便だ」という定義づけも確立されていません。よく言われる「腸壁にこびりついた便」というのも、腸の粘膜は日々生まれ変わって剥がれ落ちて排出されているので医学的には存在しないのです。

ですが「宿便」とは、「便秘による長期間腸内に停滞している便」ととらえ、「宿便の排出=便秘の解消=消化器官の能力を超えたために溜まっている排泄物の排出」と考えると、十分な効果が期待できます。「痩せたいと思って断食したら便秘が解消したし、宿便も出たのかも!?」という位の気持ちで考えると良いでしょう。

デトックスに頑張る肝臓

肝臓はアルコールや食品添加物などの有害物質を無害化してくれる大事な器官ですが、解毒しきれなかった有害物質は血液に戻します。そして再び肝臓に戻ってきて解毒、解毒しきれなかった分はまた血液に戻して循環させる・・・と大忙しの臓器です。

食材にもよりますが、有害物質は食事のたびに次々と身体に入ってくるため、解毒が追いつかないこともあるわけです。

それが断食により有害物質が入ってこなくなると、解毒しきれず循環させていた有害物質をどんどん無毒化して排出することができるようになります。そして肝臓への負担が減ることにより、自己回復する余裕すらうまれます。

断食によって、頑張りすぎの肝臓にゆとりを持たせ、どんどんデトックスをして身体をすっきりリセットしましょう。

脂肪と一緒に有害物質も排出してデトックス!!

有害な化学物質、薬物などは、アレルギー・自律神経失調症・糖尿病などの内分泌や免疫系、神経系の病気のリスクを高くすると言われています。これらの有害物質は石油でできているものが多く、脂肪に蓄積しています。断食で脂肪をどんどん燃やすことによって、有害物質も効率よく排出することができるのです。

本能と自己回復力を取り戻し、病気の回復の手助け!

836fa0a7c44de158

出典:weheartit.com

内臓を休ませることができると、臓器が使うはずだったエネルギーを痛んだ組織に使うことができるようになることは前述しました。細胞の修復により酸素を効率よく全身に送ることができるようになると、細胞自身もパワーアップすることができるのです。そしてその膨大なエネルギーは免疫力を高め、病原菌と戦う力になもなります。

頑張る白血球

断食により飢餓状態になると、身体は本来持っている生きるための本能が目覚めます。生きるために自己回復力が高まり、病気や怪我などを治そうとする力が高まるのです。

具体的に言うと、血液中の白血球が栄養不足を感じると、本来の役割である細菌やウィルスなどの捕食(貧食)作用能力をアップさせ、外部から侵入する異物をどんどん排除するようになります。

断食をすると白血球の捕食作用だけではなく、白血球自体も増えます。本格的に1週間以上断食をすると通常の1.5〜2倍にも増えることがあります。白血球は病気でも増えるので、単純に多ければ良いわけではありませんが、正常値は3,200~8,500μlと幅が広く、4,000μl位の人が8,000μlまで増えることもありえるわけです。

アレルゲンの排除も白血球の仕事です。肝臓のデトックス作用と脂肪の燃焼によるデトックス作用と相まって、白血球の活性化はアレルギーの改善にも効果大なのです。

覚醒した!?五感が生まれ変わって精神が安定する!

断食をすると、五感が鋭くなります。今までモヤがかかっていたようだった頭の中がクリアーになり、聴覚も視界もはっきりとし、まるで覚醒でもしたような感じになります。

味覚が鋭く生まれ変わる!

五感が研ぎ澄まされたようになりますが、特に味覚が鋭くなります。食事をしないことにより、舌を覆っていた老廃物や化学調味料などの人工物のカスが取れ、味覚が覚醒するのです。濃い味付けを好まなくなったり、自然と加工品を避けるようになるため、断食後も美容と健康によい結果を招きます。

意外!?精神が安定してリラックスできる!

断食をすると、脳内にα波が増えます。このα波、精神が落ち着きリラックス状態にあると出る脳波なのですが、脳がα波を出していると、次のような効果があります。

・体と脳を休め、リラックスすることができる
・ストレスを沈める効果がある
・脳を活性化させることができる
・体の免疫力を高め、病気を予防することができる

出典:monstar.ch

断食をすると、「食べたい!!」というストレスが溜まるのでは、と思いますよね。が、実際はストレスどころかリラックスした状態になり精神的に落ち着くことができるのです。

色々なことに行き詰った時などに断食をしてみると、落ち着いて物事を考えることができるかもしれません。意外に知られていない断食効果なのですが、思いがけない嬉しい効果ですよね。

断食を考える際の注意

断食の凄すぎる効果を紹介しましたが、これを読むと「断食すると脂肪を燃やせるんだ!!」と、断食をしてみよう!と思いたくなりますよね。次の章でも詳しく説明しますが、断食には注意しなくてはいけないことがあります。

体脂肪が落ちるのは良いのですが、水分や筋肉量まで落ちてしまうのは良くありません。「断食はリバウンドする」と言われてしまうのは、長期間の断食で筋肉量が落ちてしまい、結果として基礎代謝も落ちて痩せにくくなってしまうためです。

長期間の断食は避け、きちんと水分を取りながら、散歩程度に動いて基礎代謝の低下を防ぐことが重要です。

断食は、エネルギーの補給を断つダイエットなので、激しい運動をすると倒れてしまうこともあります。あくまでも筋肉に刺激を与える程度に身体を動かすようにしてください。断食を理解した上できちんと準備を整え、無理をしないようにチャレンジしてくださいね。

これだけは絶対守ろう!断食をする心構えと注意

9141b9e6b4908cef

出典:weheartit.com

凄い効果を持つ断食ダイエットですが、身体に負担がかかる分、きちんと方法と注意を理解した上で行うことが重要です。特に起こりうる身体の症状と、水分補給の必要性と回復食については必ず理解しておきましょう。

できるだけ専門家の指導の元で行う

断食は身体にかかる負担が大きいので、できれば断食道場や医師などの専門家の指導の元で行うのが理想です。特に3日以上の断食をする場合は、個人で行うのは避けましょう。

個人で行う短めの断食でも初めから無理をせず、以下のことをきちんと想定して準備をして行うようにします。

  • 断食ダイエットについて必ず下調べをして理解しておきましょう
  • 断食終了の回復食の準備をしておきましょう
  • 断食を開始すると身体に出てくる症状を理解しておきましょう
  • 身体に辛い症状がでた場合の対策を準備しておきましょう
  • 途中で挫折した時の対処方法を考え、準備しておきましょう
  • 絶対に無理をしてはいけません
  • 水は充分に用意し、こまめに補給しましょう
  • 散歩や軽いストレッチなどで適度に身体を動かしましょう

大事なのは、断食明けの回復食!!

断食をすること自体が大事なのはもちろんですが、断食明けや挫折した時に食べる「回復食」がとても重要になります。断食の反動で何も考えずに普通に、もしくは普通以上に食べてしまうと身体に悪影響を及ぼします。断食後の胃腸は赤ちゃんと同じと考え、優しい食事を摂ることが重要です。

  • 断食をした期間と同じ期間、回復食を食べます。
  • 3日間断食をしたら3日間かけて、回復食から少しず普通食に戻します。
  • 1日断食の場合は、1日をかけて3食を回復食にします。
  • 半日で挫折した場合でも、挫折後に食べる1食は必ず回復食にします。

回復食の順番

  1. 重湯(おかゆのうわずみ)
  2. 具なしのおみそ汁か、うわずみのみ
  3. ヨーグルト
  4. お湯を足したおかゆ
  5. 湯豆腐や冷ややっこ
  6. おかゆ
  7. 具が煮溶けかけた(またはミキサーした)野菜スープ
  8. 柔らかい具材を少し入れたおみそ汁
  9. 小さく切った具の野菜スープ
  10. 柔らかく炊いたご飯をいつもの半分

断食の期間が短い場合は、お湯を足したおかゆやヨーグルトから始めても大丈夫です。期間が長めの時は、おみそ汁のうわずみや重湯などから始めていきます。胃腸の調子をみながら段階的に進めていきましょう。

回復期に食べてはいけない食品

断食が明けると、ついついたくさん美味しい物を食べたくなります。胃腸がびっくりするような食品は避けて下さいね。特に以下の食品は避けてください。せっかくの断食が水の泡になってしまうばかりか、お腹を壊してしまったり、リバウンドしてしまうことにもなりかねません。

  • 牛乳・チーズ・バターなどの乳製品
  • カフェインの入った物(コーヒーや紅茶など)
  • アルコール類
  • 油分の多い食品
  • お菓子などの糖分の多い食品
  • 一般的に消化の良くないとされている食品

断食を実行する段取りをしておく

325444b5210c7034

出典:weheartit.com

断食は計画的にすることをお勧めします。かなりの精神力が必要になるので、空腹に負けない段取りと、断食明け(挫折を含む)の準備をしておきましょう。

周囲の協力を仰ぐ

働いている人だと平日に断食をするのは身体的にも精神的にもつらいもがあります。休日に1日を断食をしたり連休を利用して行うと、仕事への影響もなく、同僚に余計なことを言う必要もなく、ランチや会社帰りの寄り道の誘惑もなくなります。

家族や同居人がいる場合、事情を話して協力してもらうことも大切です。美味しそうな匂いや家族が食事をしている姿を見て我慢するのは、断食中の身にはとても苦痛です。あまり美味しそうな匂いがでない料理にしてもらったり、間違っても食事に誘ったりしないようお願いしておきましょう。

始める前に準備しておこう!

断食明けにいきなり普通の食事をするのは、身体に大きな負担がかかります。重湯やおかゆなどの消化の良い優しい食事の準備をしておきましょう。食材を用意しておき、すぐに作れるようにしておきます。挫折した時のことも考えて、レトルトのおかゆなどを準備しておくのも手です。

水は絶対に必要なので、1日当たり2リットルを目安に多目に用意しておきます。絶断をすると頭痛などの症状がでることがあるので、対策として果物や野菜ジュースやフルーツジュースを用意しておくと良いです。

ジュースの代わりに、美容面でも良い効果がある酵素ドリンクをを利用する断食方法もあります。酵素ドリンクを利用する断食ダイエット(ファスティング)についても、後ほど詳しく説明します。

断食を始めると現れる身体の症状を理解しておこう

断食を始めると、最初はどうしても身体に不調がでできます。断食をした時に現れる症状を理解し、それ以外の異常を感じたり、あまりにも症状が辛い時は断食を中止することも必要です。

  • 体がふらつく
  • 頭痛がする
  • イライラする
  • 冷や汗がでる
  • めまいがする
  • 吐き気がしたり吐いてしまうことがある 
  • 便秘気味になる、またはお腹が緩くなる

色々な症状が出ることがありますが、これは生理的に仕方のない症状です。空腹により血糖が低くなった時の症状と、好転反応と呼ばれるデトックス作用のためなのです。

糖が利用されつくした証の低血糖症状

断食をすると、まず糖分が消費されます。断食を始めて半日が過ぎると、糖分が使い果たされ、軽い低血糖状態になります。

普段でもお腹が空くと、軽くふらついたりめまいがすることがありますよね。さらに食べないでいると、冷や汗をかいたり倒れちゃうんじゃないかしら・・・という感覚になります。それと同じことが起きるわけです。

糖分を使い果たしたら、身体は次にタンパク質や脂肪を利用し始めます。ここでやっと脂肪が使われ始めるのですよ。ここまでくれば、低血糖症状もなくなります。

デトックス作用が活発になった証の好転反応

断食により脂肪や有害物質や老廃物が排出されることは説明しました。ではどう排出されるのか?というと、血液に乗って身体を巡り、肝臓などの臓器で処理されて排出されることになるのです。

そのため、一時的に血中に有害物質や老廃物が多量に流れ込むことになります。結果、臓器に負担がかかり身体に色々と症状がでることになるのです。

普段の生活状態によって個人差がありますが、断食をすると多かれ少なかれ症状がでます。普段の生活習慣が良くない人の方が症状が重くでるのですが、デトックス作用がうまく活性化している証で、一時的なものなので心配はありません。

症状がつらい時の対処法

症状がつらい場合、水分を多めにとり身体を温めるようにして血流を良くしましょう。有害物質などがスムーズに排出されれば、症状も早く治まります。また少量のフルーツやフルーツジュースを飲むなどして、糖分を少しだけ補給するのも症状を抑えるのに効果があります。

水だけの断食で症状が強い人は、酵素ドリンクやフルーツや野菜ジュースを食事の代わりに飲む、ファスティングと言われている断食ダイエット法もあります。無理をせず用意をしておいた野菜やフルーツのジュースを飲んで症状を軽減させながら行います。

症状があまりにも辛い時は断食を中止する選択もあります。注意したいのが、いきなり普通の食事を摂るのではなく、断食終了と同じようなおかゆなどの優しい回復食から摂るようにします。

こんな人は断食ダイエットをしてはダメ!!

Bdbd08104a795430

出典:weheartit.com

断食は身体に負担がかかるダイエットです。注意を守り、絶対に無理をしないでください。また断食をしてはいけない人もいますので、以下の注意を良く読んでしっかり頭に入れて下さいね。

不整脈のある人は断食をしてはダメ!!

持病がある人、特に不整脈のある人は断食ダイエットは避けて下さい。断食中は心室性不整脈を起こしやすい状態になるためです。不整脈のない人でも、断食中に脈拍の異常を感じたらすぐに中止してください。

妊娠している可能性のある人、十代の成長期の人も断食はダメ!!

持病のない人でも、体調が良くない時や妊娠の可能性のある人、10代の成長期にある人が断食を行うのは良くありません。栄養を必要とする時期なのに断食をしてしまうと、自身やお腹の赤ちゃんの成長を妨げてしまうことになります。

絶対に無理をしてはダメ!!

断食ダイエットは我慢するほど痩せるというものではありません。体調をみながら無理せず行うことが大事です。

断食しながら運動したらもっと痩せる!?は危険!!

「せっかく断食してるんだし、運動も一緒に頑張ってがっつり痩せよう!!」という考えは禁物です。基本的に断食中は運動をするのは危険です。断食期間や断食方法によっても違いはありますが、運動は散歩や軽いストレッチ程度にします。

絶断ダイエットの難しいところなのですが、断食中はどうしても筋肉がどんどん落ちていきやすい状態になります。全然身体を動かさないでいると、基礎代謝もどんどん落ちてしまい、痩せにくい身体になってしまうので注意が必要です。

断食ダイエットがリバウントして失敗するか、うまく成功するかは、運動の加減にかかっていると言っても過言ではありません。

運動しすぎると危険、何もしないでゴロゴロしてばかりだとリパウンドしてしまうことを頭に入れて、家に閉じこもってゴロゴロダラダラせずに、気分転換も兼ねて散歩をして筋肉に刺激を与え、筋力の低下、基礎代謝の低下をおさえましょう。

水分の補給は絶対必要

断食というと、「食べない・飲まない」というイメージがある人もいると思います。水も飲まない宗教的な断食のイメージのせいかもしれませんね。水分を摂らないで断食をしてしまうと、脱水状態になり最悪「死」ということにもなりかねません。充分に水分をとることが必要です。

人は飲み物だけではなく食物からも合わせて、1日に2000cc前後の水分を摂取しています。それを考えると、断食中も水分摂取が大事なことがわかると思います。断食を始めると塩分が排出されて、水分を摂っていても脱水傾向になってしまうので、積極的に水分を補給するようにしてください。

ファスティングでプチ断食してみよう

C4e5ac8a7a846ec3

出典:jp.pinterest.com

スポンサーリンク

ファスティングとは?

ファスティングとは「断食・絶食」ということなのですが、主に「酵素水・酵素ドリンクを使用した短期間のプチダイエット」という意味で使われていることが多くなっています。

ここでのファスティングとは「酵素水・酵素ドリンクを使用した短期間のプチ断食ダイエット」という意味で説明いたします。酵素ドリンク以外に、野菜やフルーツのジュースなどを使用する場合もあります。

ファスティングの手順

  1. まず酵素ドリンクを用意します。色々なメーカーから出ていますので、口コミを参考にして選びましょう。その際は、宣伝文句をうのみにせず、成分表記をしっかりとチェックして、正しい目で選びましょう。酵素ドリンクの選び方は、次に説明いたします。
  2. いきなり始めず、最初は1食を酵素ドリンクに置き換えることから始めましょう。朝食を置き換えるのがお勧めです。
  3. 予定していたファスティング期間が終了したら、回復食を食べ始め、ゆっくりと普通食に戻していきます。回復食は、おかゆにお湯を足したものから始めて、普通のおかゆや消化の良い具材を少し入れたおみそ汁、柔らかく炊いた少量のご飯と少しずつ普通食に近づけます。
  4. 肉などの動物性の食物、油、お菓子などの甘い物は避けます。
  5. 回復食は初めは薄味にしましょう。濃い味は身体が受け付けません。何も食べていない状態の身体は、薄味でも充分に美味しく感じますし、それが断食ダイエットの嬉しい効果の一つでもあります。

酵素ドリンクの選び方

  1. 成分表には「酵素」が一番最初に記載されているもの
  2. できれば甘味料が入っていないか少ないもの
  3. できれば添加物が入っていないか少ないもの

ネットで検索をしてみるとわかりますが、びっくりする位色々な酵素ドリンクが販売されています。含まれている成分も色々、お値段も様々です。

その中で選ぶ基準を考えると、やはり成分が重要になります。必ず成分をチェックしましょう。配合されている成分は、多い成分から順に記載することが義務付けられているので、わかりやすいと思います。

飲みやすさをセールスポイントにしたものは、甘味料がたくさん入れて飲みやすくしていることが多いので注意が必要です。ダイエット目的で酵素ドリンクを飲むのに、甘味料がドパドバ入っていたら意味がありませんよね。

甘味料だけではなく、合成保存料、着色料、香料などの添加物が多いものもあり、やはり要チェックです。美容に良いとされる成分を添加しているものもありますが、ファスティングで必要なのは、あくまでも「酵素」です。余計なものに惑わされないように注意してください。

できるだけ「酵素」が主役で、余計な添加物の少ない酵素ドリンクを選びましょう。

ファスティングのスケジュール

62d496867888ea9b

出典:weheartit.com

ファスティングは短期間の断食です。1食酵素ドリンク置き換えで身体の準備をしてから始め、酵素ドリンクのみで過ごす日を1~3日続け、おかゆなどの回復食を食べながら少しずつ元の食事に戻してワンセットになります。

酵素ドリンクで栄養を補給しながら行うので水だけの断食より身体に出る症状が軽く、3日間断食する、といってもある程度空腹感が緩和され、満足感が得られるのがファスティングの良い所です。

1日プチファスティング

  1. 1食置き換えファスティングで身体の準備を整えます。
  2. 次の日、丸1日3食を酵素ドリンクにします。
  3. ファスティングの翌日は回復食を3食食べます。

回復食はゆるいおかゆから始め、少しずつ消化の良い食材を食べながら普通食に近づけていきます。体調を見ながら、回復食の時期を長くしても良いです。水分をきちんと補給しながら行います。

1日ファスティングは定期的に続けやすく、準備日⇒ファスティング日⇒回復食⇒準備期・・・と続けたり、週末に金曜日は準備日、土曜日はファスティング、日曜日は回復食と、週1で続けている人もいます。

3日ファスティング

1日ファスティングに慣れたら3日ファスティングにチャレンジしてみましょう。

  • まず1食を酵素ドリンクに置き換えての準備期間を3日間続けます。
  • 4日目から3日間、3食を酵素ドリンクにします。
  • 7日目から3日かけて、回復食から少しずつ普通食にしていきます。

回復食は重湯やゆるいおかゆから始めます。1日ファスティングよりも身体への負担が大きくなっているので、おかゆの期間を長めにとりながら普通食に近づけていきます。酵素ドリンク以外に、こまめに水も飲むようにします。

3日ファスティングもセット単位で繰り返したり、定期的に行うと効果的です。

ファスティング中も軽い運動はする

ファスティング中も運動は控えますが、まったく身体を動かさないでいると筋肉が減って基礎代謝が落ちてしまいます。基礎代謝が落ちると太りやすい体質になってしまうため、筋肉量を維持する程度に身体を動かさなくてはいけません。

ファスティングは酵素ドリンクを使わない断食よりも栄養を摂れているので、多少積極時に運動取り入れましょう。

散歩やウォーキングなどは空腹をまぎらわせることもできます。家で空腹に耐えかねたら、気分転換も兼ねて外に出て歩いてみましょう。

個人でする断食方法

Bd3e4ef170a2f640

出典:weheartit.com

半日断食ダイエット

半日断食とは、18時間以上食事を取らないダイエットです。6時間~位は睡眠時間になるので、夕食を食べたら何も食べず、次の日の朝食を抜くのが一番楽に行うことができます。

半日断食ダイエットのスケジュール

夕食後から何も食べず翌日の朝食を抜く断食スケジュールで説明します。

  1. 夕食を18時頃までに食べ終わったとします。
  2. 食後すぐに水分をとるのは控え、2~3時間胃を落ち着かせます。
  3. 夕食後は水分以外何もとらずに就寝します。
  4. 翌日の朝食は抜きますが、水分はしっかりとりましょう。500mlは飲みたいものです。
  5. どうしても朝食を抜くのが辛い場合は、フルーツジュース、野菜ジュースなどをとります。
  6. 夕食を食べ終わってから18時間後の12時を過ぎてから、おかゆやヨーグルトなどの優しい食事をとります。

普段から朝食を食べない人は多少楽にできるかと思いますが、しっかり朝ご飯派の人には辛いかもしれません。どうしても辛い人はいきなり無理をせずに、段階的に朝食の量を減らしていき、最終的に食べずに済むように身体を持って行きましょう。

1日断食(週末断食)

1日断食は、断食をする前日の夕食から量を少し減らし、翌日1日を水分以外何もとらずに過ごすダイエットです。週末を利用して行うことができるので、週末断食とも呼ばれています。

1日断食ダイエットのスケジュール

  1. 断食をする前の日の夕食は、量を控えめにします。(金曜日)
  2. 間食や夜食をせずに就寝します。
  3. 翌日は朝から水分以外何もとらずに1日を過ごします。(土曜日)
  4. 水分だけは1日に2リットルを目安に、こまめにとりましょう。
  5. 断食の翌日は3食を回復食にします。(日曜日)
  6. 重湯やおかゆにお湯を足したものから始め、おかゆ、柔らかく炊いたご飯をいつもの半分程度にと、1日をかけて普通食に近づけていきます。

丸1日何も食べないのは辛いと思います。初めのうちは野菜ジュースや果物をを少量摂るなどして無理をしないようにしましょう。身体に我慢できないほどの不調を感じたら、中止することも大事です。

3日断食・1週間断食

断食はきちんと管理しないと危険が伴うということは説明してきました。その中で個人でも比較的安全にできるダイエット方法をご紹介してきましたが、3日以上の断食は、専門家の指導の元で行うべきです。

個人で短期の断食に成功し、もっと本格的に断食をしたい方や自分で断食を始めるのは怖い、という方のために、次の章で断食ができる施設をご紹介します。

断食道場で本格的に本断食!

Cfbd98c9cb94a905

出典:jp.pinterest.com

本格的に断食をするなら、やはりきちんとした管理の元で安全に行いたいものですよね。断食道場だけではなく、色々なプランを用意している施設もご紹介します。

ほとんとが風光明媚な自然に囲まれた場所にあり、本格的で「修行」と言って良いような道場からリゾート感のある施設まで、様々なスタイルがあります。本格的に頑張ってみたり、無理せず観光を兼ねた断食を体験してみたり、自分に合った所で始めてみて下さいね。

五色県民健康村健康道場

医学博士である笹田氏を道場長とする、兵庫県にある断食道場です。

初めに医師による電話での問診があり、断食が可能であれば予約を取ることができます。また入所時にも医師による検査・診察があり、医学的な管理が充実しています。最短で3泊4日のコースから、時分の都合や医師との相談の上で日数を決めることができます。

丹田呼吸法という、自律神経を落ち着かせる呼吸法の指導もあります。(自由参加)

根府川ヨーガ道場

神奈川県小田原市のパワースポットで、ヨーガと組み合わせた断食合宿を行っています。心身共にリフレッシュできる内容になっています。

断食と言ってもリンゴとニンジンがメインのジュースや、玄米を取り入れたもので、ここで説明しているファスティングダイエットに近い形です。

朝夕はお粥をいただくという選択もできる初心者に優しい合宿で、森林浴や登山、ヨガや瞑想など、自由に参加できる内容となっています。ヨガは講師の方が来られて、本格的に行われています。

1泊から可能ですが、3~4泊、できれば1週間以上を勧めています。

やすらぎの里

食事療法研究家がガイドをしてくれる、伊豆高原に3店舗あるマッサージと温泉付きの施設です。様々な形の断食・食事療法を選ぶことができます。

断食や食養生を行い、食事や生活習慣の改善をしたいのなら「本館」

断食コース・デトックスコース・食養生コースと、目的に合わせて選択できる、3日断食3日回復食のプランです。断食コースと食養生コースには1泊2日の体験プランもあります。

心と体のリフレッシュもしたい方なら「養生館」

4泊5日のプランで、3日間の養生断食ができます。必要最小限の食事をとりながら身体を動かし、基礎代謝を保ちながら楽しく断食します。断食と言っても少量の食事をしながらの養生断食で、ヨガと高原を歩くことにより大自然の中で心も身体もすっきりさせます。

長い休みをとれないあなたに、週末だけの断食をしたいなら「高原館」

「本館」と同じ3種類のプランが選べますが、期間が短く2泊プランと3泊プランになります。断食だけではなく、カッピングやマッサージなどの様々な施術やヨガ、自律神経チェックができるのが魅力です。

アイウェルネス伊豆高原

伊豆にある、全室個室のリゾート型の断食道場です。4つのコースがありますが、大きく分けると断食コースと捕食のあるダイエットコースの2つで、サービスのグレードでさらに分かれています。

断食コース

期間は自由に選べます。2日に一度のマッサージとリフレッシュケアがついています。ヨガやフイットネスなどの各種プログラムを有料で利用できます。

断食プラチナコース

4泊以上の美と健康のための、ワンランク上のコースです。マッサージとリフッシュケアにプラスして、デトックスアロマ、温泉への招待、自宅断食セットがつき、特別ルームでの滞在になります。各種プログラムを無料で利用できます。

ダイエットコース

ダイエットコースは、低カロリーの捕食をしながら行うプチ断食コースです。シンプルコースとレギュラーコースがあり、シンプルコースは2日に1回マッサージとリフレッシュケアがつき、レギュラーコースはさらにアロマリンパマッサージ、スパまたは温泉が1回サービスになります。各種プログラムも無料になります。

エレガントコース

ダイエットコースをワンランクアップしたコースです。マッサージは毎日、さらにアロマやスムージーがセットされ、ルームウェアなどのアメニティーサービスがワンランクアップさている充実のコースです。

ヒポクラティック・サナトリウム

19af0cfb78511f06

出典:jp.pinterest.com

伊豆高原にある、医学博士である石原氏を所長とする健康断食施設です。主にニンジン・リンゴジュースと具なしおみそ汁と生姜湯を飲む、低カロリーダイエットに近い断食を1週間を目安に行います。

施設の周囲の山を歩いたり、施設内の温泉やサウナに入ったりと、ゆったりと過ごすことができます。エステやマッサージなどのメニューも用意されている、ちょっとセレブなサナトリウムです。

大本山 成田山 断食修行

千葉県成田市にある、成田山・新勝寺で行う断食修行です。不動尊信仰に基づく心身鍛練のための修行なので、ダイエットだけを目的としてはいけません。身体と同時に、心の鍛錬をするのが目的となります。

2泊3日~6泊7日までの日程となり、事前予約と「減食」という事前修行と健康診断が必要となります。詳しい内容は説明されていませんが、あくまでも心身の鍛錬のための「修行」となるようです。申し込みは注意書きをよく読んでからにしてくださいね。

リフレッシュの森

埼玉県の山中にある断食道場で、食事療法と断食療法・ヨガなどで、自らの癌を克服した谷氏が、自分の体験を元に開いた道場です。

美しい森の中にある施設で、ヨガやベリーダンスなどの講座や農業体験などをすることができます。個人の要望に合わせたプランを作ってくれ、長期滞在も可能でここから通勤・通学することができるプランもあります。

酵素断食コース

梅肉と生姜おろしに醤油と番茶を注いだ梅醬番茶と、希望する滞在者の人たちで野草を採るところから作る酵素ジュースを飲みながらの断食です。減食⇒断食⇒回復食の3段階のスケジュールで行います。

半断食コース

梅醬番茶と少量の穀物と野菜を頂きながらの半断食です。一汁一菜を基本とし、自然由来の食品のみを使用したマクロビオティック食になっています。

リフッシュコース

自然に触れながら、ゆっくりと心と身体をリフレッシュするコースです。一汁一菜を基本としたマクロビオティック食を頂きながら、色々な講座や体験ができます。

ホテル クアビオ

群馬県の草津温泉にあるホテルです。2泊3日のスケジュールで、ニンジンジュースを飲みながらのファスティングプランと、マクロビオティック食のプランがあります。

ファスティングプラン

基本的に、オーガニック人参ジュースと梅干し、三年番茶のみになります。予備断食と回復食には具なしおみそ汁が付き、最後に捕食としてお粥などになります。

マクロビオティックプラン

マクロビオティックとは、動物性のものを使わない玄米や有機野菜などを使用した食事で、心身の健康を図る食事法です。宿泊中は、1泊2食ではなく、3食全てホテルが用意するマクロビオティック食になります。

朝はオーガニック人参ジュース、昼はオーガニック野菜サラダとスープ、オーガニック全粒粉の天然酵母パン。夜はマクロビオティックのディナーを頂きます。

愛知断食センター

愛知県豊田市の自然あふれる山中にある、完全予約の断食センターです。ダイエットだけではなく、身体と心の病気のための断食と、美肌の為の断食も行っています。

水だけを飲む「水断食」と、癌や生活習慣病、心の病気の改善を図る「半断食」と、美肌のための「肌断食」の3種類があります。個人の体質や体調に合わせて指導してくれます。

信貴山断食道場

大阪と奈良の県境にある聖地と呼ばれる信貴山にあり、40年の歴史がある断食・食養・精神修養のための道場です。比較的長期的に断食を行い、3泊以上から御都合に合わせて期間を決めることができます。

身体・心・魂の修行とする、「道場」的な意味合いが強く、丹田呼吸法・ヨガ・自然あふれる信貴山の山歩きなどをしながらの断食修行です。

  • 体験入場 3〜4泊
  • 短期入場 5〜9泊
  • 中期入場 10〜20泊
  • 長期入場 25日間

静養院 断食療養所

奈良県・生駒山にある、創設100年の断食療養所です。予備断食、水だけの本断食、回復食の3サイクルで行う本格的な断食を行います。

「断食療法を指導する」という考え方で、修行という意味合いではなく、自然治癒力によるデトックスや体質改善などのために、自然との調和を効果的に取り入れる手段としての断食を行います。

  • 体験入所 1週間
  • 効果の出る最低限の入所として 2週間
  • 本格的な入所として 3〜4週間

痩せるだけじゃない断食ダイエットの効果、一度は試してみたくなりませんか?痩せることができる上に、日々の疲れた身体をリセットして、頭も心もスッキリ!!しっかり理解したらしっかり準備をして、身体も頭も人生?もリセットしましょう!!

人気記事