Medium 639e9c88feb52cbf

ダイエットが辛いと感じた人へ…上手く継続させるための対処法5つ

もっとキレイになりたいという思いから、ダイエットを決意する人も多いと思いますが、毎日努力し続けることが辛くて諦めてしまうという話もよく聞きます。そこで今回は、ダイエットが辛いと感じた時にできる4つの対処法を紹介します。

カテゴリー:ダイエットの基本モチベーション  作成者:JIN  投稿日:2017/01/21

藤本美貴がインスタで絶賛「痩せ菌」サプリ!
↓今ならなんとモニター特別価格990円

↑詳しくはこちら↑

ダイエットが辛い時の対処法① 友達と一緒にダイエットしよう

9dcf798349e34c91

出典:weheartit.com

1人でダイエットをしていると、どうしても孤独の辛さに負けてしまいがち。それなら、一緒にダイエットをする仲間を見つけましょう。同じ目標を持った仲間がいるだけで、不思議と力が湧いてくるものです。自分だけ途中でダイエットを中断してしまうわけにはいかないという抑止力にもなります。

自分の周りを探してみれば、同じようにダイエットをしたいと考えている人が1人はいると思います。

どうしても周りにそんな人がいない場合は、スポーツジムに通うこともおすすめです。頑張っている人達がいる中でダイエットをすれば、同じ目的を持った友人もできるし、自分も頑張ろうと思えるので楽しくダイエットができますよ。

ダイエットが辛い時の対処法② 食事制限を楽しもう

ダイエットで食事制限をする時、我慢することにばかり意識がいってしまい、辛いと感じて諦めてしまった経験がある人も少なくないと思います。そんな人はまず、ダイエットは辛いという考えを捨て、食事制限を楽しむことを目指してみましょう。食事制限のポイントは、長い時間をかけて無理せず行うことです。

炭水化物を一切食べず、短期間で一気に減量しようとするようなダイエット法は辛くて当たり前です。無理して食べたいものを我慢するから辛いのです。

時間をかけて少しずつ制限していく

最初から大きく制限をかけるのではなく、無理のない範囲で少しずつ制限をかけていけば、そこまでの辛さは感じません。例えば、『夕飯の炭水化物だけ抜く』『ご飯の量を3割減らして野菜の量を増やす』などです。

少しずつ制限をかけていき、慣れてきたら次の段階へ進むようにすれば、苦しい思いはせずに健康的にダイエットができます。

低カロリーで美味しいメニューを考える

食事制限中は食べる量を制限するよりも、摂取カロリーを制限することを考えなくてはいけません。だからと言って、とにかくカロリーを抑えることだけを考えていては、食事がつまらないものになり、ダイエットが辛くなってしまいます。

そうならないために、低カロリーで美味しいメニューを考えて、毎日の食事を楽しみましょう。

スポンサーリンク

毎回違った野菜と果物を使ったスムージーを作るのもおすすめです。意外な組み合わせから美味しいスムージーができるかもしれないので、自分だけのレシピを考えて食事制限を楽しんじゃいましょう。

ダイエットが辛い時の対処法③ 運動量は常に一定にする

553553e3e3199a31

出典:weheartit.com

ダイエットを始めた直後に張り切ってたくさん運動をすると、後が辛くなりがち。最初のうちはモチベーションが高いのでたくさん運動できますが、だんだん辛くなって、運動量が少しずつ減ってしまう人が多いんです。

無理なくできる運動量を設定する

運動することに辛さを感じないためにも、自分が無理なくできる運動量を設定し、設定した以上の運動はしないようにしましょう。そうすることで、辛いと感じるまで自分を追い込むことがありません。運動量は最初に決めた量を最後まで変化させることなく一定のまま設定しておくことも大切です。

無理なく行う運動は脂肪燃焼効率も◎

辛いと感じる手前の運動量を設定すると、脂肪燃焼効率が良いというメリットもあります。筋トレや息が上がって喋れなくなるほどの負荷の高い運動は、筋肉の中にあるエネルギーを消費するので、脂肪を燃焼してくれません。脂肪燃焼効率が最も良いのは、じっとりと汗ばむくらいの強度の運動を継続して行うことです。

ダイエットが辛い時の対処法④ 自分へのご褒美を設定する

ダイエットが辛くなる原因のひとつに、誰も自分の努力を認めてくれないことが挙げられます。運動や食事制限をいくら頑張っても、実際に体重が減らなければ評価されないので、頑張る気持ちが失せてしまいます。

そんな事態に陥らないために設定したいのが、自分へのご褒美です。モチベーションを維持するため、目標を達成することができたら、頑張った自分へのご褒美をあげましょう。ご褒美は1週間に1日くらいの頻度で構いません。

例えば「1週間食事制限を達成出来たら、1日だけ好きな食べ物を食べてもいい日を作る」、「目標の運動量をクリアできたら、好きな物を買ったりエステに行ったりする日を作る」などです。楽しいご褒美を設定することでモチベーションは高まり、次の日からまた頑張ることができるでしょう。

いかがでしたか?結果を出すことにばかりとらわれて、無理なダイエットをしていたのでは、辛さばかりが目立ってしまい、ダイエットを継続することが困難になってしまいます。

ダイエットは結果を出すことよりも、継続することが大切です。ダイエットを楽しむ工夫をして、長く続けていれば、健康的に綺麗なスタイルを手に入れることができますよ。

人気記事