オリゴ糖は体内でどんな働きをするの?

オリゴ糖とは、いくつかの単糖がつながった糖質の一種です。一口にオリゴ糖といっても、種類は20種類ほどあります。

出典:www.tealife.co.jp

オリゴ糖は大腸内で善玉菌のエサとなり、その増殖を促進します。腸内では悪玉菌が増殖することにより、便などの老廃物が溜まり、便秘をおこします。便秘は体重増加だけではなく、食欲不振や肌荒れを伴います。オリゴ糖で腸内環境を整えることで、便秘が改善されるのです。

また、オリゴ糖には食物繊維と同様に、腸内の余分なコレステロールを排出する働きもあります。なんだか糖質といっても、良い成分ばかりの糖ですね!オリゴ糖を取り入れることは、ダイエット効果はもちろんですが、美肌や健康な身体作りにも繋がるのです。

出典:josei-bigaku.jp

他にも、カルシウムやミネラルの吸収を助ける効果もあるんです。一般的に、食事から摂取したカルシウムは30~50%しか吸収されませんが、オリゴ糖を一緒に摂るとカルシウムの吸収率がぐんと上がります。

カルシウムには脂肪の吸収を抑えたり、体温を上昇させて代謝を上げたり、便秘を解消したりする効果があります。ダイエット中に不足しがちな栄養なので、これも嬉しいですね!

ポイント

オリゴ糖は、腸内環境を整えて便秘を改善したり、余分なコレステロールを排出したり、カルシウムの吸収を助けたりする働きをもつ。

オリゴ糖はどんなダイエット効果があるの?

ある食品会社の調査によると、「日頃から運動しているのに痩せない」という女性へアンケートをとったところ・・・その約6割が便秘症であるという結果が出ています。

原因はダイエットで食事制限をし、必要な栄養分までカットしてしまうからです。それにより代謝が悪くなり、腸の働きが悪くなるのです。腸の働きが悪くなることで、人間の体はエネルギーを分解・燃焼できなくなります。つまり、ダイエットではお腹の健康を改善することが、早く確実に痩せるコツといえます。

出典:beautybook01.com

そこでオリゴ糖です。オリゴ糖によるダイエット法は、カロリー制限をした減量法とは異なります。お腹に溜まった悪玉菌や不要なものを排出し、脂肪燃焼に必要な栄養分を効率よく取り入れることによって、代謝システムが活性化し、継続すれば1~2週間で3~5キロの減量が期待できるとも言われています。

ポイント

「運動しているのに痩せない」という女性は、便秘症の可能性が高い。オリゴ糖を取り入れて改善しよう!

レシピ3選!オリゴ糖の取り入れ方

なんだかオリゴ糖が良いと知っても、何に使っていいのかわからないですよね。そこで、皆さんが実践しているおすすめのオリゴ糖の取り入れ方について、3つのレシピをご紹介します。

①貧血予防スムージー

出典:twitter.com

材料
ほうれん草2株
バナナ1本
リンゴ半分
オリゴ糖大さじ1
50cc
炭酸水150cc
作り方
①炭酸水以外をミキサーで混ぜる
②①を炭酸水で割る

スポンサーリンク

すべてミキサーに入れるだけの簡単スムージー。手軽に取れてさっぱり飲めます。これは貧血予防にも効果的です。

②腸内快調スムージー

出典:twitter.com

材料
冷凍バナナ1本
ヨーグルト100cc
オリゴ糖5g
レモン汁5g
3個
作り方
ミキサーに材料を全て入れ、滑らかになったら完成

またまたスムージー。腸に良いものばかり入っているので、腸内環境が整いますね。味も飲みやすく、材料も少なくて手間いらず。

③ヘルシープリン

出典:twitter.com

材料
絹ごし豆腐150g
ココア20g
オリゴ糖20g
作り方
①ボウルに豆腐を入れ、泡だて器で滑らかになるまで混ぜる
②ココア、オリゴ糖を入れ、更に混ぜる
③器に移し、冷蔵庫で1時間ほど冷やしたら完成

ダイエット中は我慢のプリンも、これなら罪悪感なく食べれます。たまにはスイーツも食べて、ストレス解消しましょう。

以上、3つレシピを紹介しました。やはりスムージーに入れて飲んでいる人が多いようです。一番気軽に取れますね。

他にも通常の砂糖を使用するところを、オリゴ糖に差し替えて使うだけで、毎日の生活にオリゴ糖を取り入れることができます。もちろん味は普通の砂糖と変わりありません。血糖値が上がりにくいので、お腹も空きにくくなりますよ。

オリゴ糖を取り入れる際の注意点

オリゴ糖は腸内環境を整える効果があると説明してきましたが、これは過剰に摂り過ぎるとお腹がゆるくなる場合があるので、注意が必要です。

出典:benpi-kaisyo.net

1日の摂取量は2~5g。ただし、オリゴ糖の種類や、体質、体調によってお腹がゆるくなってしまうこともあるので、調整しながら取り入れるのが良いでしょう。

また、カロリーは通常の砂糖が1gあたり3.8kcalなのに対し、オリゴ糖は1gあたり2kcalと、約半分です。

ポイント

オリゴ糖の1日の摂取量は、2〜5gが目安。しかし、種類や人によって異なるので、調整しながら取り入れていこう。

いかがでしたか?今回は、オリゴ糖を取り入れたダイエットの方法と効果についてお話を進めていきました。便秘気味の人は、オリゴ糖を効果的に取り入れ、体質改善をすることで、我慢するダイエットを卒業してみるのも良いかもしれませんね♪

【保存版】ダイエットする人が知っておくべき「痩せる知識・習慣」50選

全ダイエッターに捧げる渾身の記事!