Medium dabc01d438fa5546

10キロ痩せる方法・高校生版!1ヶ月で無理なく効果を出すやり方

高校生ともなれば、見た目を最も気にする時期。そんな中で10㎏痩せるダイエットといってもいろいろな方法がありすぎて、どうしていいかわからないのではないでしょうか?そんな高校生の為に10kg痩せるダイエット法についてご紹介していきます!

カテゴリー:短期集中ダイエット1か月ダイエット  作成者:権栄一  投稿日:2018/09/17

目次

高校生でもダイエットしたい!

F70c6f6625be719d

高校生は成長期でもあるため、どうしても体重が増えたり、見た目の変化が大きい時期です。
高校生のみなさんも周りから自分がどう見られているかとっても気になっていると思います。
友達からデブと思われていたら最悪だし、恋人を作るのも難しくなってしまいます…。

そこで今回は、高校生がダイエットに効果的な方法で、1ヶ月で10キロ痩せる方法をご紹介していきます!

高校生が1ヶ月で本当に10kg痩せるの?

9f9cb5c86630ac6a

今回のテーマにもある高校生が1ヶ月で10キロ痩せる事が、実際に可能か疑っている方も多いはずです。

ズバリ高校生が1ヶ月で10キロ痩せる事は可能です!

特に体脂肪率が高い方、つまり体における脂肪が多い方はより簡単に痩せる事ができます。
そのメカニズムについて少し解説していきます。

脂肪は1キロ消費するために7200カロリーが必要とされています。
単純計算で、10キロ痩せるためには72000カロリーを消費しなければいけないと言えるでしょう。
実際にこの数値を聞いてもイメージが湧きにくいかもしれませんので、これを30日計算にして1日2400カロリーとすると、大体1日に成人男性が摂取するカロリーと同じぐらいのカロリーと言えます。

94db6b88eff39d2a

そのため、30日間何も食べずに生活を送り続ければ、10キロ痩せる事ができると言えます。
しかし、こんな事をしてしまってはどうあがいても死んでしまうでしょう。

そこで重要なのが、食事制限とともに運動を行うこと。
こちらも単純計算ですが、1日の摂取カロリーを1200カロリーまで制限し、1200カロリー分運動すれば、1ヶ月で10kg痩せる事ができる計算になります。

このために必要なのは、脂肪を溜め込まな食事と脂肪を落とす食事、効果的に痩せる運動、確実に痩せるための具体的な計画が必要となってきます。

その方法を早く教えて!と思うでしょうが、ちょっと待って!まずは高校生が1ヶ月で10キロ痩せる上での注意点を先に説明するので目を通してくださいね。

高校生が10kg痩せる方法を実践する前に気をつける点

1ヶ月の期間限定

855d1938019cc289

まず1点目の注意点は、期間を1ヶ月限定とする事が重要です。

今回ご紹介するダイエット法は高校生にとっては体にも精神にも大きな負担をかける方法なので、長期的に行うのはおすすめしません。
また、気持ち良いくらいに体重が落ちていくのに味をしめて継続してしまうと、リバウンドを招く危険性があるため、期間限定にする事が必要不可欠です。

食事をしっかり摂る

今回ご紹介するダイエット方法は食事管理が極めて重要になってきます。
ただしこれはあくまで食事制限であって、早く結果を出したいからといって、高校生が絶食に近いダイエットをしてしまうと健康面などに弊害が表れ、逆効果になってしまいます。
食事制限と絶食は全く別である事を忘れないようにしましょう。

運動は必要不可欠

運動をすれば、筋肉量が増える事で、健康的な体づくりが可能になります。
また、食事制限のストレスも運動する事で発散する事ができるのです。
高校生なので健康的に痩せたいと考える方は、必ず運動を取り入れたダイエットを行うようにしましょう。

高校生が1ヶ月で10キロ痩せる計画を立てる!

807e34a48420a342

それでは実際に1ヶ月で10キロ痩せるための計画についてお話ししていきます。
1ヶ月と言えば、短いと思われる方もいるかもしれませんが、日数にすると約30日もあるため、案外短くない期間と言えます。

では実際に1日にどれぐらい落としていけばいいのかと言うと、1日500gを落としていけば、簡単に1ヶ月で10kg痩せる事ができると言えます。
このペースで行くと一週間では3、4キロ痩せる事ができる計算となります。
高校生のみなさんの中では、今の話を聞いて、そうであれば1ヶ月で12〜16キロ痩せれる計算にならないかと考える方もいらっしゃるでしょう。

実際にその通りなのですが、これは誤りではなくあくまで理想通りに体重が落ちた場合のケースで計算をしたものとなっていて、ダイエット中のリバウンドや多少の上下が予想されるため、このくらいの誤差を加味したものとなっています。
こういった気持ちの余裕を持って行う方が継続することもでき、モチベーションも維持しやすくなるため、高校生でも達成しやすくなるはずです。

高校生が1ヶ月で10kg痩せる方法:食事編

44fd5edc718951bc

では計画がしっかり定まったところで、実際に10キロ痩せるために必要な食事制限と運動についてお話ししていきます。
その中でもまずは食事制限についてご紹介していきます。
食事の内容はもちろんのこと、どう食べるべきかなどもお話ししていきます。
何度も言うようにダイエットにおいて食事は極めて重要なものなので、しっかりと理解するようにしましょう。

Dad7a7fbacf2b947

高校生の中でも激しい運動を行う部活に所属している方であれば、同じダイエットであっても比較的多くカロリーを摂取しても問題ありません。
それはその分だけエネルギーを部活で消費するからであり、また、エネルギー源を摂取しないと、部活でパフォーマンスが低下してしまったり、力が出なくなってしまうからです。しかし、運動系の部活に所属していないような高校生はそうはいきません。

  • バナナ入りヨーグルト:200キロカロリー
  • おにぎり2つと味噌汁:400キロカロリー
  • カフェラテ(無糖):120キロカロリー
  • 豆腐サラダ:200キロカロリー

上記は今回のダイエットを実際に高校生の中でも運動系の部活に所属しておらず、日常的に運動しない方が行った場合の1日の食事メニュー例となっています。
これだけ食べても1日分のカロリーにすると1000キロにも満たないものとなっています。しかし、これまでの生活から急にこの量に減らしてしまうと、少なすぎる、お腹が空くと驚く方も多いはずです。

Eac3d5b3966a6a00

これを見て自分には無理だ…と諦めるのは早いです。
食べ方を変えるだけで驚くほど少ない量であっても満足できるようになります。

まずは少しずつ食べること。
少しずつ食べると、食べる量を自然と減らすことができます。
また、栄養をしっかり吸収することができたり、腹持ちが良くなるので、一石二鳥です♪

量よりも質を重視する

7dbabb7e85fc213a

今回の高校生に向けたダイエット方法は体重に視点を置いたダイエット方法であるため、食べるものの質、つまりは重さにもこだわります。
そのため、カサが少なくかつエネルギーが多く含まれている食べ物を食べましょう。これにより、胃袋が小さくなっていくため、効果的に食事制限ができるのです。

朝食を遅めに食べる

次にご紹介する方法は朝食を遅めに食べることです。
ダイエットの基本は三食しっかりじゃないの?と思うかもしれませんが、無理に朝食を食べる必要はありません。
朝食を摂取しないと頭も体も働かないという場合は、10時ごろにお腹が空く頃を見計らって食べるようにしましょう。無理して3食摂取するよりは、必要な時に食べるようにするといいでしょう。

昼食を遅めに食べる

昼ごはんも遅めに食べるようにしましょう。
学校のスケジュールだと、午後の授業の休み時間中に食べればOKです。
この方法をおすすめする理由は、12時などに食べてしまうと夕方にお腹が空いてしまうからです。
この方法を実践することで、夕方になっても、空腹を気にしにくくなるのでぜひ試してみてください。

ノンカロリーのお茶を利用するのもおすすめ

329d90d592152e9e

それでも、成長期の皆さんはどうしてもお腹が空いてしまう時もあるでしょう。
そんな時はノンカロリーのお茶を飲めば太る心配もなく、お腹を満たす事ができます。
緑茶や烏龍茶でも十分に効果はありますが、編集部おすすめの青の花茶は着色料を使用していないのにも関わらず、青から紫に変わり、自然な甘みがある見た目も味も満足できるお茶です。
インスタ映えするので友達にも自慢でき、ダイエットのモチベーションアップにも繋がりそうですね!

高校生が1ヶ月で10kg痩せる方法:運動編

F6c618682f134401

さて上記では高校生が1ヶ月で10キロ痩せる方法の食事面でのアプローチについてご紹介してきました。
ここからは高校生が1ヶ月で10キロ痩せる方法の運動面でのアプローチについてお話ししていきます。
冒頭でお話ししたように、摂取カロリーを減らして、消費カロリーを増やすことがこの高校生ダイエットには重要となってきます。

運動をすることで、消費カロリーが増えるため痩せることに直結するだけではなく、筋肉量が上がり、基礎代謝が上がるため、痩せやすい体を作ることができます。
また、運動をすれば、血液の循環が良くなるので、デトックス効果も期待でき、食事のみのダイエットよりも大変健康的に良いダイエットが可能になります。

運動をするタイミング

まず運動をするタイミングは、朝がおすすめです。
その理由は、脂肪が燃焼されやすい時間帯とされているためであるということと、朝に運動を行うことで1日を通しての基礎代謝が上がるためであるということが挙げられます。また、高校生という状況であることから、朝であれば友達に誘われるといった誘惑が少なく、習慣化しやすいということが大きなメリットと言えます。

無酸素運動と有酸素運動を組み合わせる

また運動を行う場合は、無酸素運動と有酸素運動を組み合わせることが重要であり、よりこのダイエットには効果的な方法と言えます。
ただ組み合わせるのではなく、無酸素運動を終えた後に続けて有酸素運動を行うようにするのが大切です。

無酸素運動とは筋トレや100m走と言った瞬発的に行う運動をさしており、筋トレであれば、高校生であるため器具を使わず自重で行うような、腕立て、スクワット、腹筋などを行うのがいいとされています。有酸素運動に関しては、ジョギングやウォーキングといった持続的な運動のことを言い、これらは20分以上は必ず継続して行うようにしましょう。

上記でご説明した無酸素運動と有酸素運動は、無酸素運動を行った後に有酸素運動を行った方がより脂肪燃焼効果が期待できる方法とされており、筋肉に刺激を与えた後には脂肪が燃焼されやすくなっているという点から挙げられます。これらが一般的にこの高校生ダイエット方法において重要とされる運動面でのアプローチとなっています。

食事制限は体重の変化に合わせて行うべし

B0e1c9c825139939

冒頭でお話ししたように、今回のダイエットでは1日約500gずつ落とすことを目標としてあげ、計画を作成しました。
しかし、実際問題で1ヶ月の中には800gという日もあれば、300gしか減らなかったしか減らなかったという日もあるはずです。そこで多く減ったという日は多めに食事をとり、少し食べ過ぎたという日は次の日の食事制限を強めるといった調整が必要になってきます。

加速し続けても健康的にも悪影響が出てしまう事もあり、そうなってしまうといい結果は見込めませんし、逆に減速しているのに、何も策を講じなければ、1ヶ月で10キロ痩せることなど到底無理と言えるでしょう。一週間での目標数値が達成されていれば全く問題はないので、そこに照準を合わせる形で、無理せず体重の変化に柔軟に対応していくような柔軟性のあるダイエットを心がけましょう。

お腹が空いたらとにかくガムとコーヒー

6a6a0b81a1ed2420

噛むという行動は脳に食べているという錯覚を起こすものとなっています。
そのため、ガムを噛むと満腹中枢を刺激し、満腹感を感じることができます。
お腹が減ってしまった際にはひたすらガムを噛むようにしましょう。小顔効果も期待でき、各方面に効果的なやり方となっているため、ぜひ取り入れてみてください。

さらにガムともう一つのアイテムとしてコーヒーがおすすめです。
コーヒーは無糖を選ぶようにしましょう。ほとんどカロリーがないものとなっているため、カロリー摂取にはカウントすらしなくていいものであり、なおかつコーヒーに含まれるクロロゲン酸という栄養素には、ダイエット効果があるため、毎日1杯飲むといった習慣にすることが望ましいでしょう。

エステの体験コースを利用するのもおすすめ

芸能人やモデルの多くが利用するエステ。キレイになれる、ダイエットできるのはわかっていても、価格が高いイメージがあって利用するのを躊躇してしまう方も多いでしょう。ですがキレイサローネの全身コースなら、120分の8つの施術がなんと4ヶ月分無料で体験できます。

キレイサローネは医療関係者も効果があると認めたエステです。早く体重を落としたい!と思っている方は、エステの体験コースを利用するのもおすすめですよ。

まとめ:10kg痩せる方法の高校生版

B19ae9988dcdf081

今回は高校生が1ヶ月で10キロ痩せる方法についてお話ししてきました。
短期間でダイエットするには、食事制限と運動が不可欠です。ここでお話ししたことを実践することで、高校生の皆さん誰しもが望み通りの結果を得ることができるでしょう。

期間は1ヶ月で定め、食事はしっかりと食べながらダイエットをしましょう。成長期の高校生は絶食をしてはいけません。注意点を守り、モチベーションを高く保つ努力を日々行うことで、皆さんも理想の体を手に入れて、ぜひ高校生生活を今まで以上に有意義なものにしていきましょう。

人気記事