Medium 856eac416419c837

しらたきダイエットの効果について調査!正しいやり方や口コミまとめ

ダイエットの王道はカロリー制限です。カロリーを減らす程、ダイエットになると分かっていても、少ない食事では物足りないし、カロリーが低い食材は味気ない。それを解消するのが「しらたき」。今回は最強のダイエットフードを使った「しらたきダイエット」についてご紹介します。

カテゴリー:食べ物麺類  作成者:mikky.mikky  投稿日:2017/12/12

目次

しらたきダイエットに使う、しらたきとは?

「しらたき」とは、2~3mmの麺状のこんにゃくのことです。まだ固まっていないこんにゃくをところてんのように複数の穴から押し出して、流れ出たものをお湯で固めて作ります。その時の様子が名前の「しらたき」の由来になっています。非常に低カロリーなので最近はダイエットフードとして注目されています。

しらたきと糸こんにゃくとは何が違うの?

「したらき」も「糸こんにゃく」も江戸時代に誕生しました。当時「しらたき」は主に関東地方で作られ「糸こんにゃく」は関西地方でつくられていました。そもそも製法が異なっていて、「しらたき」は、まだ固まりきらないゼリー状のこんにゃくをところてんの様に押し出して、出てきたものをお湯で固めてつくります。その時の姿が白い滝の様にみえることから「しらたき」と呼ぶようになりました。

一方「糸こんにゃく」の方は、板状のこんにゃくを細く切ってつくったので「糸こんにゃく」と呼ばれるようになりました。このように製法に違いがあるので「糸こんにゃく」よりも「しらたき」の方が若干細めだったようです。現在では製法も同じになり、両者に違いはなくなってきたのですが、昔の名残りから、地域によって呼び方がちがう場合もあるようです。

しらたきダイエット・しらたきの栄養とカロリー

「しらたき」の原料はこんにゃく芋です。その95%以上は水分で、残りの5%は「グルコマンナン」とよばれる食物繊維でできています。したがって「しらたき」のカロリーは極めて低く、100gあたり9㎉です。「グルコマンナン」とはこんにゃくに含まれる水溶性食物繊維の一種で、水分を吸収しやすい性質から胃の中で膨らみ満腹感を与えてくれるので、ダイエットにぴったりの食材です。

しらたきの健康効果とダイエット効果

グルコマンナンの効果

「グルコマンナン」はこんにゃくにだけ含まれる水溶性食物繊維の一種。水分を吸収しやすい性質を持っていて、胃の中で膨らみ適度な満腹感を与えてくれます。また、食べた物を胃の中で包んで消化吸収を妨げる性質をもっているので、ダイエットだけでなく高コレステロールや糖尿病などの、生活習慣病の予防に効果があるといわれています。

セラミドの効果

「しらたき」の中には「セラミド」という栄養成分が含まれています。「セラミド」には皮膚の中の水分を保つ働きがあるので、お肌の保湿に一役買ってくれます。更に、アレルギー物質を防ぐ作用もあるので、肌の乾燥や小じわで悩んでいる方、敏感肌やアトピーの方の、不快な症状を和らげてくれる効果が期待できます。

カルシウムの効果

「しらたき」には「カルシウム」も含まれています。「しらたき」の製造過程で、凝固剤として使われているのが水酸化カルシウムです。そのため「しらたき」を食べることで、ダイエット中に不足しがちなミネラル分である「カルシウム」とることができるのです。ダイエットをしながら、ダイエットに不足しがちな栄養をとれるのは、とてもお得感があります。

栄養の吸収を抑制する効果

「しらたき」に含まれている、食物繊維の一種「グルコマンナン」には、栄養を包み込んで、体外に排泄させる作用があります。こんにゃくは昔から「砂おろし」」とも呼ばれていて、腸の中の大掃除をしてくれることが知られていました。「しらたき」を食べることで、腸の働きも活発になり、余分な栄養素を体外に排出してくれるのでダイエットにぴったりの食材です。

しらたきダイエット・しらたきの長所

値段が安い

「しらたき」の最も魅力的なところは、価格が安くて安定しているという点です。どのような優れたダイエットフードであったとしても、価格が高ければ長続きしません。どこのスーパーでも売られていて、手軽に安定的に手に入れられる「しらたき」はとても優れたダイエットフードといえるでしょう。

味にくせがない

こんにゃく特有の臭みは少しありますが、下処理をきちんとすれば気になりません。「しらたき」には基本、味がありません。逆に言えば、アレンジをしやすいということがメリットにもなります。形状も麺状なので、その形を生かして、そのまま麺類の代わりに使うという食べ方もできて、とても便利な食材です。

満腹感を得られる

「しらたき」には「グルコマンナン」という、こんにゃく特有の食物繊維が含まれています。「グルコマンナン」は、人が持つ消化酵素で消化することができません。加えて水を吸収しやすい特性をもっているので「しらたき」に含まれる「グルコマンナン」が胃の中で水を吸収して何倍にも膨らむことによって満腹感を感じさせます。ダイエット中に食べると、空腹を感じなくて済むのでおすすめです。

しらたきダイエット・しらたきの欠点

味がしみこみにくい

こんにゃく同様「しらたき」は本来は味が染み込みにくい食材です。そのままでは味がなかなか染み込まないのですが、少し手間をかけて下ごしらえをすれば、味が染み込むようにすることが可能です。家庭にある材料で手軽に味を染み込みやすくする方法をご紹介します。

「しらたき」に味をしみこませる方法

  • 塩を振り、よく揉みこみ水洗いしたあとでフライパンで乾煎りする。
  • 味付けした後、よく冷ます。
  • 一旦、冷凍したあと、解凍して使う。
  • 砂糖をふりかけ、よく揉む。

少し臭みがある

「しらたき」の独特なにおいの原因は、もともとこんにゃく芋に含まれている「トリメチルアミン」という成分と、こんにゃくを固めるために使用する「水酸化カルシウム」です。それらは、事前に簡単な下処理をすることでアクが抜け、食べやすくすることができます。

しらたきの下処理のやり方

  • よく水洗いをする。
  • 適量の塩を振り、よく揉みこむ。
  • 沸騰したお湯に「しらたき」を投入しよく茹でる。
  • 冷水でよく洗いしめる。

あまり栄養がない

先ほども述べたように「しらたき」には、ほとんどカロリーがありません。いくらダイエットにいいからといっても、そればかりを口にすると栄養失調になってしまいかねません。「しらたきダイエット」でカロリーを減らす分、ほかの食材で身体に必要な最低限の栄養素をとっていくように意識する必要があります。

おいしく栄養も欲しい場合は?

しらたきのデメリットは、「調理をする必要がある」「栄養がない」などです。ダイエットをしている人でも、栄養素がなければ胃腸の不調に繋がったり肌荒れになってしまうので、結局リバウンドの可能性があります。しらたき以外で栄養を摂りながらダイエットを行いたい人は、スムージー置き換えダイエットも有効ですよ。

口コミで人気・しらたきダイエットのやり方

「しらたきダイエット」の基本は、低カロリーの食材「しらたき」を利用して行う、カロリー制限主体のダイエットです。一番ポピュラーなのは、主食を「しらたき」に置き換える方法です。麺類やご飯の代わりに「しらたき」を食べる事によって、その分のカロリーの摂取量を減らしていきます。「しらたき」を食べ飽きないように、味や食感を工夫して変化させていくことが重要です。

スポンサーリンク

しらたきダイエット・しらたきを主食に置き換える 

肥満の一番の原因となるのは糖質で、それをひかえるだけでかなりのダイエット効果が期待できます。食生活の中で一番糖質を多く摂取するのがごはんやパン、麺類に代表される主食です。たんぱく質や脂質と比べても、消化が良く、効率よく吸収されてしまうのが主食です。その主食を、カロリーが限りなくゼロに近いしらたきに置き換えてみましょう。

もともと「しらたき」は淡白なので、細かく刻み米と一緒に炊き上げるだけで、簡単にごはんのカロリーを下げることができます。炊き込みごはんやパエリアなど、味付きのごはんにするとさらに食べやすくなります。そして「しらたき」を麺に置き換える方法も簡単でおすすめです。「しらたき」がすでに麺状なので、下処理をしてアクを抜けば、そのまま麺の代替品として食べることができます。

ラーメンのかわりにラーメンのスープで炊き上げたり、うどんのかわりにうどんすき鍋に入れたり、パスタの代わりにパスタソースであえたりすると、ダイエット中でも料理のレパートリーは無限に増えていきます。もともと麺類は、高カロリーで消化の良い小麦でできているので、それを「しらたき」におきかえるだけで、手軽にダイエットすることが出来るので、とても便利です。

しらたきダイエット・しらたきをかさ増しに使う

「しらたき」そのものがとても淡白な味なので、細かく切ってあらゆる料理に混ぜ込むことによって、カロリーを手軽に下げることが可能です。切った「しらたき」をごはんと一緒に炊き上げれば、主食のカロリーが減らせますし、細かく切った「しらたき」をハンバーグや餃子のタネと一緒に混ぜ込むことで高カロリー料理のカロリーが手軽に下げることができ、ダイエットになります。

あとは、ひじきの煮物や切り干し大根の煮物、麻婆豆腐のような味の濃い料理に入れても美味しくかさ増しになり、カロリーもカットできます。「しらたき」そのものに味がないので、それぞれの料理の味を損なうことなく美味しく食べることができ、楽にダイエットを続けることができます。

しらたきダイエット・しらたきのおかずを取り入れる

ダイエットに効果的な食材である「しらたき」を、日々の献立のおかずとして一品、意識的に取り入れましょう。「しらたき」には水分を含んで胃の中で膨らむ特性があるので、その分ほかの食事の量が減りカロリーを抑えることができます。そして腸の中でも糖質の吸収をおさえてくれるのでダイエットには一石二鳥です。

超簡単!しらたきダイエットレシピ

「しらたきダイエット」に役立ちそうな「しらたき」を使った、誰にでも簡単にできる簡単ダイエットレシピをご紹介します。

しらたきラーメン

しらたきラーメン 材料(1人分)
しらたき 200g
市販のラーメンスープの素 1人分
もやし 1/2袋
メンマ 適量
チャーシュー 2枚
ゆで卵 1/2個
海苔 1枚
ねぎ 適量
作り方
しらたきは、下処理をして食べやすい長さに切る
市販のラーメンスープの素を沸騰させ、下処理したしらたきを入れて煮る
どんぶりにスープごとしらたきを入れる
刻んだメンマ、軽く湯がいたもやし、チャーシュー、ゆで卵、海苔、ねぎをトッピングする

ポイント

小麦粉で作った麺をつかうところを、しらたきを代用することで、カロリーは500㎉→150㎉へ大幅ダウン。ラーメンの味はそのままに、美味しいダイエット料理に変身します。

しらたきのカルボナーラ

しらたきカルボナーラ 材料(1人分)
しらたき 200g
市販のカルボナーラソース 1人分
ベーコン 1~2枚
黒コショウ 適量
パルメザンチーズ 適量
ポーチドエッグ 1個
作り方
しらたきは、下処理をして食べやすい長さに切り、しっかりと水切りする
ベーコンを小さく刻み、フライパンでカリカリに焼く
お湯を沸かし、ポーチドエッグを作る
市販のカルボナーラソースを温め、しらたきとあえる
その上に、パルメザンチーズと黒コショウをふりかけ、ポーチドエッグをトッピングする

ポイント

普段は鬼の様に高カロリーで、ダイエット中にはとても手が出せないカルボナーラも、パスタをしらたき置き換えるだけで739㎉→453㎉へ、簡単に大幅カロリーダウン。ダイエット中も美味しいパスタが食べられます。

味があまりないので、工夫次第でアレンジは自由自在です。お気に入りのレシピを探したり、自分で作ってみたりして、「しらたきダイエット」を美味しく楽しみましょう!

しらたきダイエットの注意点

カロリーもほとんどなく、味も淡白で、安価で手に入りやすい、優れたダイエットフードの「しらたき」ですが「しらたきダイエット」をするには、いくつかの注意点があります。

便秘に注意

「しらたき」は食物繊維が豊富なので、便秘解消にとても効果的な食材なのですが、不溶性食物繊維が主なので、一度に量をたくさん食べすぎると、体の中の水分を吸収しすぎてかえって便秘になってしまう可能性があります。特にダイエット中は便秘になりやすいので食べ方には注意が必要です。

便秘になってしまうのを避けるために、ダイエットサプリや漢方を併用するのがおすすめです。便秘を解消しながら、脂肪を落としてくれる役割があります。ダイエットをすると誰もが悩んでしまう便秘ですが、体に負荷をかけずに自然に解消することが理想です。

栄養失調に注意

「しらたき」をはじめとするこんにゃく類に含まれているのはほとんどが水分で、身体を動かすエネルギーになる栄養も、身体をつくる材料にもなるような栄養もほとんど含まれていません。「しらたき」にはカロリーがほとんどないので、食べ続けると確かにダイエットにはなりますが「しらたき」だけしか食べないでいると栄養失調になるので、栄養を補うためにほかの食材を意識してとりましょう。

濃すぎる味付けに注意

「しらたき」は淡白で味の少ない食材なので、美味しく食べる為には濃い味をつけたくなってしまいます。濃い味をつけると、糖分や塩分のとりすぎにの原因になってしまうので、健康を害する可能性があります。ダイエットのためにも、できるだけ薄味にするようにしましょう。

しらたきダイエット・まとめ

「しらたき」は、カロリーがとても低く食物繊維を豊富に含むダイエットに嬉しい効果が期待できる食材です。非常に安価で、一年中いつでもどこでも安定的に手に入れることができるので、非常に優れたダイエットフードです。

その「しらたき」取り入れた「しらたきダイエット」とは、糖質を多く含む主食を「しらたき」に置き換えたり、日々の食事の中に意識して「しらたき」を取り入れることで、自然と食事のカロリーをカットしていく方法です。お金も手間もかからず健康的にダイエットする事が可能です。

注意点としては「しらたき」をとりすぎることで、便秘になってしまうこと、そして「しらたき」ばかりを食べることによって起こる栄養不良のリスクです。「しらたき」のカロリーが少ない分「しらたきダイエット」をするときは、不足しがちな栄養を意識してとる必要があります。

「しらたき」は非常に淡白な味なので、アレンジ次第でレパートリーは無限に広がります。ダイエットのためにも生活習慣病予防のためにも、いろいろなレシピを試しながら、「しらたき」を家庭の食生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか?

人気記事