Medium 125d2009a73e47dc

ごぼう茶にはむくみ解消の効果もある?ダイエットに嬉しい効能まとめ

人気の高いごぼう茶には、女性のむくみ解消やダイエットをサポートする嬉しい効果・効能があります。なぜごぼう茶がむくみ・ダイエットに効果的なのか、その理由を詳しくご紹介するとともに、ごぼう茶の飲み方、作り方や注意点についてもお伝えします。

カテゴリー:飲み物お茶  作成者:憂梨  投稿日:2017/12/09

目次

ごぼう茶とは?

ごぼう茶は、その名の通りごぼうから作られたお茶です。ごぼうは栄養価が高く、野菜の中でも極めて食物繊維を豊富に含んでいます。他にもカリウム、マグネシウムなどのミネラルも多く含んでいます。そんなごぼうから作られたごぼう茶は、便秘、むくみ解消や冷え性改善に役立ちます。

77ccb93c4f1d14ef

お料理として使うのに定番のごぼうですが、お茶として飲んでも効果は高く、サッと飲むだけなので手間もかかりません。脂肪やむくみが気になるけど、運動は面倒だし何か痩せるいい方法はないかな?とお考えのあなたにおすすめです。次の章ではごぼう茶がダイエットに効果的な理由を詳しくご紹介していきます。

むくみにも効く!ごぼう茶の効能・メリット

ごぼうは中国やヨーロッパでは「薬用」として使われています。日本では古来から食べ物として親しまれていますが、なんと食用に使うのは主に日本だけなんです。朝鮮半島の一部などでも食用として使われていますが、これも日本人が伝えたといわれています。

2a0f4d54e5910f73

さて、海外では薬用として使われるごぼうですが、一体どんな効能があるのか気になりませんか?ごぼう茶には様々な効能があり、むくみや冷え性、便秘などに効果があり、肌や血管をきれいに保ってくれる効果もあります。女性にとって嬉しい「ダイエット効果」や「美肌効果」がたくさんあるんです。それぞれに効く成分とあわせて、ダイエット効果を中心に詳しく見てみましょう。

ダイエット効果

便秘解消-食物繊維(イヌリン、リグニン)

ごぼう茶には食物繊維が豊富に含まれています。ごぼうに含まれる食物繊維には2種類のものがあり、水溶性(水に溶ける)/不溶性(水に溶けにくい)となっていてそれぞれ別のはたらきをします。ごぼう茶にはこの両方の食物繊維が含まれています。

まず、水溶性(水に溶ける)食物繊維の「イヌリン」という成分です。水溶性の食物繊維を含む野菜はそれほど多くなく、イヌリンは玉ねぎやニンニクなどの野菜にも含まれていますが、ごぼうには特に多く含まれています。イヌリンには腸内のビフィズス菌など乳酸菌のはたらきを整える作用があり、善玉菌を増やす手助けをすることで便秘解消に役立ちます。

次に、不溶性(水に溶けにくい)食物繊維の「リグニン」についてですが、リグニンは腸まで溶けずに届きます。腸内で水分を吸収して便を柔らかくしてくれる効果があり、こちらも便秘解消につながります。

冷え性解消-サポニン

女性の冷え性は、主に体内の血のめぐりの悪さから起こります。ごぼう茶にはこの冷え性を改善・解消する「サポニン」が含まれています。サポニンとは、ごぼうの皮に主に含まれる渋み成分のことです。

このサポニンという成分が血流の悪さを改善し、血液の流れをサラサラにしてくれます。またサポニンには、肥満防止の効果もありダイエットに役立ちます。この成分には脂肪を運び、洗い去ってくれる役割もあります。

むくみ解消―イヌリン、カリウムなどのミネラル

便秘解消に効果のあるイヌリンですが、むくみにも効果的です。便秘解消自体もむくみ改善に効果がありますが、イヌリンには体内の水分を一定に維持するはたらきがあり、腸から体内に余計な水分が取り込まれるのを防ぐことができます。女性のむくみの原因は水分の体内への停留だといわれています。イヌリンの効果によって、余分な水分を体内に溜めこまずにむくみを解消することができます。

また、ごぼう本来の栄養素には、カリウム、マグネシウムなどミネラルが豊富に含まれていて、特にカリウムには体内の代謝を上げる効果があり、むくみの解消に役立ちます。ごぼう茶で冷え性が解消され血流が良くなると、代謝が上がり、むくみの解消にもつながります。これでダイエット効果も期待できます。

美肌効果、若返り効果もアリ!

老化には肌や血管などの「酸化」が原因となることが知られています。ごぼう茶には抗酸化作用が高いポリフェノールが豊富に含まれています。先ほど紹介した「サポニン」に加えて、「タンニン」、「クロロゲン酸」などはポリフェノールの一種です。これらの抗酸化作用が、肌や血管の老化を防いでくれ、健康と美肌を促進してくれるというわけです。

スポンサーリンク

ごぼう茶の飲み方・作り方

ごぼう茶の飲み方、味は?

ごぼう茶は日本茶などと同じように、急須に茶葉とお湯を入れてホットで飲むのが一番スタンダードな飲み方です。ごぼう茶本来の味や風味を楽しめます。煮出しして飲んでもOKです。もちろん冷やして飲むこともできますが、ダイエットにはアイスよりホットのごぼう茶のほうが効果的です。

冷たい飲み物は身体を冷やしてしまい、冷え性やむくみ、便秘の原因にもなります。温かい状態で飲むことが、血流の悪さやむくみ、便秘などの解消にも役立ちます。

026b864d7a543dbc

そして、ダイエットは「継続」をすることが大事です。急須で飲んだり煮出しして味の変化が楽しめるごぼう茶ですが、そもそもごぼう茶ってどんな味なんでしょうか。ごぼう茶が飲み続けることもできないような味だったら、困ってしまいますよね。

気になるごぼう茶の味は、市販されているものでも「ごぼうの煮汁を薄くしたような味」といった感想であり、ごぼうが嫌い、苦手といった人でなければ美味しく飲めるようです。それに、自分で作ってみるのもいいかもしれません。

ごぼう茶は自宅で作れる?

人気のごぼう茶は、いろんな種類のものが市販されているので、買ってみるのもいいかもしれませんが、もちろんごぼうから自分で作ることも可能です。自宅で簡単に作れるので基本の作り方をご紹介します。

材料:ごぼう(適量)

  1. ごぼうを土がとれるまで洗う
  2. 皮をむかずにささがきにする
  3. 天日干し(夏場1~2日/冬場3~7日)する
  4. フライパンで5~10分程度弱火でじっくりと煎る
  5. 煎ったごぼうを広げ、粗熱をとる
  6. 冷えたら容器に入れて密閉する

いかがでしょうか、これでごぼう茶が作れます。飲むときは、茶葉を1つまみ急須にいれ、お湯を注ぎ3~5分待って注ぐだけです。とっても簡単で経済的です。自分好みにアレンジしてもいいでしょう。

効果が高まる飲み方と注意点

飲むタイミングはいつがベスト?

ダイエットや美肌に関するたくさんの嬉しい効果・効能が凝縮されているごぼう茶ですが、飲むタイミングは決まっているのでしょうか?同じ量を飲むのなら、ダイエットに効果的なタイミングがいいですよね。とはいえ、ごぼう茶は特に飲んではダメという時間帯はありません。カフェインが含まれていないので、就寝前などいつでも好きな時間に飲んで大丈夫です。

たとえば起床時に飲むと身体が温まり元気に1日を過ごせ、就寝前にホットで飲むとポカポカした状態で寝つきが良くなります。脚などのむくみが気になるときに飲んでもいいでしょう。ごぼう茶自体のカロリーも限りなくゼロに近いので、砂糖やハチミツなどを入れずに飲むことがダイエットには適しています。

830298213f50ea3d

飲みすぎには注意!

ただし、ノンカフェイン・低カロリーだからといって飲みすぎには注意が必要です。1日何リットルも飲むなど、サポニンやイヌリンの取り過ぎによって、下痢などの症状が出ることもあるので気を付けるようにしましょう。また、ごぼうはキク科の植物でアクが強いため、菊アレルギーを引き起こす可能性があります。アレルギー体質の人は注意が必要です。

ごぼう茶「だけ」を飲んで痩せるというダイエットは危険です。3食バランスの取れた食事をとり、様々な栄養素を身体に取り入れることが大切です。規則正しい食事があってこそ、身体は正常なはたらきをし、そのサポートをするのがごぼう茶なのです。

ごぼう茶でキレイを目指そう!

D5568b3c29ba5179

人気のごぼう茶には冷え性や便秘、むくみを解消するダイエット効果や、肌や血管を美しく、若々しく保つアンチエイジングの効果がありました。その秘密は、日本古来から愛される食物「ごぼう」の栄養価の高さです。

ごぼうには水溶性食物繊維「イヌリン」や不溶性食物繊維「リグニン」、渋み成分「サポニン」、ミネラル、ポリフェノールなどといった沢山の栄養素が含まれています。手軽に飲めて、作り方も簡単なごぼう茶でダイエットと美肌を目指しましょう。

人気記事