Medium 81a57ebfc6215450

白湯は便秘解消に効果的?おすすめの飲み方・タイミングについて調査

白湯ダイエットは今では広く知られるダイエット方の一つです。最近ではダイエットだけでなく便秘解消などの様々な効果があることが解ってきています。この記事では白湯が持つ便秘解消効果とその飲み方、より効果的なタイミングをご紹介します。

カテゴリー:飲み物白湯  作成者:たかなしちづる  投稿日:2017/12/09

目次

何故今白湯が推奨されているか

白湯の歴史

086c6e63dbf2241a

白湯(さゆ)はその名の通り水を熱し沸騰させ温かくした状態のものを指します。今ではガスコンロから電気ケトルまでお湯を沸かす手段が非常に豊富なため、だれでも気軽に作ることができます。ダイエットとして人気な理由の一つはこのように始めるのに手間がかからないことでしょう。

さて、そもそも「白湯を飲むと体に良い」という認識は何に基づいているかご存知でしょうか?中には「水を沸かしただけなのに」と思われる方も多いでしょう。ここで簡単に白湯が健康法の一つとなるまでの歴史をご説明します。

白湯を飲むことを推奨し始めたのは「アーユルヴェーダ」というインド・スリランカで生まれた医学の一つです。世界三大医学に分類されており5000年以上の非常に伝統的な歴史を持つ医学と言われています。病気の症状を取り除く対症療法ではなく、あらかじめ予防することに重点を置いた治療を得意としています。

中でも注目していただきたいのは、中国などで知られる漢方と同様に世界保健機構(WHO)により公式に承認されているという点です。これによりアーユルヴェーダ発祥の健康法は世界中から注目されるようになりました。

これは、白湯ダイエットがきちんと伝統的な医学に基づいて推奨されているという意味です。「簡単だけど効果があるか不安」という方もこれを始めるきっかけにしていただければと思います。ではここからは白湯が持つデトックス効果や便秘解消法についてご紹介しましょう。

ダイエットの邪魔をする便秘

0feeb7b629d959d5

ダイエットをするにあたって真っ先に改善すべきものの一つとして便秘が挙げられます。便秘によってお通じの出が悪いとお腹の形をスリムにすることが難しくなり、ダイエット効果を実感しにくくなるでしょう。さらに便秘でお腹の中にある便の分だけ体重が増えるため(体の脂肪などが減っていたとしても)体重計に乗る度にやる気を削られてしまうかもしれません。

便秘の定義

実は便秘の定義は学会などによって異なり明確に定められているわけではありません。機関や人により「三日以上便が出ない状態」であったり「排便が週に2~3回程度」など様々です。多くの場合総括して「便の回数が少なく排便時に痛みを伴う状態の事」を便秘とみなすようです。

便秘がもたらす害

便秘とは腸内に便が長期間溜まった状態の事を言います。一般的な成人で健康な人であれば排便は一日一回が目安とされています。これは食べた物が消化吸収され排泄されるまでのサイクルが基本的に24時間とされているためです。では便秘によって腸内に便が留まり続けるとどのような害があるのでしょうか。

便秘は腸内環境を犯す

まず、腸内の悪玉菌が増殖します。悪玉菌はアンモニアや硫化水素などの有害物質を発生させる原因です。便秘の際、これら有害物質は腸壁から吸収されてしまうため、血液やリンパを通して体中を巡っていくことになります。

結果として「体臭の悪化」「肌荒れ」「免疫力の低下」「傷の回復が遅くなる」など、体のあちこちに支障をきたします。思わぬ体調不良の原因は便秘の可能性があるのです。さらに、悪玉菌は発ガン性物質や発ガン促進物質などを発生させることも確認されています。こうしたリスクを避けるためにも便秘はできるだけ早く改善すべき症状と言えるでしょう。

白湯で便秘改善

便秘の人は内臓が冷えている

7b998e5aaa8de4d4

便秘を引き起こす原因の一つに「内臓が冷えて活動が鈍くなっている」というものがあります。よく「お腹を冷やして調子が悪い」などと言いますが、胃や腸は適温以下になると極端に消化吸収の機能を低下させてしまいます。

便秘解消でよく水分を多くとることが推奨されていますが、これを冷たい水で行おうとすると余計に内臓を冷やし、便秘の悪化につながりかねません。そこで「水を温めて白湯にする」という方法がおすすめです。

水と異なり温度がある白湯は、胃や腸を直接温め動きを活発にさせてくれます。腸でおこる蠕動(ぜんどう)運動は食べた物や老廃物を奥へ奥へと運んでくれるのでお通じが良くなり、便秘の解消につながっていくのです。

ストレスも便秘の原因

便秘のもう一つの原因はストレスが関係していると考えられます。実は便秘がおこる場所である腸は「第二の脳」と呼ばれるほど感情やストレスに左右されやすい臓器です。仕事や対人関係でストレスを感じる生活が続くとだんだんと内臓に負担がかかり、便秘を引き起こすことがあるのです。

そこで白湯を飲むことで気持ちを落ち着かせることができます。温かい飲み物は体と心をリラックスさせる効果があり、結果として内臓も落ち着きを取り戻すことができます。常に緊張している状態から安定させる効果があるのです。内蔵が安定すると働きが正常化され便秘改善にも繋がります。

さらに、対ストレスに運動を加えることで効果をUPさせることができます。運動し汗をかく事は体の新陳代謝を上昇させます。これは体の外に老廃物を出そうとする働きが強まっていることを指します。その状態で白湯を飲むことによりさらに内蔵の動きを活発にし、便秘を改善に導くことができるのです。

さらに白湯がもたらす便秘解消効果

便秘の方に共通している症状に「便が固い」というものが挙げられます。これは前述の通り腸の動きが鈍くなり、長時間お腹の中に便がとどまることで水分が過度に吸収されることにより起こる現象です。この状態が続くと固い便がお腹の栓をしていることになり、「あとから来た食べ物が詰まる」→「長時間お腹の中にとどまるので固くなる」→「さらに便秘になる」と便秘の深刻化を引き起こします。

便秘の時に水分をとることが推奨されているのはこの状態から脱するためです。白湯は腸を冷やすことなく水分を摂取することができるため便秘解消の手段として最適と言えるでしょう。水分を吸収した便はその分やわらかくなり、お通じがよくなります。

スポンサーリンク

さらに水分を吸収した分だけ便が膨張するため、お腹の中で大きくなり便意を促進してくれます。このように、白湯がもたらす便秘解消効果は簡単ながら非常に効果的でかつ実践的と言えるでしょう。「ただの温めた水と侮るなかれ」、というわけですね。

白湯を飲むタイミングとその効果のほどは?

486061d468dd85df

白湯ダイエットは、基本的には体(主に内臓)を温め、新陳代謝を向上させることにより脂肪燃焼などの効果が期待されているダイエット方です。白湯は飲む時間帯によって効果が変わると言われています。自分が求めている効果を最大限に引き出すために白湯を飲むタイミングを見極めるのが重要です。

朝 起き抜けの一杯

人の体は季節を問わず寝汗をかきます。これは寝ている際に体の温度を一定に保とうとする自動的に行ってしまう代謝なため自分でコントロールすることはできません。そのため多くの人は朝起きた時に体の水分が不足した状態になっています。そこで朝の水分補給に白湯をお勧めします。

朝の最初の水分補給に白湯を飲むことで優しくじっくりと覚醒させることができます。冷たい水は急激な覚醒効果がありますが起きたばかりの胃や腸には負担が大きく腹痛などを引き起こすことがあるので注意しましょう。

白湯は人の体温に近いため刺激を与えることなくゆっくり内蔵の活動を促していきます。正常な状態で起きた胃や腸は食欲を促進し、一日をすっきりスタートさせることができるでしょう。また、温められた臓器は蠕動運動が活発なためスムーズな排便が促され便秘改善にも繋がります。

食事中の一杯

食事の際に一緒に白湯を飲むのも効果的です。白湯を飲むことで内蔵が温められ、消化吸収の効率が上がります。よく消化吸収されることの利点の一つとしてより多くの栄養が体内に取り込まれ、その分残渣(便の元となる残りかす)が少なくなります。結果として便の総量が減り便秘を引き起こしにくくなることが期待できるのです。

注意点として食事と一緒に白湯を飲む際にあまり過度な量を飲まないようにしましょう。スープやみそ汁など食事そのものに水分がある場合逆に内臓に負担になり消化不良や下痢になってしまうことがあります。一回の食事につき200mlほどを目安にしておくのが大切です。

夜 寝る前の一杯

寝る前の白湯はダイエットにとても効果的です。寝る前の数時間は内臓に負担がかかるため食べ物や飲み物の接種はあまり推奨されていません。ダイエット中の場合は特にそうでしょう。ですが白湯の場合、添加物や刺激物が一切含まれていないため、寝る直前に飲んでも特に問題はありません。それどころか寝る前の白湯にはメリットがたくさんあることが分かってきました。

まずじっくりとからだを温めるため体をリラックスさせる副交感神経を刺激します。これにより眠るまでの導入がスムーズになり質の良い睡眠をとることができるのです。またこの副交感神経が働くことにより消化機能が高まるため、便通が良くなり翌朝の便秘改善が期待できます。

先ほど述べた通り人の体は寝ている間も代謝をし水分を消費しています。寝る前に白湯を飲むことで、水分不足を防ぐことができ、朝スッキリと目覚めることができるのです。水分不足は便秘の原因にもなりますので寝る前に白湯を飲むことは体全体の健康を維持することにつながるでしょう。

より効果のある白湯の飲み方

B67476c895d22746

ここからは白湯の効果的な飲み方と、その方法がダイエットの天敵である便秘にどのように作用するのかについてご紹介します。どんなダイエットでもやり方が間違っているとなかなか効果が表れません。白湯を飲むにあたって注意すべき点をきちんと理解することが重要です。

白湯の最適な温度

白湯が健康に良いと勧められている理由は、「体温に近く体に取り込まれる際に刺激が少ない」という点です。つまりこれは冷たすぎても熱すぎても体に刺激になるようでは効果が薄いという意味でもあります。白湯の最適な温度は50~60℃とされています。体感では「少しぬるいかな?」くらいが体にとって一番優しいということですね。

白湯なのだから熱ければいいというものではなく、白湯を飲むことによって得られる効果に注目しましょう。白湯に期待されているのは「できるだけ優しく内蔵の動きを活発にし、便通などのデトックス効果をもたらす」ことです。内蔵をいたわるのが目的ですので体温とかけ離れたものは避ける方が無難です。

冷え性の改善

内蔵を温めることにより副交感神経が刺激されることは既にご説明しましたが、これによりもたらされる効果の一つが冷え性の改善です。冷え性の方は手足の先などを気にされる方が多いですが、基本的に「基礎体温が低い」のが特徴として挙げられます。これは内蔵などの動きも鈍くなっている状態です。結果として便秘を引き起こす要因となり得ます。

白湯は体を内側から温めてくれるため、基礎体温が上昇します。これによって内蔵の動きも活発になり便秘解消に繋がります。季節的なものだけでなくエアコンなど、体を冷やす原因に囲まれて生活している現代では白湯を飲むことでいつでもその効果を期待できるでしょう。

白湯を推奨した医学アーユルヴェーダの基本コンセプトは「予防」です。白湯を飲む習慣によってダイエット効果だけでなく冷え性や便秘をあらかじめ予防することができるのはとてもうれしいことですね。

デトックス効果

デトックス効果とは体の中の有害な物質を外に出そうとする働きの事です。これは体が自然と行っていることですが白湯はその効果を高める力があります。白湯はコーヒーやお茶と異なり、何の成分も混じっていないため腎臓などでろ過する手間が少なく済みます。デトックス効果を期待するには最適な飲み物と言えるでしょう。

白湯が持つ便秘解消効果まとめ

8429e02759b8d320

ここまで白湯が持つ効能と便秘解消効果についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。お水を温めるだけで簡単に始められるので誰でも今すぐ取り組めます。以下要点をまとめましたので今夜からでも初めてみることをお勧めします。

  • 白湯が推奨されているのには医学的根拠がある
  • 便秘はいろいろな病気の原因となりうる
  • 白湯で内蔵を温めることにより便秘が改善される
  • ストレスによる便秘にも白湯は有効
  • 便を柔らかくし便秘を解消する
  • 白湯を飲むタイミングによって効果が変わる
  • 最適な温度は50~60℃
  • 冷え性の改善やデトックス効果がある

この中でも便秘に対する効果は特筆すべきものがあります。便秘は既に述べた通りダイエットの妨げになるだけでなくその他の様々な体調不良、病気の原因となりうる症状です。日常的におこりうるものではあるもののできる限り早めに改善したい便秘。市販のお薬に頼ることもできますが、まずは白湯を飲んで便秘解消に取り組んでみてはいかがでしょうか。

人気記事