Medium b66f1f0934dc0175

白湯で痩せる理由についてまとめ!ダイエットのやり方と飲み方を紹介

噂だけではありませんでした。白湯で痩せるのは理由があったのです。白湯で痩せるためのやり方と飲み方を紹介します。これであなたも白湯パワーで健康とスリムな身体を手に入れることができます。善は急げで早速今日からダイエットを始めましょう!

カテゴリー:飲み物白湯  作成者:SN-WORK  投稿日:2017/12/14

目次

白湯ってなにか知ってますか?

23dc01d5c464ce70

白湯は身体にとって健康的な飲み物として、また痩せる効果があるということで様々なメディアで取りざたされていることをご存知でしょうか。実は昔から白湯の効能については知られており、生活の中で白湯を取り入れているのです。

白湯には効果があるの?

B718250aa3168ad1

「白湯は知ってて分かるけど、それが何?」といったような、いまひとつ「白湯(さゆ)」についてよく知らない人、まだまだ白湯情報が不足している人のために「白湯」に秘められた効能に(特に白湯は痩せるというとても関心度の高い部分に)フォーカスしてみました。また、白湯のつくり方・飲み方などや白湯ダイエットのやり方など、知られざる白湯パワーをご紹介します。

まずは「白湯」とはなにか?白湯とは、お湯のことです。水を沸騰させた状態で通常はコーヒーや紅茶・お茶などが含まれていない、まったく味気の無いものとなります。

白湯と水道水はどのように違いがあるのでしょう

8d86f3c88aa6e987

わざわざ沸騰をさせて白湯をつくる必要も無く、水道水でいいのではと思いますが、そこが大きな間違いです。では白湯と水道水では、いったい何がどのように違うのでしょうか。

白湯は一度沸騰させた液体です。ざっくり言えばこの沸騰させていることがそもそも大きな意味を持ちます。具体的にいえば沸騰させることで、身体に何かしら影響のある物質を取り除くことができます。いわゆる不純物を取り除くということです。

水道水に含まれているその物質とは

まず、水道水には殺菌・消毒のためのカルキ(塩素)やトリハロメタンなどの成分が含まれてることはご存知のことと思います。カルキは水質管理上必要なもので雑菌が繁殖しないような役割がありとても大切なものです。しかし敏感な人にとってはカルキの臭みが気になることも多いのです。

そこで加熱して沸騰させることでカルキやその他の成分が取り除かれて臭みがぬけて、とても飲みやすくなります。また身体にやさしい飲み物にもなるのです。

白湯は身体にやさしい

3e8c53a26a1d471c

身体にやさしい飲み物というのは、身体にとっては水分を摂ることは必要不可欠ですが、水道水の温度は冷えた状態ですから内臓は温まることができません。内臓は冷やすことより温めることのほうが大切なのです。

白湯で代謝を促進

そこで沸騰させて白湯にすることで温かい飲み物として飲むことができ、内臓をあたためて代謝を促進させる効果が望めるというわけです。ですので身体にもやさしい飲み物になるということです。臭みのあるカルキを取り除かれているだけではなく、その温度にも身体の改善につながる秘密の効果があったというわけです。

温かいお茶はいかがですか?

ダイエット中の方にとって「冷え」はリンパの流れを悪くし、老廃物が滞り、結果的にむくみや脂肪となってしまうのです。温かいダイエットプーアール茶で体を芯から温めましょう。

白湯はふつうのお湯ではなかった

07a9a7a8c6bb72ec

ふつうのお湯を飲むことがなぜ「効果」があるのだろうか。実は白湯は普通のお湯ではないのです。白湯による健康法について書かれた書籍があり、その書籍では次のような解説がされています。アーユルヴェーダ(インド大陸の伝統的医学)では人間の身体も、自然界も、「ヴァータ(風)・ピッタ(火)・カパ(水)」の3つのエネルギー(要素)で成り立つとのことです

白湯は3つのエネルギー(要素)を満たしたもの

水を火にかけることで火の性質が加わり、沸騰することにより気泡が出てさらに風の性質が加わるということなのです。つまり白湯は火の性質と風の性質が加わり「水」「火」「風」の3つのエネルギー(要素)を満たすものになります。その3つのエネルギー(要素)を満たした白湯を飲むことにより身体のエネルギー(3要素)もバランスを取り戻すというわでです。

知られざる白湯パワーで痩せることができる? その方法とは

Aa3b9169e057a377

白湯の効果は、これまでの章でお伝えしましたが内臓を温めることで体温を上げて、代謝を活発化させます。そしてそれだけではなく、利尿作用を高めて、老廃物排出を促進するデトックス効果もあるのです。

デトックスとはなに

デトックス(detox)とは、体内に溜まった毒物(毒素や老廃物)を排出させることです。現在の暮らしでは、どうしても生活する上で体内に身体に悪影響を及ぼす化学物質(主に重金属や合成化合物、薬物のうち、特に有害なもの)が蓄積されやすいのです。

また自身の体内からも活性酸素などが生成され蓄積されています。これら有害な物質の多くが脂肪に蓄積されることから、こういった体内の有毒な物質を排出することが、大変重要になってきます。

デトックスは美肌にも効果がある

5ff86fbf9f7c07b3

そして老廃物を排出するデトックスには、体内で栄養を運びやすくし、肌に悪影響のある毒素などからのリスクを減らす効果もあります。つまり肌への悪い影響のあるものを防御することで、美肌効果も期待できるということなのです。

また、デトックスをすることで、身体機能の向上にも役立つと言われています。人間の身体は成人で約37兆個からの細胞でつくられており、この37兆個の細胞は日々生まれ変わっています。

活性酸素は美の敵

身体の部位によって細胞の再生サイクルは違いますが、20歳成人の肌では約28日サイクルで再生されています。しかし、年を取るにつれ再生サイクルは遅くなります。これがいわゆる老化現象です。肌細胞の生まれ変わりが遅くなれば、シワやシミが回復せず残ってしまうのです。これは先にも述べた活性酸素が影響しています。

細胞内に活性酸素が邪魔をして細胞分裂に影響を与えており、それが原因で古い細胞がいつまでも残り、シワやシミをつくり出してしまうわけです。

白湯は若々しい肌をつくる

3237a6fd8d0c7a95

しかし、デトックスによりこの活性酸素を排出することで細胞の活性化につながり、肌細胞の再生サイクルは正常に戻ってきます。身体から有害なものを排出することで、細胞の活性化を保ちいつまでも若々しい肌でいられるということなのです。

むくみも改善

これは肌だけではありません。白湯にデトックス効果があると言われているのは、その温かさによって血液やリンパの流れなどが改善されるためです。血液やリンパが流れやすくなると、余分な水分が体の中に溜まっていた場合にも排出しやすくなります。

水分量がアップして、女性に多いむくみも改善されるというわけです。身体の中から老廃物などの余分なものを取り除くことで、身体全体の機能を回復させて正常に戻すことができます。

白湯は冷え性や夏の冷えに効果的

85864aae4a951a8c

白湯を飲むことで胃や腸が温まりますので、新陳代謝が活発になり、血行がよくなることで体温が上がります。冷え症に困っている方の体質改善につながりますし、夏場に冷たいものを摂取したりクーラーの冷えすぎた部屋に長時間いることで体が冷えてしまっている人の冷え改善にも効果があります。

また、身体全体の機能を回復させて正常に戻ることができるということは、内臓の機能が回復し、消化器系の働きが活発化され消化機能も良くなり、老廃物の排出を助けることができます。白湯を飲むことを続けることで、衰えた身体は徐々に回復し正常な身体へと導いてくれるのです。

水分補給には白湯

Ac9e1a99273dcfd5

ここで、根本的な話になりますが、人間は健康のためには水分補給は大切です。熱中症や中高年に多い脳梗塞・心筋梗塞などは、水分の摂取量が不足していることが大きなリスク要因となります。

これら脱水により健康障害を起こしたり、重大な事故などを招く前の予防として、寝る前、起床時、運動時やその前後、入浴の前後、のどが渇いたときなどの様々な機会でこまめな水分補給が大切となります。一日中屋内にいても熱中症になる可能性があるので要注意です。

水より白湯で身体を活性化

そこで水ではなく白湯を飲むことで水分補給の効果が高まるというわけです。温かい白湯を飲むことで内臓など身体を温めることで、胃腸が活性化されますし血行も良くなります。身体の暖機運転ができることで、目覚めを促し気分転換にもなります。

また身体を温めると、先ほどでもお伝えしましたが代謝機能を高めることや細胞の活性化により免疫力を高める効果もあるとされますから、万病に効くということになります。

白湯で痩せる!

2a78f8fca95cb91f

この記事の本題である「痩せる」についてまとめてみたいと思います。これまで白湯についてよく理解できていなかった人は、白湯で痩せることができるのか?ただのお湯である白湯で本当に?誰もが最初は疑問に思っていたことでしょう。

白湯は基礎代謝を上げて痩せることができる

ですが、白湯についてここまで紹介した内容でいえば、デトックス効果による体内に溜まった毒素や老廃物の排出や、胃や腸などの内臓を温めることで血行を促し基礎代謝は活発になります。それにより基礎体温が上がりカロリー消費量が増えることになります。

9ddc46c93f850844

ということは、基礎体温が低いときと違って寝ているときもカロリーの消費量は増えます。白湯によって基礎代謝を活発にさせ体温を上げることができます。すなわち白湯を飲むことで痩せるダイエットに結びつくことになるわけです。

白湯で痩せる身体に改善する方法

この仕組みが身体の中でできあがれば痩せる体質となり、特に痩せる努力をしなくてもカロリー消費をしてくれる身体になります。要するに基礎代謝を活発にさせることでダイエット効果を引き出して痩せやすい身体をつくることができるというわけです。ダイエットのやり方にもいろいろとありますが、白湯でダイエットできる方法があるなんて、おそるべし白湯パワーです。

スポンサーリンク

正しい白湯のつくり方

9d0bfaaa6e8ed955

つぎに、ダイエット効果にも期待が持てる痩せる飲み物「白湯」のつくり方の紹介です。白湯ダイエットはこれから紹介する白湯のつくり方をマスターする必要があります。これをマスターすることで、白湯ダイエットの一歩が始まるのです。

そもそも白湯は、水を沸騰させたお湯のことで、白湯を冷やしたものを湯冷ましといいます。ここでは身体を温める効果を期待するので冷やしたものより温かい白湯を飲むことが大切となります。ですので基本的には温かい白湯のつくり方となります。

白湯は水道水で問題なし?

お茶などを浸出していないので、白湯は水そのものの味が直接味覚に感じます。白湯は使用する水の水質がよくなければならず、とくに水道水では塩素を含むため、充分に沸騰させることが口当たりのよい白湯をつくる条件になります。なので、水道水よりはミネラルウォーターの方が白湯をつくるには適しているのかもしれません。

しかし、ミネラルウォーターは水道水に比べ金銭的にも負担がかかります。水道水を充分に沸騰させて白湯をつくる方が経済的かもしれません。水道水で沸騰させる場合は、下記の手順で完璧な白湯が出来上がります。

やかんで沸騰させる理由とは

607bfa9bdd49fa0b

アーユルヴェーダでは3つのエネルギー(要素)の中の「火」のエネルギーは、人間が生きていくうえで欠かせないものの一つと考えられています。火を使わない電子レンジや電気ポットなどではなく、ガスの火を使うのが理想的です。やかんに水を入れて火にかけて沸かすようにします。

  • 白湯は、南部鉄などの鉄分の溶けにくい茶釜(ちゃがま)、鉄瓶(てつびん)などで沸かしたものが味がよいといされます。
  • 白湯は薬の服用などに用いられるたりします。(薬の成分によっては、お茶で飲むとタンニンなどと反応し、無効力となるおそれがあるからです)

赤子泣いても蓋とるな

「赤子泣いても蓋とるな」とは、釜などでご飯を炊くときには、赤ちゃんがお腹をすかせて泣いても蓋をとるのはまだ早いっていう歌の一部です。フタを取らずに充分に蒸らすことが大事ということです。

これと同じように、やかんで水を沸かした場合にも、沸騰したからすぐに火を止めるのではなく、しばらく沸騰を続けることで「風」のエネルギーを取り込むという意味があります。そうすることで、お湯が胃や腸の汚れをキレイに押し流してくれると考えられています。

3175a3caa20832df

10分間沸騰を続ける

沸騰しはじめたら吹きこぼれないように、やかんの蓋をずらすか開けた状態にして火を止めずに10分待ちます。事前に、ふきこぼれない程度に水を入れておくことも大事です。それと蒸発により水の量が多少減ることも考えておくとよいでしょう。

カップに白湯を注ぐ

10分間の沸騰が終わったら火を止め、マグカップにお湯を注ぎます。マグカップにお湯が入ったら、人肌よりも少し高い40℃から50℃程度に下がるまで待ちます。ここで注意しないといけないのは水で薄めるのはタブーです。不純物が入っている水道水を混ぜてしまうと、ここまでの準備が意味をなくしてしまいますので気をつけましょう。

正しい白湯の飲み方

506a3f8725628df5

正しい飲み方といっても茶道のような礼儀を重んじる作法のことではありません。白湯の効果をさらに引き出すための飲み方のことです。白湯でダイエットや、健康を促進させるためには飲むタイミングも重要なポイントとなります。ですので、白湯の効果を最大限に引き出せる方法として、飲むタイミングや飲む量などを分かりやすく紹介します。

白湯を効果的に飲む量とは

1日の白湯の摂取量は800ml程度を目安にしてください。白湯はデトックス効果が高いため、飲み過ぎると必要な栄養素まで流してしまう可能性があるからです。多少体格の大小は関係しますが、おおよそ1日の摂取量を800ml程度にするのが理想とされています。

白湯を効果的に飲むタイミングとは

白湯を飲むタイミングは、朝でも夜でも構いません。いつ飲んでも構いませんが、一度決めた時間で繰り返し飲むことが大切で、繰り返し飲むことで徐々に効果が現れます。ただし、飲むタイミングによって効果の引き出し方は異なってきますので、タイミング別に効果の違いを紹介します。

朝起きたときに白湯を飲む

1f3c200ff52eebae

白湯は朝起きたときに飲むのが効果的だと言われています。朝一番は内臓の機能も眠っているので、一杯の白湯を飲むことにより内臓が活性化します。そして消化器官も目覚めて元気になります。また、人は寝ている時に大量の汗をかくので水分補給の効果もあります。

コップ一杯の白湯

朝目覚めたら、まずコップ1杯(150㏄程度)を5分から10分かけてゆっくり飲みます。胃腸が温まってからだ全体の代謝が上がり、一日の活動に備えます。白湯が老廃物を押し流し、腸のなかをキレイにしてくれるので、排泄をうながす効果もあります。朝起きてコップ一杯の水を飲むというのは、昔の話です。

白湯を飲んだ30分後の朝食

朝食は白湯を飲んだ30分後程度に摂るのが理想です。白湯を飲んでから身体が温まってくるまでに多少の時間がかかるからです。逆に目覚めた直後にいきなり食事をを摂るのは、内臓を刺激し負担をかけるので止めましょう。内臓にも暖機運転が必要なのです。

夜寝る前に白湯を飲む

963df9ab983147fb

夜型人間が多い昨今では、夜寝ない人も多く仕事などで夜勤のため仕方なく寝ない人も多いことでしょう。しかし、普通に寝たいのに寝れないという人も多いと思います。原因はさまざまあるかと思いますが、ためしに白湯を飲んでみるというのも良いのではないでしょうか。

白湯は眠りやすい身体をつくる

白湯は身体を温めて体温を上げてくれる効果があるということが、これまでの記事でわかりました。白湯の効果で内臓が温まることで、血行がよくなります。血行がよくなり足の先まで血流が行き渡り、頭寒足熱の効果により眠りに入れるわけです。なので、不眠症や冷え性の人はなおさら、夜の白湯がおすすめです。

白湯は食べすぎにも効果あり

また、食べ過ぎてしまったときや油っぽいもので胃がもたれているときにも白湯は効果的で、寝る前に食事をしたときでも内臓の働きが活性化するので消化が促され、消化不良の予防にもつながります。

食事と同時に白湯を飲む

9873ae82fa9219e5

食事中に各1杯程度(少量)、ゆっくりと飲むのが良いでしょう。消化力を高め、食べたものが体内で燃えやすくなるのでオージャス(生命エネルギー)がスムーズにつくられるようになります。白湯を飲むことで内臓が温められて消化機能が活性化され、食べた物の栄養を吸収しやすくなります。

白湯の飲みすぎに注意

飲み過ぎると栄養分も一緒に流されやすくなるため少量にしてください。食事中に過度な水分を摂ってしまうと、本当に必要な量の食事がお腹に入りにくくなります。食事中に白湯を飲むなら、一回につき150ml(カップ一杯分ほど)が最適です。

白湯をおいしく特別編

17e1c3bf9195af7c

ここでは、他の成分を白湯に混ぜるため、白湯本来の効果に影響が無いとはいいません。あくまでもホットドリンクとして楽しんでいただけるということを前提にお試しください。

アレンジした白湯で楽しもう

レモンでアレンジ

レモンを入れることでニキビなど肌荒れによる美容のトラブルに悩んでいる人に効果が期待できます。レモン白湯はマグカップに白湯を150cc程度注いだ後にレモン汁を10滴程度入れるだけで出来上がりますので簡単です。レモンの成分が美容に良い効果も期待できますし、口当たりの良い酸味が寝起きの身体をシャキッとさせます。

寒天でアレンジ

パウダーの寒天を混ぜると満腹感が出るのでダイエットに最適です。寒天白湯はレモン白湯と同様に、マグカップに白湯を注ぎます。このとき白湯の量は少し少なめの100cc程度がよいでしょう。そしてパウダー寒天を混ぜて出来上がりです。食物繊維も摂れるので、便秘の方にも最適です。

生姜(しょうが)でアレンジ

体を温めたいとき、夏の冷えなどでは生の生姜を入れると良いでしょう。生姜を摩り下ろしたチューブでも問題ありません。これも白湯が入ったマグカップに混ぜるだけです。シナモンを入れるとさらに風味がアップします。

まとめ:白湯で痩せる理由についてとやり方と飲み方について

821cdc75c7812005

白湯の効果について、いろいろと調べ記事にしましたが、アーユルヴェーダ(インド大陸の伝統的医学)では人間の身体も、自然界も、「ヴァータ(風)・ピッタ(火)・カパ(水)」の3つのエネルギー(要素)で成り立つという伝統的医学に基づき実証された効果になります。

不純物を除去した白湯により内臓を温め、胃や腸の働きを促進させることができるので消化を助けます。また、血行を促すことで血流やリンパの流れを改善し基礎代謝を上げることができるので、痩せる効果も期待できる飲み物です。

ダイエットに効果があるというのは、噂だけではなくちゃんとした痩せる理由があったわけです。やはり同じ飲むなら水やジュースではなく、経済的にもやさしい白湯は大変おすすめです。

白湯と漢方でさらに体質改善効果を得よう!

漢方薬はあたたかい白湯と合わせて飲むことでゆっくりと、そして優しく体質の改善へと導きます。この2つを合わせて是非ダイエットに役立ててみてはいかがでしょうか?

人気記事