Medium 11575e37bd16c6d9

グリーンコーヒーのダイエット効果・飲み方を調査!脂肪を燃焼すると話題

グリーンコーヒーダイエットって知っていますか?脂肪燃焼効果が高くダイエットに最適といわれるグリーンコーヒーの効果や飲み方を詳しく紹介します。コーヒーを飲む習慣のある人は、ダイエット効果が得られるグリーンコーヒー習慣に変えてみませんか?

カテゴリー:飲み物コーヒー  作成者:aid  投稿日:2017/12/15

目次

グリーンコーヒーとは?

2ecf13cdb87e7c06

グリーンコーヒーと聞くと何やら美味しくなさそうな緑色のコーヒーをイメージしていますが、グリーンコーヒーのグリーンとはコーヒー豆の色を指し、まだ焙煎されていない生のコーヒー豆を「グーンコーヒーと呼ぶのです。通常私たちがよく見るコーヒー豆はこんがり茶色をした豆ですが、これは焙煎したものであって、焙煎前のコーヒー豆は淡いグリーン色なのです。

今ダイエット大国のアメリカでは、このグリーンコーヒーに有効なダイエット効果があるとして非常に話題になっており、実際に対照実験などで肥満を改善する効果が見られたとしてはじめる人が増えています。

グリーンコーヒーの効果

E8caa2c5bbb05623

本来生のコーヒー豆にはクロロゲン酸という成分が豊富に含まれていますが、グリーンコーヒーを焙煎してお馴染みの豆にするとこのクロロゲン酸が失われてしまいます。しかし、グリーンコーヒーにはクロロゲン酸がしっかり残ったままで、この成分がダイエット効果やその他の効能をもたらすことが分かっています。

コレステロールを抑える

グリーンコーヒーに含まれるクロロゲン酸は、体内の善玉コレステロールを活性化する働きがあります。コレステロールは体に悪いイメージがありますが、この善玉コレステロールは、血中や組織中のコレステロールを回収してコレステロールを減らす働きがあるため、善玉コレステロールが増えれば増えるほど体には良いのです。

脂肪成分を抑制する

3e6cfd38e0f0ea42

グリーンコーヒーのクロロゲン酸には、コレステロールのコントロールだけではなく、脂肪の蓄積を予防する効果にも期待ができます。体内に脂肪が多くなると、生活習慣病であるメタボリックシンドロームや肝炎などといった病気を引き起こす可能性もあります。

そのため、ダイエット中でない人も健康的に体内の脂肪をコントロールすることは非常に大事なことなのです。そんな健康を維持するのにグリーンコーヒーが有効に作用してくれるので、ぜひダイエット中の人にもそうでない人にも習慣的に飲むことをおすすめしたいですね。

血糖値をコントロール

Ffa16b8659ef3643

さらにグリーンコーヒーは、肝臓で糖を生成するプロセスである糖新生を抑える働きがあり、その結果、血中の糖濃度を抑える効果があるのです。血糖の濃度が上がると、血中の糖濃度を低下させるためにインスリンというホルモンが分泌されますが、あまりにも糖濃度が高いとインスリンの分泌が間に合わず、血中に糖が余ってしまうことになります。

この余った糖は最終的に脂肪成分に代謝され体内に脂肪として蓄積してしまいます。さらに、血糖値の高い状態が続くと、インスリンの分泌が正常に行われなくなり、糖尿病などの病気を引き起こしてしまう可能性があります。糖尿病になると、動脈硬化などを引き起こしやすく梗塞などに繋がる恐れもあります。

しかし、グリーンコーヒーのクロロゲン酸の働きによって、血糖値を抑てくれるため、ダイエットの脂肪抑制だけではなく、糖尿病に対する予防、さらには治療薬としても期待されているのです。

抗酸化作用でアンチエイジング

19198eee0e65c6c5

グリーンコーヒーを飲むことで得られるダイエット以外の嬉しい効果としてアンチエイジング効果が挙げられます。本来ヒトは年を重ねることによって、体内に活性酵素という成分が増えます。この活性酵素は、肌にシミを作ったり、シワをできやすくしたり、またハリを失わせたり、とエイジングの悩みの原因になっています。

しかし、グリーンコーヒーに含まれるクロロゲン酸は抗酸化作用を持っており、体内の活性酵素を撃退してくれる作用があるのです。ポリフェノールは抗酸化作用があることで有名ですが、このグリーンコーヒーのクロロゲン酸もポリフェノールの一種であることから、この抗酸化作用によるアンチエイジング効果が得られるようです。

脂肪燃焼効果

抗酸化作用があると説明しましたが、グリーンコーヒーの成分の抗酸化作用が働くと、肌だけではなく体の新陳代謝がアップし、体内に溜まっていた老廃物や毒素の排出が促進されます。このデトックスのような効果によって、脂肪の分解や燃焼が促進され、痩せる体質になりやすいという効能もあるのだそうです。ダイエット中の方にはぜひおすすめしたい飲むだけダイエットなのですね。

グリーンコーヒーの飲み方

9a4dedba0ee19194

グリーンコーヒーによる嬉しい効能がわかったところで、グリーンコーヒーの正しい飲み方を見ていきましょう。作り方も非常に簡単なので、グリーンコーヒーが気になるあなたもすぐに始めることができますよ!

グリーンコーヒーの作り方

Cb3e09dfc73f9819

グリーンコーヒーの作り方は、コーヒー豆にお湯を注いで3分蒸らすだけです。グリーンコーヒーはなかなか市販では見つけにくいかもしれませんが、最近ではコーヒー豆ショップなどで取り扱っているところもあるようですので、お店の方に聞いてみましょう。

豆を購入するときは、既に粉砕されたグリーンコーヒーのコーヒー豆を購入できれば、あとはお湯を注ぐだけなので簡単に飲むことができます。味は、普通のコーヒーと比較すると、ほのかに甘みを感じる味で苦味は少ないようですので、ブラックコーヒーが苦くて飲めないという人にも一度ぜひ試して欲しいですね。

グリーンコーヒーの飲み方

A26d684a88ec7901

グリーンコーヒーのダイエットは、食事の30分前にグリーンコーヒーを飲むことで、食事で摂取する糖や脂肪の吸収を抑える役割があります。しかし、グリーンコーヒーの効果を最大限に得たい場合には、熱いコーヒーで飲むより、そのまま摂取するのがいいという結果もでています。

これは、グリーンコーヒーのクロロゲン酸は熱に弱く、せっかく豊富に含まれたクロロゲン酸がコーヒーにすることによって減少してしまうからなんだそうです。

コーヒー以外でグリーンコーヒーを摂取する方法

グリーンコーヒーのサプリメント

グリーンコーヒーのダイエット効果は、アメリカなどでブームが来ており、既に説明した通りまだ日本では知名度が低く、グリーンコーヒーを購入できるお店は少ないようです。しかし、インターネットなどではグリーンコーヒーのサプリメントが販売されており、サプリメントだとコーヒーのように熱いお湯でクロロゲン酸を失うこともなく摂取できます。

そのため、グリーンコーヒーからの効果をより効率的に欲しいという人にはおすすめの方法です。また、水さえあればどこでも気軽に摂取できるので、毎日忙しい人や、コーヒーが苦手という人でも簡単に飲むことができそうですね。

パウダータイプのグリーンコーヒー粉末

また、インターネットではパウダータイプに粉砕されたグリーンコーヒーも販売されています。これは、スムージーに混ぜたり、ヨーグルトに加えるなどしていつもの食事に加えるだけで簡単にグリーンコーヒーの成分を摂取することができます。

何かのレシピにグリーンコーヒーのパウダーを追加する場合は、スープなどの熱いものにはなるべく入れないように気をつけましょう。グリーンコーヒーの効果を最大限に実感したい人は、クロロゲン酸を熱で壊さないように、できるだけ温度の低い食べ物に混ぜて摂取するのがおすすめです。

良質なオイル配合のサプリメント「MCTコーヒーダイエット」

バターコーヒーダイエットで話題となったダイエット方法を簡単にサプリメントで行えます。大好きなコーヒーでダイエットをしたい方はこちらを試してみてはいかがでしょうか?

グリーンコーヒーの気になる口コミ

7c3e6514f51e233a

日本ではまだまだ知らない人が多いグリーンコーヒーによるダイエットですが、実際に一足先に実践した人たちの口コミも見ていきましょう。

  • グリーンコーヒーを摂取し始めて、中性脂肪や内臓脂肪が減った!
  • グリーンコーヒーで体がぽかぽかして歩くだけでも脂肪燃焼に効果がありそう。
  • まだ飲み慣れないけど普通のコーヒーとは違って興味深い。
  • 夜に飲むと寝つきが悪くなる。
3cd581627f3f3b4f

などの口コミが見られました。まだ、新しいダイエット方法なので、効果に確信が持てないという口コミもありましたが、実際に検査結果で健康的になっていると実感している人も少なくないようです。興味のある人は、ぜひサプリメントやパウダータイプなど、簡単なものから試してみるのもいいですね!

グリーンコーヒーの効果について

96a836611e7bcb22

今回は、アメリカでブームになっているグリーンコーヒーについてご紹介しました。グリーンコーヒーをコーヒーとして摂取するのも良いですし、もっと効果を実感したいという人はパウダータイプやサプリなどでの摂取もおすすめです。市販されている商品はまだ少ないようですが、効果が気になる人などはインターネットで購入しグリーンコーヒーダイエットを試してみてください。

バターコーヒーダイエットもオススメ!詳細はこちらから

人気記事