Medium 7b7c2b1556b4726b

お腹がならない方法はある?空腹時に止めるコツ・上手な対策法まとめ

ダイエット中は特にお腹がなりやすく、大事な時に限ってお腹がなってしまうという経験をした方もいるのではないでしょうか。今回はお腹がなりそうな時に使える音がならない方法を紹介します!お腹がならない方法を活用して、空腹時に恥ずかしくなることからも卒業しましょう。

カテゴリー:ダイエットの基本  作成者:aid  投稿日:2017/12/20

目次

空腹時にお腹が鳴る原因

44e8820273a08c64

そもそもお腹が大きな音を出してなってしまうのはなぜなのでしょうか?まずお腹が鳴るケースは大きく分けて2つのケースがあります。1つは、お腹が空いてしまった時にお腹が鳴る場合。もう1つは、お腹は空いていないけどお腹からグーっと音がなる場合。それぞれのケースではどのようなメカニズムが働いてお腹が鳴るのでしょうか。

1d0ee984a509839b

まず、空腹時にお腹がなってしまう場合はお腹が鳴るメカニズムは、本来胃は中に食べ物が入っていても、入っていなくとも伸びたり縮んだりする運動をしています。空腹時にこの運動が起きた時、特に強く縮んだりした際に、胃の上に部分に溜まっていた空気が押されて、グゥ〜という音が出てしまうのです。では、お腹にしっかり食べ物が入っている時にお腹が鳴るのはどうしてなのでしょう?

お腹が空いていないのにお腹がなる原因

7fcbd3750d63b15b

お腹が空いてない時になるお腹の音は、食事の時に食べ物と一緒に飲み込んだ空気と、消化途中の食べ物が、腸などの消化器官の運動によってミックスされ、中の空気が外に圧迫されることで音がなってしまうのです。つまりお腹に食べ物が入っている時になるお腹の音は、食べ物を消化している合図であることが多いのですね。

5e9c3388457acf54

ダイエット中の人などでは特に空腹時のお腹の音を抑えたい!と感じている人も多いのではないでしょうか?そんな人のために、今回は様々な方法でお腹の音がならないコツを紹介します。お腹がならない方法を試して大事な時の空腹でもうまく乗り越えられるようになりましょう!

予防的お腹がならない方法

0efe8eae6a10ff78

まずは、毎日決まった時間にお腹がなってしまうという人や、お腹がなりそうになるのをあらかじめ予防したいという人におすすめするお腹がならない方法を紹介します。習慣的にお腹がなりがちな人は、毎日の生活に一工夫加えるだけで、お腹がなりにくい環境を作ることが可能なのです。どの方法も簡単に実践できるものばかりなのでぜひ今日からでも試してみましょう!

朝食を玄米に変えてみる

毎日朝ごはんをしっかり食べているのに、昼食前にはお腹が空いてお腹がなりやすい、そんな人はいませんか?そんな人は朝ごはんに玄米を食べるのがおすすめです。白米や食パンなどを朝食として食べている人にはぜひ試してほしい方法で、玄米は白米や食パンなどと比較して非常に腹持ちがいい食材です。そのため、いつもより空腹になるタイミングを遅らせてくれるのです。

9d0c68c4b06a0c3f

とは言っても玄米は独特な匂いや食感で、苦手意識のある人も少ないないと思います。そんな時は、白米に玄米を3分の1程度混ぜて食べるだけでも効果を実感できます。今まで白米や食パン派だった方はぜひこのお腹がならない方法を試してみてください。

スムージーで朝食置き換え

腹持ちの良いものとして、スムージーもおすすめです。野菜ジュースなどのサラサラとした飲料とは違い、とろみがあってお腹に溜まりやすいのが特徴です。色々と試してみて、自分に合った方法を見つけていきましょう!

炭酸飲料は控える

ちょっとの量でお腹に満腹感を与えられる炭酸飲料は、お腹が空きそうな時に良いと思っている人も多いのですが、炭酸飲料は気泡が非常に多く含まれており、空気を胃や腸などに入れ込みやすくなります。既に説明した通り、胃や腸に空気があると胃腸が収縮した時に音が発生しやすくなるので、炭酸飲料は逆にお腹の音を出しやすくしてしまうのです。

食事中はよく噛む

食べ物をよく噛むという行為は2つのアプローチによりお腹がならない方法として作用します。まずは、食べ物をよく噛むと脳にある満腹中枢がしっかりと刺激され満腹感を得ることができます。食事で満腹感を感じなければ、すぐにお腹が減ってしまうので、毎回満腹感を得ることで空腹感を感じにくくします。

84ddd3c9b6d0fa5f

また食事をする時にも、よく噛むことで食べ物にふくまれる空気の量が減り、胃腸の中の、お腹の音の原因になる空気量も減少します。ご飯を食べているのにお腹が減りやすいという人や、食事の際に早食いの癖のある人などは、ぜひこのお腹がならない方法を試してみましょう。

座り姿勢を正しく

座っている時にお腹がなりやすいと感じる人はいませんか?実は、座っている姿勢の時は特に姿勢が猫背になりやすく、胃腸をより圧迫したすい状態になります。そのため、猫背の姿勢をとりやすい人では、お腹が空いた時などにお腹がなりやすい傾向にあるようです。

スポンサーリンク

424bef395c8fa29e

一見お腹が鳴ることとは関係のないことのように見えますが、お腹の音は意外に外的要素がトリガーとなることもあるのですね。普段姿勢が悪いと言われがちな人や、猫背になりやすい人は、背筋をしっかり伸ばし姿勢を改善することから始めてみてもいいかもしれません。

カス抜き体操をする

お腹から音がなるのは胃腸に空気があるから、ということより、この空気を抜いてしまおうとするのがガス抜き体操です。やり方は非常に簡単で5分もあれば完了してしまいますので、朝起きた時にそのまま実践してみると良いですね!では、やり方を見てみましょう。

E615972c32c75631
  1. 仰向けに寝そべり、手をお腹の上におきます。
  2. 手の甲を、反対側の手の指で揉むように2分程度マッサージします。
  3. マッサージが終わったらうつ伏せになります。
  4. 膝の下に枕などを置き、両膝を曲げます。
  5. そのまま両足のかかとでお尻を軽くたたくように、足を交互に動かします。
6143afe21f74ccce

このガス抜き運動を行うことでオナラとして胃腸に溜まっていた空気が抜けやすくなり、いつもお腹がなってしまう!という人でも、お腹が鳴りそうになるのをしっかり抑えてくれる効果があります。まずは明日起きた時に実践してみて、効果を実感してみましょう。

対処的お腹がならない方法

胃を膨らませる

56b6a688e172b4e6

空腹時にお腹がなってしまうのは、胃の中に空気が含まれている時に強く胃が収縮してしまうためです。この収縮の運動を一時的に抑えることができれば、胃からグゥ〜と大きな音が漏れることを止めることができるというわけです。そこでおすすめしたいのが、「お腹がなりそう!」と感じた時に、大きく息を吸って胃を膨らませることです。

3b947569cc16514e

吸った息で胃を大きく膨らませることにより、収縮しようとしていた胃の粘膜が張った状態となり、音を抑えてくれます。しかし、このお腹がならない方法を試す時に注意することは、胃を膨らませた後に息を吐く時はゆっくり吐く、ということです。音が止まって安心し一気に息を吐くと、反動で胃が収縮しお腹がなってしまうことがあるので、注意しましょう!

胃を押す

お腹がなりそうという時に実践してほしい音がならない方法として、胃を指で押すのもおすすめです。空腹時に胃の部分を指で押すと少し圧迫感や痛みを感じる場所があります。その部分をギュッと押すことによりお腹の音が鳴りにくくなるようです。上の方法が疲れてしまう時は、この方法を試してみると良いですね!

ガムやゼリーなどを食べる

大事な場面では少々適応しにくい方法ですが、どうしても空腹からお腹がなってしまう人は、ガムやゼリー、グミなどの簡単に食べれる物を食べるのも1つの方法です。ダイエット中の人では、頻繁にお菓子類や間食をするとダイエットに逆効果になってしまいますが、どうしてもという時は1・2個と制限を設けて胃に食べ物を入れてあげましょう。

置き換えスムージーを飲む

間食をする際に太ることが気になる人は、ダイエット用のスムージーを飲むのがおすすめです。味もおいしいことに加え、含まれている食物繊維の効果で腹持ちも良いので、お腹がなってしまう人に最適です。

お腹がならないツボを押す

お腹がなりそうだけど口に物を入れることが難しい!という場面では、ツボを押すことによってお腹がならない方法を試してみましょう。ツボは2つあり、まずはおへそ下のツボです。音が鳴りそうというタイミングで、おへそから1・2センチ下がった部分を指2本でギュッギュと強めに刺激します。そうすることで一時的にお腹が鳴るのを抑えてくれます。

798389a0afd7210f

2つ目のツボは、合谷と呼ばれるツボで、親指と人差し指の間にあります。片方の手の親指の骨と人差し指の骨の間を反対の手の指でグッと強めに押すことで、空腹時にお腹から音が鳴るのを抑えてくれるようですよ。

お腹がならない方法のまとめ

68576fd82b10d1e7

今回はお腹が鳴るのを抑えたい人におすすめの対策法を紹介しました。予防としては、食事を変えてみたり、よく噛む、炭酸水は控える、カス抜き体操をするなどの方法があります。お腹が今にもなってしまいそう!という時には、胃を膨らませたり、ツボ押しを実践したり、可能であれば軽い物を食べるなどの対策があります。これらの方法を上手に活用し、お腹がなるのをコントロールしましょう。

人気記事