Medium 89e6bebbdc4d77bb

メディキュットの洗濯方法は?長持ちする洗い方・お手入れ頻度を解説

メディキュットを使用する上で、洗濯方法が重要なのはご存知でしたか?メディキュットを長持ちさせるための洗濯の方法や、メディキュットの使用方法について色々なポイントをご紹介しながら、メディキュットのお手入れの仕方をみていきましょう。

カテゴリー:ダイエット商品ダイエットグッズ  作成者:伊吹新  投稿日:2017/12/27

目次

メディキュットって何?

圧力ソックス

メディキュット(MediQttO)はドクターショール(Dr.Scholl)というブランドの商品で、主にむくみを取る効果が期待される、圧力ソックスのことです。テレビCMや店頭などで目にしたことがある方も多いかと思います。

メディキュットは種類豊富

メディキュットはその種類の豊富さにも定評があります。現時点で、公式HPで紹介している商品の種類が27種類でした。基本的なメディキュットの構造などは一緒のようですが、長さや色などで豊富な種類になっているようです。メディキュットの商品についてご紹介いたします。

寝ながらメディキュット

寝ている時間に着用するタイプのメディキュットです。少し厚手の生地で肌触りが良く就寝時に使用するということで冬など寒い季節に人気の商品のようです。このシリーズは他にも長さが違うものなどがあります。

タイプ 長さ その他特徴
ロング 太もも〜足首
フルレッグ 太もも付け根〜足首
ショート ふくらはぎ〜足首
スパッツ ヒップ〜足首 骨盤サポート付き
ロング 太もも〜つま先 あったかつま先
フルレッグ 太もも付け根〜足首 あったか

おそとでメディキュット

メディキュットは寝ながらタイプをよく見かけますが、外出時でも着用できるデザインのものも豊富にあります。こちらのタイプですとオシャレ着に問題なく合わせることができます。色がブラックのものや、お仕事着に響かないストッキングなどがあります。数が多いので一部のご紹介です。

タイプ 長さや形
温活ソックス ブラック ひざ下ソックス
フィットネスアップタイツ ブラック タイツ
着圧ストッキング ベージュ ストッキング
レギンス ブラック 足首まで

おうちでメディキュット

おうちでシリーズは、メディキュットの商品の中でも一般医療機器とされているシリーズで、自宅で足のむくみケア用とされています。見た目はブラックで外出時にも使用できそうですし、就寝時にも問題ないかのように思いますが、通常のソックスなどとは違い着圧ソックスですから用法は守って使用することをオススメします。長時間、また強すぎる締め付けは血行不良の原因となるようです。

タイプ 長さ その他特徴
ひざ下 ひざ下〜足首
ひざ下 ひざ下〜つま先 高圧力
ロング 太もも〜足首
スパッツ ヒップ〜足首

その他の種類や注意点

他にもくつろぎメディキュットや働きながらメディキュットがあります。それぞれ特徴や使用方法がありますので確認してから購入しましょう。

注意点

メディキュットの種類は豊富にあります。それぞれサイズや長さ、用途などがありますので、自分にあったメディキュットを探しましょう。公式HPでも詳しく各商品について紹介があります。また通常のソックスやタイツなどとは違い着圧タイプですので、キツすぎる苦しいなどの違和感を感じたら使用を中止した方が良いでしょう。血行不良になる可能性があります。

ポイント

通常とは違い着圧タイプの商品です。購入の際は商品についてしっかり確認し使用前には使用方法などの確認をすると良いでしょう。無理な使い方はやめましょう。

メディキュットと洗濯

メディキュットの口コミをインターネットで見てみると、実は「洗濯」についての投稿が多くありました。その中でも、メディキュットと洗濯の口コミは「洗濯するとメディキュットがダメになる」「ネット洗いしてるのに数回の洗濯で締め付けが緩くなる」という洗濯とメディキュットの相性が悪いというものでした。

メディキュットと洗濯は本当に相性が悪いのでしょうか。では、メディキュットはどのようにお手入れすれば良いのでしょうか。ではこの記事の本題でもある、メディキュットと洗濯についてみていきましょう。

メディキュットの洗濯表示

そもそもメディキュットは洗濯すると何度も使用できます。という商品です。しかし洗濯をするとメディキュットの締め付けが変わり、ひどいものでは緩くなってダルダルになってしまい使い物にならないと言う方もいます。その原因は何にあるのでしょうか。

Ef223e8fceed1463

メディキュットには洗濯表示があり、そこには洗濯機での洗濯ではなく「手洗い」の表示がありました。そして温度は「水またはぬるま湯」、乾燥機などの強制乾燥はしないよう表示がされていました。洗濯時は他の衣類とは違い丁寧な手入れが必要になるようです。

メディキュットの洗濯表示

  • 手洗い
  • 水またはぬるま湯
  • 塩素系漂白剤は使用しない
  • 乾燥機・アイロンは使用しない
  • 日陰干し

なぜいつもの洗濯と一緒にできないか

段階圧力ソックス

メディキュットは段階圧力ソックスという特徴があります。段階圧力ソックスとは、足の各部位に合わせて圧力を変える設計がされているソックスのことです。英国基準の設計を採用しており、複雑な構造をしています。洗濯で過度な圧力がかかるとメディキュット自体を傷めてしまうことになるようです。そのため着圧の力の低下に繋がります。

主な素材がポリウレタン

メディキュットの大事な構造の一つである、締め付けの効果のある部分など主なメディキュットの素材にはポリウレタンが使用されています。ポリウレタンは熱に弱い素材なので乾燥機やアイロンなどは厳禁というわけです。

引っ掛けて傷みやすい

メディキュットの素材の特徴として引っ掛けてほつれる、破けるといった悩みの声が数多くありました。洗濯の際は、目の細かいネットに入れるなどし使用の際にも自分の爪で引っ掛けてしまわないように注意しましょう。

メディキュットの正しい洗濯方法

以上でお伝えしてきたことから、どのようにメディキュットを洗濯すれば良いのか、まとめていきましょう。通常のソックスに比べてメディキュットは値段が高いという声もあります。高価なメディキュットひとつを少しでも長持ちさせるコツは洗い方にあるということです。

できるだけ手洗い

メディキュットの洗い方で一番の方法は、手洗いをするということです。メディキュットはの着圧の構造は、計算された複雑なものだと言われています。その効果を崩さないためにも、ゴシゴシ洗わずに優しく手洗いすることを心がけましょう。

洗濯機を使う場合

スポンサーリンク

メディキュットを洗うときに洗濯機を上手く使用している方の多くは、ドライコースやおしゃれ着用の洗濯用洗剤を利用しているようです。また、洗濯機によっては最後の仕上げに温風を使う種類のものもあるようで、そういった洗濯機ですと、熱に弱いメディキュットはすぐにダメになってしまう可能性があります。そして引っ掛かりを防ぐためにも目の細かい洗濯ネットを必ず使用しましょう。

洗剤の注意点

洗濯時に使用する洗剤などにも注意が必要です。メディキュットの洗濯表示にもあったように塩素系の漂白剤は厳禁です。もし、どうしても漂白剤を使用したい場合は酸素系の漂白剤を使用することで傷みを和らげることができるようです。なるべく漂白剤を使用するのは避けた方が良いでしょう。

干し方

こちらもメディキュットの洗濯表示にあったように、日陰干しにしましょう。これも、メディキュットに使用されている材質の「ポリウレタン」の劣化を防ぐためです。天日に干すということだけでも劣化につながります。少し面倒かもしれませんが、他の洗濯物とは分けて日陰干しにすることを忘れないようにしましょう。

ポイント

なるべく優しい手洗いをする。
漂白剤は使用しない。
目の細かい洗濯ネットを使用する。
日陰干し。

洗濯の頻度

メディキュットは洗濯の方法一つで長持ちするかそうでないかが大きく変わってくることを知っていただけたと思います。じゃあ、その洗濯は毎日しても良いのでしょうか。

Bbba95bd5d6b2966

洗濯の頻度について分かったことは「一度洗濯したら、使用するのには1日待った方が良い」というものでした。つまり毎日洗濯をするのは控えた方が良いようです。上手にメディキュットを使用している方は2〜3枚をローテーションして毎日使用しているようです。

メディキュットの履き方

メディキュットは洗濯の仕方だけでなく使用方法、履き方に注意するだけでも長持ちさせることができます。メディキュットの着圧力と伸縮性を損なわせない履き方を知っておきましょう。

無理な履き方をしない

Bbea2668bbe907b9

メディキュットは着圧に特徴のある商品です。そのため着用時に少しキツいと感じる方も多いようで、無理やり引っ張り上げて使用している方がいるようです。しかし、無理な履き方すると爪などを引っ掛けてメディキュットを傷つけてしまうことがあります。さらに無理やり引っ張り上げることで適度な着圧、伸縮性のあるメディキュットがダルダルになって使い物にならなくなってしまうかもしれません。

正しい履き方

では、メディキュットはどのように履くと良いのでしょうか。大事なのは無理せずに履くということです。履く前にメディキュットを引っ掛けてしまう原因になるものに気をつけましょう。多くの原因の一つは爪で引っ掛けてしまうということです。履くときには爪を整えるか、引っ掛けないように細心の注意を払いましょう。

そして、メディキュットを履くときには、必ずメディキュットを丸めた状態から履き始めるようにしましょう。着圧感のある商品です。いつも履くソックスと同じように履くと、メディキュットの持つ締め付けで上手く履けず伸びてしまい、結果メディキュットに余計な力をかけてしまうことになります。メディキュットを履くときは無理をせずに、つま先からゆっくりと履くように注意しましょう。

メディキュットの選び方

種類豊富だからこそ

F5942031e8aa274d

メディキュットの特徴の一つはその豊富な種類にあります。家で履くもの、外で履くもの、寝るときに履くもの、様々な種類があります。自分にあったタイプのものを選ぶようにしましょう。むくみを取る効果が期待できる圧力ソックスは、その締め付け感から長い時間履き続けると血行不良を起こす原因にもなるようです。

また、メディキュットの種類の中にも含まれている「スパッツ」タイプですが、こちらも着用法などを間違えると、血行不良やうっ血などの症状が現れることがあるそうです。原因は小さいサイズを使用したり、重ね履きをして加圧を高めてしまったことが原因になっているようです。国民生活センターのHPに加圧を利用したスパッツに関する注意がありました。使用する前に確認してみましょう。

間違えないサイズ選び

メディキュットのような着圧ソックスは、サイズ選びを慎重にしましょう。このような商品は計算された設計の上に成り立っている商品ですので、着用時キツすぎて苦しいということがないように設計されているようです。キツすぎるということになった場合は使用を中止することが良いでしょう。購入前には公式サイトなどでサイズを把握し、慎重に選ぶことをオススメします。

ダイエットには効果があるのか

ちなみにメディキュットにはダイエットの効果があるのでしょうか。メディキュットはそもそも「むくみ」に効果が期待できる商品ですので、直接的にダイエットに関係するとは考えない方が良いかもしれません。

Cb8d6c39bf915c90

ただ、むくみを取るということはつまり、血行を良くするということです。適度な圧迫感は血流を良くしてくれる効果が期待されています。血流の改善は代謝の改善になり、代謝の改善はダイエットの基本です。

個人差はあるでしょうが、脚やせに効果が期待できるかもしれませんし、実際にメディキュットと脚やせに関する良い口コミは多くあります。しかし、単純にメディキュットをダイエット目的で購入するのはオススメできません。ダイエットの効果は「プラスの効果」として考えた方が良いと思います。

メディキュットの洗濯方法についてのまとめ

洗濯方法をこだわることは意外と大事

Ca43f5f24a937c9a

メディキュットとの上手な付き合い方はお分かりになりましたでしょうか。知らずに使用するとせっかく購入した良い商品もすぐに使い物にならなくなってしまうでしょう。上手に扱うヒントは必ずどこかに隠れています。今回、メディキュットの場合は洗濯表示にヒントがありました。使用するときには正しい使用法を必ず確認するようにしましょう。

履き方にも工夫を

メディキュットをダメにしてしまうもう一つの要因は爪などを引っ掛けてしまうということでした。メディキュットの弱点とも言えるかもしれません。冬の時期は手が荒れる方も多いかと思います。無理に引っ張らずに、メディキュットを丸めてゆっくり引き上げるようにして履くことで改善していきましょう。

その商品の特徴を知る

メディキュットの洗濯の仕方を軸に置いてお話ししてきましたが、大事なのはその商品の特徴をよく理解してあげるということです。メディキュットの場合は「締め付け感のある製品であること」「材質がポリウレタンであること」が特徴にありました。そこから分かったのは「伸びないようにすること」「熱に当てないようにすること」。そこから詳しい対策を知っていくと長持ちの秘訣につながります。

67d1d8f7838a1703

他の製品でも同じことが言えます。いつも購入するものよりも少し高価な良いものを買ったとき、より長く使いたい気持ちは皆さん共通していると思います。洗濯表示や製品の注意書きなど、普段面倒になって見逃しているところに実は大事なことが書かれているかもしれません。より、その製品を楽しむために注意書きは見逃さない。疑問ができたら調べてみるなど小さなことに気をつけてみましょう。

マメに洗濯するのが苦手な人はエクスレッグスリマーがおすすめ

エクスレッグスリマーはメディキュットと同じく、履くだけで加圧効果があり、脂肪燃焼に促すソックスです。エクスレッグスリマーには、数着同時購入すると大幅割引してくれるサービスがあります。忙しくて中々洗濯できない方には、数着ストックできるエクスレッグスリマーがおすすめです。

人気記事