Medium fa64d1690bffda55

メディキュットのサイズの選び方!失敗しない・成功する効果的な方法は?

メディキュットは圧着効果によってフットケアができる商品ですが、自分にあったサイズの選び方には、失敗しないコツなどがあるのでしょうか。メディキュットの商品の特徴や口コミなどから、成功するメディキュットのサイズ選びについて調べました。

カテゴリー:部分痩せ脚痩せ  作成者:はなみずき  投稿日:2017/12/26

目次

メディキュットの特徴

メディキュットは、足首から段階的に強さの違う圧力をかけることで、むくみなどのフットケアができる商品です。強い圧着効果により、履くだけで脚の太さがサイズダウンできたり、立ち仕事などによるむくみの予防に効果的だとされています。使用者の口コミでは、むくみの解消や予防に対する評価は高いものが多く、脚の慢性的なむくみで悩んでいる人にも人気があります。

発売元のドクターショールの説明では、メディキュットはイギリスの医療用ストキングをルーツにしていて、現代でも医学にもとづいた設計で作られているとしています。メディキュットは、1997年に日本で初めて販売された段階圧力ソックスで、フットケアのブランドとして長く販売されてきた実績があります。

メディキュットの種類

メディキュットは、様々なタイプの商品が販売されていますが、用途別に大きく次の3つに分けられます。仕事や外出時に履くもの、家でくつろいでいる時に履くもの、夜寝ている間に履くものです。それぞれに、ひざ下までの靴下タイプ、ストッキング、タイツ、スパッツなどの種類があり、圧着の強さや素材に違いがあります。

メディキュットには、通常のむくみなどに対するフットケア以外に、テーピング効果で骨盤ケアができる商品や、筋肉加圧によるフィットネス効果があるとしている商品もあります。また、通常のメディキュットよりも強い圧着効果で、短時間で脚のむくみがとれるクイックリフレという商品もあります。メディキュットは、目的や用途に合わせて、種類が幅広くラインナップされています。

メディキュットはサイズの選び方が大切

体にあったサイズ選びが大切

717572431edaa2d5

メディキュットのような圧着ソックスは、足首から上にいくにしたがって、段階的に圧力が弱くなるようにできています。タイツなどは、サイズがあっていないときちんと履けずに、膝や太ももなどのポイントがズレてしまうことがあります。メディキュットの効果を得るには、できるだけ体にピッタリあうサイズの選び方をすることが大切です。

メディキュットは、締め付け感が強ければ効果も早く出るといわけではありません。メディキュットの圧力の度合いは、健康を維持しながら効果が発揮できるようになっていて、用途によっても圧力が違います。強すぎる締め付けは、逆効果になることも多く、健康を害してしまう可能性もあるので注意しましょう。わざと小さなサイズを選んだり、睡眠時に外出用を履くなどの使い方はNGです。

  • メディキュットは、足首やふくらはぎなど位置によって圧力が違うので、できるだけ体にピッタリあうサイズの選び方をする。
  • 強すぎる締め付けは、効果が得られずに健康を害する恐れもある。
  • わざと小さなサイズを選んだり、用途の違う使い方はNG。

こんな症状があったら要注意

9fb49e20d7b5b2ff

メディキュットのサイズの選び方を間違えると、効果が出なかったり、脚が痛んだりすることがあります。メディキュットのサイズが大きすぎる場合は、圧力がしっかりかからないため、効果が発揮されにくいことがあります。一定の期間試してみて効果が感じられない場合は、サイズが大きすぎていないか、もう一度確認してみましょう。

メディキュットのサイズが小さすぎる場合には、しびれや痛みといった異変を感じることがあります。痛むのは膝の裏やつま先が多いようですが、どの部分であっても痛みやしびれを感じるようなら、使用を中止しましょう。また、使用後にかえってむくんだり、血管が浮き出たり、皮膚に変色があったりすることもあります。この場合もサイズがあっていない可能性があるので、使用を中止しましょう。

  • 効果を感じにくい場合には、サイズが大きすぎる可能性がある。
  • サイズが小さいと、痛みやしびれなどを感じることがある。
  • サイズが小さいと、むくみや皮膚の変色などが出ることもある。
  • 体に異変を感じたら、使用を中止する。

メディキュットのサイズは3種類

Fe8c7d1b1312a6ae

メディキュットにはソックスやタイツなどの種類がありますが、サイズ展開はM、L、LLの3種類が基本です。大きさも、例えばMサイズの足首ならば19~23センチと、ソックスでもタイツでも同じ大きさに統一されています。

メディキュットのサイズ表
     M   L   LL 
身長  150~160 155~165 160~170
ヒップ 85~93 90~98 92~100
太もも 43~49 47~53 51~57
ふくらはぎ 30~38 34~42 34~42
足首  19~23 21~25 21~25

なお、ひざ下までのハイソックスタイプやタイツは、MとLの2種類のものもあります。ストッキングタイプなどの一部商品は、サイズがM-LとL-LLで表記されていますが。M-Lは上記サイズ表のMサイズ、L-LLはLサイズと同じです。

エクスレッグスリマーもおすすめ

メディキュットのサイズの選び方

自分にちょうど良いサイズの選び方は?

E56c53655b538016

ドクターショールの公式サイトでは、メディキュットのサイズの選び方について「原則として足首のサイズを基準にしてサイズを選ぶ」ように勧めています。初めてメディキュットを購入する時には、まずは自分の足首のサイズをきちんと測っておくことをおすすめします。スパッツやパンストタイプのメディキュットは、身長もあわせて考慮しましょう。

MかLかで迷ったら?

そうは言っても、メディキュットのサイズ表の数字にはある程度の幅があるので、どちらを選ぶのか迷うこともあると思います。2つのサイズのどちらにも合っていて迷った場合には、自分のサイズが数字の中央値に近い方を選びましょう。例えば、足首のサイズが23センチの人は、対応サイズが21~25センチになっているLサイズの方を選びます。

  • メディキュットのサイズは、足首のサイズを基準に選ぶ。
  • サイズで迷った時には、サイズの中央値に近い方を選ぶ。

心配な人は圧力の弱いものから試す

330a196529d18f55

圧着ソックスを履いたことがなくて、締め付け感が心配な人もいると思います。その場合には、大きめサイズを選ぶのではなく、サイズの合った圧力が弱いタイプを選んで試してみましょう。メディキュットの圧力がどのくらいか知るには、パッケージに表示されたhPa(ヘクトパスカル)の数字で知ることができます。ヘクトパスカルは、圧力を表す国際単位で、この数字が大きいほど圧力も強くなります。

圧力が弱めのメディキュットは、外出用では、スレンダーマジックのストッキングやタイツがおすすめです。スレンダーマジックは一番圧力が強い足首でも16hPaで、初めての人にも履きやすい締め付け感です。就寝時用の寝ながらメディキュットは足首が21hPaですが、素材が外出用よりも着心地良く作られているので、履きやすくておすすめです。

脚のサイズを測る方法は?

身長やウエストはともかく、自分の足首やふくらはぎのサイズを把握している人は少ないと思います。メディキュットは基本的に試着ができないので、初めて購入する時には、足首などのサイズを事前に測っておくことをおすすめします。足首だけでも測っておくと、後日にメディキュットの効果を確認するのにも役立ちます。

サイズを測る時は、足首は脚の一番細いところ、ふくらはぎと太ももは一番太いところで測ります。上の動画で脚の各部分の測り方を解説していますので、測り方の正しい方法が分からない方は参考にして下さい。自分一人で測るよりも、できれば誰かに測ってもらった方が、正しいサイズが計測できます。

口コミから見るサイズ感や選び方のコツは?

メディキュットのサイズに関する口コミは?

6e1cb188bfbbee0a

メディキュットのサイズの選び方は、足首のサイズが基本です。しかし、スパッツやタイツなどは短いと履き心地が悪いですし、身長と脚の太さの両方を考慮するとサイズ選びに迷う人が多いようです。サイズ選びの参考になるように、通販サイトなどでメディキュットを購入した人の口コミから、サイズについての意見をいくつか抜粋しました。

  • 身長161センチで太めなので、Lサイズを購入しました。締め付け感があまりなくて効果も感じられず、Mサイズでも良かったかな?と思っています。
  • 身長165センチで、Lサイズを購入しましたがちょうど良いです。普通のストッキングはトールサイズなので、メディキュットはやや大きめかなと思います。
  • 身長が170センチあるので心配でしたが、Lサイズでも履けました。
  • 身長160センチ、Lだと少しつま先が余りますが、Mだと短いのでLにしています。
  • 身長162センチで下半身太め、Lサイズでちょうど良いです。

口コミから分かるサイズ選びのコツは?

2f9ed14db9b8781b

サイズに関する口コミを見ると、思ったよりも大きい、締め付け感はゆる目という意見が多い印象です。特に身長に関しては、余裕があるという意見が目立ちました。身長で選ぶ時も、基本的には中央値に近い方のサイズを選ぶのがおすすめですが、多少の差なら小さめのサイズを選んでも問題なさそうです。脚の太さなども考慮して、自分に合ったサイズを選ぶと成功しやすいです。

身長を基準にしてサイズ選びを迷った時に、脚が太い、ぽっちゃり体型などを意識して大きめを選んでしまった人は、大きすぎたと感じることが多いようです。やはり初めてメディキュットを買う時には、身長だけを参考にするのではなく、脚の太さをきちんと測ってから選ぶことをおすすめします。

  • 口コミでは、サイズは大きめだという意見が多い印象。
  • 身長はサイズの中央値に近いものを選ぶのがおすすめだが、口コミでは、少しの差なら小さめサイズでも履けるという意見が多い。
  • メディキュットのサイズ選びで成功するには、身長だけでなく、脚のサイズをきちんと測って選ぶことが大切。

サイズの選び方以外にも注意したいこと

履き方に注意する

メディキュットの効果を十分に得るには、正しい履き方をすることが大事です。メディキュットは圧着が強いので、次のような手順で履くようにしましょう。最初に、手で先端近くまで手繰り寄せてつま先を入れたら、足首の位置を合わせてゆっくりと上げていきます。膝より上まであるタイプは、編みわけ部分を膝に合わせて、膝裏のシワをのばします。

メディキュットは無理に引っ張ったり爪を立てたりすると、破れる恐れがあります。ストッキングやタイツは一度に引き上げないで、左右交互に少しずつ上げながら履いていきます。念のため、引っかかりやすい指輪やブレスレットは外しておいた方が良いでしょう。普通のタイツなどを履くより時間がかかるので、朝は時間に余裕をもってゆっくり履けるようにしましょう。

用途や時間を守る

07a6f018c9698e3e

メディキュットには、外出用や就寝時用など、用途によって種類が違います。また、クイックリフレのような短時間で脚の悩みを解消する目的の商品は、より強い圧力がかかるようになっていて、長時間の使用には向いていません。メディキュットでダイエットに成功するには、それぞれの目的にあった使い方を守ることが大切です。

特に就寝時に履けるのは、寝ながらメディキュットのシリーズだけですので注意しましょう。他のメディキュットは寝る時に履くことを想定して作っていないので、寝苦しかったり、体調に影響が出る恐れがあります。おうちでメディキュットは、ネーミングの印象ではリラックスタイムにも向いているように見えますが、圧力が強めなので就寝時には向いていません。

異変を感じたら着用をやめる

メディキュットは、痛みやしびれ以外にも、締め付けや汗で肌に湿疹などが出ることがあります。肌が敏感な人や初めて履く人は、そういった異変にも注意しておきましょう。他にも気分の悪さなど、メディキュットを履いて「いつもと違うな」と感じることがあったら、無理をしないで一旦着用をやめましょう。

メディキュットの失敗しないサイズ選びのまとめ

メディキュットは、段階的な圧力によってフットケアができる商品です。むくみの解消やダイエットに使って成功するには、自分にあったサイズを選ぶことが大切です。メディキュットは、基本的に足首のサイズを基準に選び、スパッツやタイツは身長も考慮に入れます。どちらのサイズにも合っていて迷う時には、サイズの幅の中央値に近い方のサイズを選ぶようにします。

メディキュットのサイズ選びで失敗しないためには、脚のサイズをきちんと測ることが大切です。脚のサイズを測らずに、脚が太い、太っているなどの思い込みだけで選ぶと失敗することが多いようです。圧着ソックスが初めてで締め付け感が心配な人は、大きめを選ぶのではなく、スレンダーマジックのような圧力が弱いものから試すのがおすすめです。

人気記事