Medium b57ad8b5963e362a

ヨーグルト人気おすすめランキング!美味しくてダイエット効果があるのは?

ダイエットしたい女性に人気のヨーグルトは、種類が豊富で味も美味しいものが増えてきました。どれにすべきかわからない、という人も多いと思います。今回は、おすすめのヨーグルトをランキング形式でご紹介します。ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

カテゴリー:食べ物ヨーグルト  作成者:Ishikawa Miws   投稿日:2017/12/29

目次

ヨーグルトは種類が豊富

ヨーグルトがダイエットに効果があるというのは良く知られています。新しい商品やフレーバーもどんどん増えていますが、ヨーグルトは味だけではなく、その種類によって配合成分が多少異なるというのはあまり知られていないかもしれません。そのため、どれを選んだら良いのかわからないという人も多いと思います。今回は、おすすめヨーグルトをランキング形式でご紹介します。

ヨーグルトは便秘改善・免疫力アップできる

ヨーグルトでダイエットができる理由は、そのヨーグルトに入っている乳酸菌の効能にあります。質の良い乳酸菌は、お腹の調子を整えて腸内を改善してくれるだけではなく、効果的に摂取することで免疫力をアップしてインフルエンザを予防したりもできます。

プロバイオティクスとは?

プロバイオティクスヨ―グルトという言葉を聞いたことがある人は多いと思います。プロバイオティクスは、WTO/世界保健機構や、FAO/食糧農業機関などにより「十分な量を投与された際に宿主に健康上の利益を与える生きた微生物」と定義されました。

整腸作用の高いビフィズス菌は胃酸で死ぬことなく腸まで届くプロバイオティクスと呼ばれるもので、開発がすすんで腸内改善に効果的なビフィズス菌が開発でどんどん登場しています。また、生きて届かず死んだ菌や殺菌済みの菌などは、バイオジェニックスと呼ばれるもので、プロバイオティクスとは異なる働きをするのだそうです。

乳酸菌の効能や応用範囲は広い?

ヨーグルトの菌は、以前からあるものに加えて、研究により様々な効能を持つ菌が発明されたり開発されたりしています。日本のいくつかの乳酸飲料の会社も世界に誇る菌を見つけて商品化しています。それぞれの菌は次のような異なる効能を持っています。

  • 便秘の改善
  • 免疫力の向上
  • 過敏性大腸
  • 感染症・乳幼児に多いサルモレラ菌・ロタウイルスウイルスによる下痢予防
  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍・慢性胃炎
  • 胃がん・大腸がん・膀胱がん
  • アトピー性皮膚炎・v気管支喘息心・食物アレルギー
  • 尿路感染症・カンジタ膣炎
  • 口臭・歯周病予防
  • コレステロール値を下げる

善玉菌には脂肪を分解したり糖分の吸収を抑制するものや、満腹感を起こすというもあります。ダイエットや美容に関する効果として、見逃せない効果ではないでしょうか。

ヨーグルトの菌の種類によって効果が異なる?

ヨーグルトは、低カロリー・低脂肪で、ダイエットする人にも健康を気にする人にもとても良い食べ物ですが、特にカルシウムの吸収が良いものや、中性脂肪の分解作用が高いものなど、ダイエットや美容、便秘によいとされる善玉菌はいくつかあります。

それぞれの菌の性質や配合量によっても効果は異なりますが、ほとんどの菌は便秘を改善する効果が期待できます。ここでは、それ以外の効果をまとめてご紹介します。

美容に良いとされる菌の便秘改善以外の効果と主な商品
LGG乳酸菌 世界で最もといってよいほど使われている菌。乳酸菌がトクホとして扱われるようになった最初の菌で、アレルギー改善や感染症・インフルエンザ・ノロウイルス・ロタウイルス予防など多くの効果がある。 お腹がGG!、Wの乳酸菌など多数
ブルガリア菌2038株/LB81乳酸菌 腸内環境を改善する効果がある。 ブルガリアヨーグルトシリーズなど
乳酸菌シロタ株 ヤクルトが開発した世界的に活用されている菌で、がん、感染症、アレルギーの予防など多くの効果があるとされる。 ヤクルトやソフール、ジョアなどヤクルトの製品
サーモフィラス菌1131株/LB81乳酸菌 ヨーグルトの世界的な産地ブルガリアから輸入されている。腸内環境を改善、免疫力向上の効果がある。 ブルガリアヨーグルトシリーズなど
ヘルベティカス菌CM4株 睡眠、高血圧予防 ビフィズス菌・Bifix
B.ブレーべ・ヤクルト株(ビフィズス菌BY株) 生きたまま腸に届くので、整腸作用や腸内環境を改善する。腸内環境を改善すれば美肌効果もある。 ミルミルなど
ビフィズス菌BE80株 腹部膨張感の改善、過敏性腸症候群の改善する効果がある。 ダノンビオなど
KW乳酸菌KW3110株 キリングループ開発乳酸菌。生きたままの菌だけでなく死んだ菌でもアレルギー改善に効果が期待できる。 プラズマ乳酸菌など
ビフィズス菌・Bifix 生きたまま腸まで届いて増殖するのも早い。グリコ社がヒトから発見したことで知られる。メタボの改善効果がある。 朝食Bifixなど
TMC0356株 高梨乳業が開発した菌。アレルギー改善や花粉症に効果がある。 Wの乳酸菌
クレモリス菌FC株 カスピ海ヨーグルトの菌。中性脂肪・コレステロールの低減 カスピ海ヨーグルト
ビフィズス菌BB536株 NK細胞活性化や大腸ガンの予防 、コレステロール値の低下作用 /インフルエンザ対策 、花粉症予防・症状改善、大腸菌0-157対策。森永乳業が発明した世界中で利用されている菌。 ビヒダスなど
L-55株 アレルギー改善や感染症予防に効果がある。 たっぷり生乳ヨーグルト
HSK201株 アレルギーの改善、花粉症改善・予防に効果が期待できる。 HSK201など

これらの効果をさらにしっかりと感じるためには、食物繊維やビタミンなど他の栄養素も必要だということです。

ビフィズス菌と乳酸菌は異なる?

ビフィズス菌や乳酸菌には、腸内環境を酸性に改善してカルシウムなどの吸収を良くする効果や整腸作用が期待できます。美容にも良いビタミンB群やビタミンkを産生するものや、カルシウムなどミネラルの吸収をよくするものもあります。ビフィズス菌などには、株によって効果のほどは異なりますが、様々な作用があります。

さらに、通常、ヨーグルトじたいにもカルシウムが100gあたり120mgほど入っていますが、特に、ビフィズス菌BB536株とカルシウムを同時摂取すると、骨を強くする効果が高くなるそうです。また、最近の研究では、乳酸菌とビフィズス菌は別のものだということです。乳酸菌は人の体全体に散在していますが、ビフィズス菌は腸から下の部位にのみ存在しています。

そのため、腸内を酸性に改善するので生きたまま腸に届くのが理想だそうです。生きて腸に届くと有用に働く菌もあれば、死んだ菌でも何かの効果があるものもあります。ダイエットなど目的があれば、買う前にそういった菌の性質を知っておくことも大切だという事です。

ヨーグルトは「一石二鳥」?

成人女性のカルシウム摂取目安量は、1日600㎎から700㎎といわれており、骨を強化することで、筋肉とのバランスが良くなって、姿勢や骨盤の形状が保てます。さらに、血行やリンパの流れも阻害されずに老廃物を排出しやすくなり、他の栄養分も行きわたりやすくなります。また、カルシウムには精神を落ち着かせる効果があるので、ダイエット中のイライラ解消も期待できそうです。

これらの効果を促進するためにはビオチンという栄養素があると効率的だと言われています。ビオチンはインターネットやドラッグストアなどでサプリメントとして手に入れることもできます。

ヨーグルトはいつ食べるべき?

ヨーグルトに含まれる乳酸菌などは、よく食後に摂取するのが効果的だと言われています。理由は、食後は胃酸が薄まるので、胃酸に弱い種類の乳酸菌でも生きたまま腸まで届くことができるからです。また、ヨーグルトに含まれる菌によっては、生きたままでなくても効果がある菌もあります。そういったものは、朝起き抜けなどいつ食べても良いという事です。

賞味期限は?

また、ヨーグルトの賞味期限ですが、製造から15日から18日ほどのものが多いです。そのため、まとめ買いができ、毎日のように継続しやすいのがうれしい点です。ただ、ヨーグルトは買いだめするとついつい期限切れになってしまうという人も多いと思います。

ヨーグルトはそもそも発酵されているので、賞味期限を過ぎると翌日に腐るというわけではなく、実際にいつまでなら食べて良いのかと思う人は実は多いようですが、生ものですので賞味期限内に食べましょう。さらに、開封後は2日から3日以内には消費しなければならないようです。

もし余ったら、料理に使うという方法はありますが、1人暮らしの人や少しずつしか食べないという人は、カップ入りのものや飲み切りタイプのものを買うのがおすすめです。

乳酸菌をサプリメントで補おう

毎日ヨーグルトダイエットが続けられるか心配な方には飲むだけで乳酸菌が摂れるサプリメントがおすすめ!カプセルタイプだから、効率よく腸まで菌を届けることができます。

ヨーグルトの食べ方は様々?

以前は、リンゴ入りやブルーベリー、イチゴなどフルーツ入り、ナタデココ入りなどフルーツ系のものが多かったですが、最近は、チーズケーキやバニラなど様々なフレーバーが出て人気です。フルーツと組み合わせたりドリンクにしたり、1回で飲みきりサイズなら職場で飲んだり、余ったら料理に入れたりして、様々な楽しみがあり、飽きずに続けられるのではないでしょうか。

口コミでは、気に入ったものは、毎日食べているという人や、まとめ買いして切らさないようにしているという人もいます。このようにして、楽しく続けるためには自分に合ったヨーグルトや食べ方を探していくのもおすすめです。

ヨーグルトおすすめランキング第13位:タカナシ おなかへGG!

また、デンマークの菌を使って福島乳業株式会社が製造し、株式会社デンマークヨーグルトが販売しています。輸入した3種類の乳酸菌を用いて作っているのだそうです。原材料は、生乳、乳製品、グラニュー糖です。500㎎入って2個で780円ほどとなっています。

高梨乳業のおなかへGGというヨーグルトには、LGG乳酸菌が140億個含有されていて、腸の善玉菌を増やして悪玉菌を減らすといわれています。LGG乳酸菌というのは世界的にも話題の菌で、その整腸作用が優れているという研究結果はたくさん報告されていますし、効果も実証されているようです。特に、製品の基準が厳しいヨーロッパなど世界50ヶ国以上で商品化されています。

日本では、高梨乳業だけが製品化しているそうです。また、高梨乳業の特定保健用食品で、地域は限られますが、インターネット通販でも取り扱っています。原材料は、生乳、脱脂粉乳、砂糖、クリーム、ゼラチン、果糖、寒天/安定剤(ペクチン)、香料などで、美味しいと評判のヨーグルトです。

ヨーグルトおすすめランキング第12位:デンマークヨーグルト

デンマークヨーグルトは飲むタイプと食べるタイプがあります。両タイプとも加糖ヨーグルトのみでしたが、食べるタイプでは、最近、プレーンタイプも新発売になりました。ダイエット中の人やお好みの味付けを楽しみたい人にはプレーンタイプが良いでしょう。

さらに、特定保健用食品で、デビフィズス菌を含むので、生きたまま腸まで届いて善玉菌の増加と悪玉菌の減少に効果があります。特に、味が美味しいのが人気の理由です。

ヨーグルトおすすめランキング第11位:ジョアプレーン

ジョアは1回飲み切りタイプのカップに入ったヤクルト社の乳酸飲料で、飲むヨーグルトになっています。ヨーグルトを食べたりその食感などが苦手だという人も、まろやかで飲みやすい商品になります。さらに、飲むタイプのヨーグルトで、小さなカップに1回分ずつ入っているので朝の忙しい時でも手軽にさっと飲めます。

さらに、同じヤクルト社の商品のヤクルトのように、ジョアプレーンも、地域は限られますが、自宅や職場に届けてもらうこともできます。また、ジョアプレーンは、世界中で愛飲されているヤクルト同様、L.カゼイ YIT 9029という乳酸菌のシロタ株が配合された特定保健用食品として認可されています。菌が生きたまま腸まで届くので、高い整腸作用や便秘改善への効果が期待できます。

スポンサーリンク

ヨーグルトおすすめランキング第10位:BIFIX / ビフィックス

上戸彩さんが出演しているテレビコマーシャルで知られるビフィックスシリーズは、腸内環境を整えるビフィズス菌を配合しているヨーグルトのシリーズです。

高濃度ビフィズス菌飲料の他、アロエヨーグルトや脂肪ゼロタイプ、ブルーベリー、ストロベリー、美容に良いとされるスーパーフードのザクロを取り入れた白桃&ザクロ、加糖タイプやフルーツタイプもあります。地域限定ですが、甘くないプレーンタイプもあり、シリアルや料理にも使えます。

このヨーグルトに入っているビフィズス菌は、グリコが持っている1万株ほどの菌の中から腸に生きたまま届くだけでなく、お腹の中で増殖する菌を採用しているそうです。通常、ビフィズス菌の数をヨーグルトで補うだけのイメージですが、このヨーグルトでは加齢やストレス、運動不足や偏った食生活で減っている体内のビフィズス菌の数を増やせるのが特徴です。

ヨーグルトおすすめランキング第9位:カゴメ・植物性乳酸菌ラブレ

日本人は昔から乳酸菌を食べてきたといいます。ただ、羊ややぎ、牛のミルクの乳酸菌ではなく、植物からとれる乳酸菌です。ラブレは、「すぐき」という京都の漬物から発見された乳酸菌で、植物性であることが特徴です。腸にも優しく、乳酸菌としての働きも腸内で確認されているので安心です。植物性乳酸菌も、腸に届くまでに胃酸によって死ぬことなく腸まで届く強い性質を持っています。

カゴメ社の研究によると、動物性乳酸菌よりも植物性乳酸菌の方が生命力が強いとされています。さらに、ダイエット中も飲みやすい砂糖不使用タイプもあります。カロリーが気になる場合は、Light(ライトタイプ)、甘い味付けが不要な場合はプレーン、また、鉄分を補えるLightのプルーン味、リンゴ味があります。様々な年代の女性におすすめです。

また、リニューアル後においしくなったと評判ですが、味の秘密は、高密度発酵という製法にあります。この製法に変えてから、ラブレ菌だけを発酵できるようになったので、菌の培養中に生じる雑味が取り除かれて、味がすっきりしたそうです。賞味期限もヨーグルトの賞味期限は通常2週間ほどですが、29日間にもなるそうです。

ヨーグルトおすすめランキング第8位:小岩井生乳100%ヨーグルト

カフェオレなどで人気の小岩井社が生乳にこだわってつくっているヨーグルトですが、まず、味がおいしいので人気です。さらに、成分にもこだわりがあり、腸内環境を良くするといわれている活きたビフィズス菌、BB-12が使われていてお腹の調子が整います。「長時間前発酵製法」という、長時間にじっくりタンクで発酵させる特殊な技術が用いられています。

さらに、生乳100%なので、なめらかな舌ざわりになっており、一部のヨーグルトのざらついた食感が苦手な人もおいしくいただけそうです。また、主な原材料も生乳だけですので、味も生乳そのものが生きたおいしさで、ヨーグルトの酸味が苦手な人でも食べられるまろやかな仕上がりです。

小岩井の商品ならではのヨーグルトともいえます。また、値段は1個150円ほどで、大手オンラインショップでも購入できます。

ヨーグルトおすすめランキング第7位:おなかにおいしいヨーグルト

おなかにおいしいヨーグルトプレーンは、お菓子のメーカーでおなじみの協同乳業の商品ブランド「メイトー」より販売されていて、美味しいと人気のヨーグルトです。ヨーグルトの種類は発酵乳ヨーグルトで、中に生乳が50%以上使われているので、味が滑らかなプリンのような食感で、スイーツ感覚で楽しめます。

また、成分は、腸まで生きた状態で届くという乳酸菌、生存型ビフィズス菌LKM512が配合されているので、整腸作用が期待できます。しっかりと腸内環境を整えてすっきりしたい、また、美味しいヨーグルトを食べたい人におすすめのヨーグルトです。

ヨーグルトおすすめランキング第6位:濃くておいしいヨーグルト

人気の食品が多い明治の製品ですが、こちらは明治ブルガリアシリーズの「濃くておいしいヨーグルト」です。特にバニラ味のヨーグルトが人気のようです。アマゾンなどのオンラインショップでも購入できますが、一時品切れになるなど、とにかく大人気でおいしいと評判です。カロリーは139キロカロリーで、ダイエット中のスイーツとしても満足できそうです。

ギリシャヨーグルトほどではありませんが、スプーンですくっても流れない、レアチーズケーキやカップのアイスに似た食べごたえや固さで、ヨーグルト特有のどろどろしたところがありません。病みつきになって、毎日3回食べているという人もいます。

ヨーグルトは、ヨーグルトの本場ブルガリアの乳酸菌を使って発酵させたそうで、牛乳のおいしさがたっぷりと感じられます。他に、青いパッケージのプレーンタイプや、レモンピール味、レアチーズ味などおしゃれで高級感もあるヨーグルトシリーズになっていますが、シリーズ全体を通して味が濃厚です。売り切れが続出しているので、見つけたら試してみてはいかがでしょうか。

ヨーグルトおすすめランキング第5位:メグミルク・恵 ガセリ菌SP株

テレビのコマーシャルで向井理さんが宣伝しているので知られていますが、成分の効果が高い機能性表示食品で、特に内臓脂肪を減らす効果があるといわれているガセリ菌SP株が10億個入ったヨーグルトです。糖質4.8gで脂肪や砂糖は不使用なのでダイエット中の人にも人気です。さらに、値段が1個税別105円なのでお安く毎日続けられそうです。

ヨーグルトおすすめランキング第4位:パルテノ

森永乳業のギリシャヨーグルト・パルテノは、コンビニやスーパーで大人気の美味しいヨーグルトです。便秘や腸内環境を改善する効果だけではなく、通常のヨーグルトの3倍という高たんぱく、1個100キロカロリーという低カロリーであるのも特徴で、ダイエットに最適なのです。

もう一つの特徴は、その食感で、スプーンですくった時に流れないほどの固さですが、とてもまろやかです。さらに、酸味が押さえられていて、ヨーグルトの酸味が苦手な人でもスイーツ感覚でおいしく食べられます。

ギリシャヨーグルトは2000年以上前にギリシャで羊やヤギのミルクの保存食として作られ始めました。栄養価の高い長寿の薬としてそれ以来、アクの少ない牛乳で作られるようになってから遊牧民によって広がったそうです。パルテノは日本で初めてのギリシャヨーグルトになります。ミルクを温めてからすぐに発酵させるのではなく、ここで水を切る「水切り製法」が特徴です。

水きりによって、ホエイや乳清というヨーグルト特有の水分がなく、濃厚でクリーミーになるそうです。水分の代わりにタンパク質が多くなっているので、置き換えダイエットでも使用できそうです。筋肉を作るために必要なタンパク質といえば、肉や魚、卵のイメージかもしれませんが、パルテノでも多く取ることができるという事です。

また、地元では昔から肉や魚料理にかけて食べることが多いようです。パルテノのホームページにも、パスタやオムレツ、スイーツなど様々なレシピが公開されていますので、参考にしていただければ幸いです。

人気の、はちみつシロップが添付されている「はちみつ付き」は、カロリーが79キロカロリーではちみつシロップが23キロカロリーです。その他、ラズベリーソース付きや贅沢カシスソース付き、ブルーベリーソース付き、ピーチソース付き、プレーンなどの種類があります。

ソースと合わせても100キロカロリーほどなので、スイーツを食べるよりもカロリーがだいたい半分以下になります。それなのに、3倍濃縮なのでスイーツ並みにしっかりと味わえるようになっているのです。

ヨーグルトおすすめランキング第3位:ダノンビオ

以前から大人気のダノンビオがリニューアルで登場し新たなダイエットスタイルを提案したと話題です。海外では、アクティビアという名前でその国に愛される味で製造されていますが、すでに70か国に広まっており、世界ナンバーワンの売り上げだと言われています。

ダノンビオには、発酵乳から分離されたBE80という高生存ビフィズス菌が使われています。ビフィズス菌は生きて腸に届くことで腸内環境を整えたり便秘を改善したりする作用があり、大腸に届く途中の胃酸や小腸の殺菌力で死んで効果がなくなるものもありますが、ダノンビオのビフィズス菌は、20年にわたる研究により、高生存で腸に届くビフィズス菌になっているのです。

さらに、BE80は大腸の中で代謝する機能を高めてくれますので、脂肪を燃焼したり痩せやすい体質に変えていくこともできます。 特に、プレーン・加糖・脂肪0などがダイエットにはおすすめです。

プレーン・加糖の特徴は?

さらに、乳製品でおなかの具合が悪くなってしまっては、ダイエットはうまくいきませんが、ダノンビオのプレーン・加糖タイプは、お腹に優しいのが特徴だといいます。ガスがたまったり、ゴロゴロいったり、なんとなく痛い気がするといったお腹の不調を抑えてくれるのです。

また、これからも、様々な種類のダノンビオ商品にこの機能が入っていくという事で、味やタイプを楽しみながらダイエットを継続できるかもしれません。

ダノン・ラインナップ

ダノンビオには世界に通じる様々な商品ラインナップがありますが、季節商品やフルーツ系も確かな品質で人気です。どれも、人工甘味料や着色料を使っておらず、本物の味で安心です。

ラインナップの一例では、季節限定の和柑橘、厳選セレクションでは完熟ストロベリー、旬積みブルーベリー、ジューシーアロエ、フレッシュ&ドライいちじく、もぎたて白桃、芳醇マダガスカル産バニラ、マンゴー&マンダリン、洋梨フルーツミックス、ほんのりセレクションではリニューアルされたシチリア産レモンがあります。

その他、プレーン・砂糖不使用タイプや、脂肪0・プレーン・加糖、脂肪0・プレーン・砂糖不使用タイプ、レタス2分の1個分の食物繊維が入ったドリンクタイプのファイバーイン・ 脂肪0・プレーン・加糖、ファイバーイン・脂肪0・ブルーベリーなどがあります。自分に合った味を探して楽しみながら、ダイエットができそうです。

ヨーグルトおすすめランキング第2位:森永・ビヒダスBB536

森永乳業の美味しいヨーグルトで定番商品です。ビフィズス菌BB536は腸まで生きて届く性質を持つので、便秘の改善や腸内環境を改善する効果があります。特に、ダイエットしたい女性に人気の脂肪0タイプは、400g入りで200円ほどとお安く継続しやすいです。他にも「とろっと仕立て」や機能性表示食品の飲むヨーグルト、加糖タイプや4パック入り、フルーツ系やはちみつ味などの商品があります。

ホームページには商品を使った料理が紹介されていますが、サラダやパスタ、スイーツなど取り入れやすいものばかりですので、ヨーグルトが苦手な方も参考にしていただければ幸いです。

ヨーグルトおすすめランキング第1位:明治・ブルガリアヨーグルトLB81

ヨーグルトの伝統を受け継ぐブルガリアの菌を使用して40年、信頼を得続けている明治ブルガリアヨーグルトは、多くの年代に愛される定番商品です。ヨーグルトの種類は発酵乳で、商品名にある「LB」とはLactic Acid Bacteriaの略で乳酸菌を意味するそうです。さらに、「81」とは使われている菌株でブルガリア菌2038株とサーモフィラス菌1131株のからとられたそうです。

LB81株が入った商品には、プレーン、そのままおいしい脂肪0プレーン、低糖、なめらかリッチ、プレーン贅沢クリーミー生乳100があります。いろいろ選べてダイエットも楽しめそうです。ここでは、口コミをご紹介します。

  • 値段が安くて経済的で、リピしやすい。
  • きなこやはちみつと合わせて食べている。
  • 腹もちが良い。
  • フルーツ系やはちみつ味など様々な味をたくさん食べている。
  • 砂糖は入れずに、フルグラと混ぜている。
  • おいしくて大好き。
  • 花粉症やアレルギーの時もこれをたべることで回復する。
  • ヨーグルトに2割から5割量ほどの砂糖水やオレンジジュース、紅茶などを混ぜて置き換えダイエットしている。
  • 顔や体のパックにも使える。ヨーグルトそのままでパックしたり、キュウリやスイカ・メロンの皮の白い部分をすりおろして混ぜたもの、卵と混ぜたものをパックとして使うと、日焼け後にもクーリングでき、刺激もなく、快適に使える。しばらく乗せておき、軽くこすると角栓がとれて翌朝の肌がワントーン明るくなるところも気に入っています。入浴剤としても使える。

様々なヨーグルトを試して自分に合ったものを見つけよう

ヨーグルトおすすめランキングはいかがでしたか。ヨーグルトの菌には様々なものがあり、目的によって選べることが分かります。さらに、健康に良いとされる他、味も美味しくなっており、楽しみながらダイエットができそうです。自分に合った成分や味を探したり、料理に入れたりして、ダイエット中にもいろいろ楽しんでみてはいかがでしょうか。

人気記事