Medium 8d121d1d5a9a8197

生理前にダイエットを効果的に行う方法!豆乳がおすすめと言われる理由は?

生理後半から排卵日までは比較的体重が落ちやすい時期。この時期に順調に体重を落としていったのに、生理前になると体重が落ちにくいうえに、月経前症候群などのイライラによってついつい甘いものを食べてしまいがち。そんな時おすすめなのが豆乳を使ったダイエットです!

カテゴリー:その他ダイエット法  作成者:0yuri0  投稿日:2018/01/12

目次

生理前にダイエット?

C5e9b12439441b6c

生理前にダイエットをするなんて、一番体重が落ちにくい時期なのに何故、と思われるでしょう。この方法は、生理周期を上手に使ってダイエットする方法なのです。生理後半から排卵日にかけては、痩せやすいうえにお肌の調子も整う時期。逆に、排卵後から生理前にかけては、お肌の状態も崩れがちでイライラも起きやすく、太りやすい時期と言われています。

ストレスの原因にもなることから、生理前はダイエットを中断して、できる限り体をいたわるようにした方が良いと言われています。しかしこの生理前ダイエットでは、生理前のホルモンバランスの乱れが起きている期間を上手に利用することで、生理前ダイエットを効果的に行うことができるのです。

ここで注意が必要なのですが、このダイエット方法を利用することで体重が一気に落ちてしまうわけではありません。逆に、一気に体重が落ちてしまうと、胸やお尻の脂肪も落ちてしまい、女性らしさが減ってしまいます。このダイエット法で効果が表れるのは、生理が終わった後になります。生理前ダイエットを行うことで、痩せやすい生理後の時期を効果的に過ごしましょう。

生理前に太りやすく痩せにくい理由

B1d56f3440000422

排卵が終わってから生理が来るまでの期間は、非常に太りやすくダイエットの効果が表れにくいうえに、痩せにくいと言われています。女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンが存在しています。この女性ホルモンが、生理前に太りやすく痩せにくいダイエットの妨げとなる原因を作っています。

エストロゲンの効果は女性らしい体を作り出したり、肌や髪の毛などの艶を保つなど、女性にとっては欠かせないホルモンです。エストロゲンが多く分泌されるのは、生理が終わってから排卵日がくるまでの期間です。生理前と打って変わり、痩せやすいのが生理後と言われていて、ダイエットに最適な期間がこの時期です。このホルモンが分泌されている間により効果的なダイエットを行うことができます。

プロゲステロンというホルモンは女性が妊娠の準備をしたり、妊娠を継続させるために必要なホルモンなのですが、これは排卵日が過ぎてから生理前までの期間に多く分泌されています。要するに、母親となるための準備として必要なホルモンとなるのですが、これによって体に脂肪をため込みやすくなり、また水分も増えるためむくみが出やすくなります。ダイエットをしても効果が出にくいホルモンです。

それだけではなく、プロゲステロンはイライラなどの悪い症状をもたらす作用があります。イライラしたり、疲労を感じたりしやすくなるということですね。そうしたストレスを抑えるために、脳が勝手に指令を出します。ストレスを抑えるために糖分をとるように促してしまうのです。そのため、生理前に多く分泌されるプロゲステロンの効果によって、太りやすく痩せにくい時期になると言われています。

何日前から太る?

6b6ad48d0d49d566

では、生理前のいったい何日前から太りやすくなってしまうのでしょうか。生理周期の個人差にもよりますが、だいたい28日周期と考えた時に、生理前の10日~14日程度の期間は非常に痩せにくく、ダイエットの効果が出にくい時期となります。逆に、生理が終わってから排卵が来るまでの10日~14日程度の期間は痩せやすいダイエットに効果的な時期と言えます。

生理前の10日~14日程度の期間はダイエットには不向きと言われていて、特に脂肪や水分などを蓄えやすい体となってしまいます。そのため、順調に続けていたダイエットを一時中断してしまうため、さらに太りやすくなってしまう、憂鬱な生理前の期間なのです。太りやすい生理前の期間に過剰なダイエットは控えましょう。

生理前に分泌される黄体ホルモンが原因

114152098eeaa2a2

生理前に分泌されるホルモンの影響で、妊娠の準備や妊娠の継続に必要な働きをするとご説明しました。この黄体期はまさに、受精卵を迎える準備を整える期間なのです。こうなると、少しでも多くの栄養素を蓄えようとします。特に、生理前の1週間程度の期間が蓄えやすい時期と言われています。

何故栄養素を蓄えやすくなってしまうのでしょうか。この時期に妊娠を望んだ場合、仮に卵子が受精したとします。この時、女性の体に十分や栄養素が蓄えられていなかったり、水分が不足していたりすると、妊娠することができにくくなるのです。そのため、妊娠をスムーズに進めるために、生理前には栄養素を蓄え、水分をもため込もうとするのです。

栄養素を蓄えるためにはダイエットは不要ですよね。また、水分を欲するのであればある程度の食事をとらなければなりません。これらの要因から、生理前になると食欲が増してダイエットを中断しなければならなくなったり、水分のたくわえによってむくみが出やすくなるのです。生理前に太りやすい原因はまさにこれですね。太りやすい生理前の現象にはこうした女性ならではの原因があったのです。

なぜ精神的に不安定になりやすいの?

Ca5b2ff1ab17c554

生理前になると起こる精神が不安定な状態を月経前症候群(PMS)と呼ぶ場合があります。これは、排卵日が過ぎてから、生理前までの期間で体調不良や精神的に不安定になるといった症状がでるという病です。これにかかると、個人差はありますが、かなりイライラが増したり、気分の落ち込みが激しくなったりしてしまいますが、生理が来ると何事もなかったかのように治ってしまいます。

PMSの原因ははっきりとは解明されていません。とある説によると、排卵日が過ぎてから生理前までの期間に多く分泌されるプロゲステロンが影響されているから、と言われています。黄体ホルモンが急激に増えてしまうため、生理前になると体がついていけないのが原因ではないか、との見解のようです。

プロゲステロンという黄体ホルモンの作用には脂肪や水分をため込みやすいと説明しましたが、生理前に気分が落ち込みやすいことや、イライラしやすくなるといったよからぬ作用を持っています。生理前のイライラは個人差がありますが、一生付き合っていくものですから、自身での対処法を探し出すのも重要ですね。

豆乳は女性の強い味方!

78595df8f56342a6

生理前ダイエットを行うのに欠かせないのが豆乳です。この豆乳が生理前には欠かせない、効果的なダイエットを行うために必要なものなのです。豆乳に含まれる大豆イソフラボン、サポニン、ビタミンB群などなど豊富な成分が含まれていて、それらは生理前ダイエットに非常に効果的なんです。生理前におすすめな豆乳ダイエットのやり方をご紹介します!

生理不順の緩和

Ab99f0d43bb85a80

豆乳には、大豆イソフラボンといった成分がふくまれていますが、この大豆イソフラボンは、女性ホルモンに非常によく似た働きをしてくれます。女性ホルモンの分泌が崩れることによって引き起こされる生理不順ですが、この大豆イソフラボンを生理前に効果的に摂取することによって、生理不順を緩和させやすくしてくれます。

ホルモンバランスが整う

E3783bfb762566f8

ホルモンバランスが乱れることで、様々な体の不調が表れます。生理不順だけではなく生理前のイライラがひどくなったり、ダイエットの効果が薄れてしまったりと、あまりよくないことばかりになってしまいます。漢方やサプリメントでも補うことができますが、多少割高になってしまいますよね。

そんな時活躍するのが、豆乳なのです。大豆イソフラボンは体内に取り込まれると、エストロゲンと同じような働きをしてくれます。大豆をそのまま食すよりも、飲料として摂取したほうが体内に取り込みやすくなります。女性ホルモンエストロゲンと同じ働きをしてくれることで、ホルモンバランスを整える役割を果たしてくれます。ダイエットにも効果的です。

生理前に飲む事で暴飲暴食の軽減効果も

9959c772299ebb9e

生理前に乱れてしまうホルモンバランス。これのせいで生理前にダイエットをしても、暴飲暴食してしまいがちになり、ダイエットが中断されてしまいます。暴飲暴食が起きやすい生理前に豆乳を飲むことで、ホルモンバランスを調整します。こちらも、大豆イソフラボンの働きが女性ホルモンの代用となりますから、生理前の暴飲暴食を防止し、ダイエットの継続にも効果的なのです。

生理前の豆乳ダイエットの行い方

6eaded190597d333

生理前に行う豆乳ダイエットはとってもお手軽で、簡単に始めることができます。特に、生理前の一週間に豆乳を飲むことで効果を発揮しやすくなります。生理前の一週間程度の期間に毎日豆乳を飲むだけという、だれでも簡単に始められる方法なのです。飲み方や、豆乳の種類、量にも注意が必要です。

無調整豆乳を選ぼう!

スポンサーリンク

8a5348b14777eeb6

豆乳には、甘みのある美味しい調整豆乳と、甘みが少なく大豆の味がしっかりしている無調整豆乳、豆乳飲料の3種類が主に存在しています。豆乳が入っているのだから、どれでも良いのでは?そう思った方、飲みやすい調整豆乳を選びがちですよね。しかし、調整豆乳や豆乳飲料は飲みやすい分、糖分が多く含まれているため、生理前ダイエットにはあまり向いていません。

また、味等を調整していることから、含まれている大豆イソフラボンなどの成分も無調整豆乳に比べると少なくなっています。生理前ダイエットに効果を期待するのであれば、余計なものを含んでいない無調整豆乳を飲むのが一番効果的です。飲む量も決められているので、できる限り効果を発揮するためにも、生理前ダイエットでは無調整豆乳を選ぶと良いですね。

どれくらいの量飲むと良い?

C38eac50da313f9b

たくさん飲めば、たくさん成分が吸収されるから、生理前ダイエットの効果を得やすい?それは間違いです!1日の豆乳の摂取目安量は200mlと決まっています。これを超えるほどに飲むのはおすすめできません。豆乳に含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをするのは確かですが、過剰に摂取することで、生理不順や生理出血の増加といった働きをしてしまう場合があるためです。

また、日本人は豆腐や納豆などを日常的に摂取しやすい傾向にあるため、そこで豆乳を飲みすぎると、過剰摂取となってしまいます。生理前ダイエットのためとはいえ、体に不調をきたしてしまうため、飲みすぎには注意しましょう。豆乳の働きに体が慣れてしまうと生理前ダイエットの効果が薄れてしまいますから、生理がきたら豆乳を飲むのを中止すると、生理前ダイエットがより効果的になります。

生理前に行なってはいけないこと

6758fdf0f6b861e1

生理前になると、体の不調が現れたり、女性ホルモンの乱れが起こったり体にとっては良くないことだらけです。生理前にダイエットをしたいのは大変理解しているのですが、生理前にはやってはいけないことがいくつかあります。生理前だからこそ、気を付けなければならないことです。生理前には注意しなければならないことがあり、とても重要なことですから、理解しておきましょう。

断食はしない

4ffe1b60309abf52

生理前のダイエットでやってはいけないのが、プチ断食です。生理前はただでさえダイエットに向いていない、太りやすい期間です。この時期にプチ断食を行っても、効果は半減してしまいます。生理前は水分をため込むようになっているので、頑張ってもなかなか体重は減りません。生理前ダイエットに、プチ断食は向いていませんし、体調不良の原因にもなりますから、やらないようにしましょう。

糖質の過剰摂取に注意

710d3e95366f7bbb

生理前ダイエットでは糖質の過剰摂取にも注意しましょう。月経前症候群の症状が出ている生理前に糖質を過剰に摂取してしまうと、症状が悪化する原因ともなってしまいます。眠気や疲労感などが増してしまい、通常よりもイライラしやすくなってしまいます。生理前や生理前ダイエットの最中に糖質をとりすぎないように心がけましょう。

生理後も痩せない…そんな方は

D73be62b32bef234

生理前から一転、生理後は痩せ期ともいわれていて、黄体ホルモンの分泌が徐々に減っていきます。生理前に起こりやすいむくみや、増えてしまった体重を消化しやすい時期です。生理後にさあダイエット、と思ったのに、なぜかなかなか痩せない、食欲が治まらない、こんな時はいったいどうすればよいのでしょうか。

食べ過ぎはNG

07bd20e7aa793355

生理前は月経前症候群などによって気分が落ち込みがちで、やる気がでなかったりしますよね。そんな状態だからあまり食欲もわきませんでした、という方、生理が終わってからその反動で食べ過ぎてしまうことがあります。ダイエットしなきゃと思うと余計に食べてしまうという方も多くいます。ダイエット中の食べ過ぎは誰しもが悩み、通る道なのです。

生理前とは違って、ダイエットしやすい時期だし、少しくらい多めに食べてもいいのでは、糖質も制限していたから少しくらいいいのでは、このような考えから食べ過ぎになってしまいがちです。食べ過ぎてしまえば、当然消費カロリーが追い付かなくなり、体重の増加につながってしまいます。ダイエット中の暴飲暴食には注意を払いましょう。

生理後にも豆乳や大豆商品を食べよう

2cfe6a40aa0772bc

生理前に豆乳を飲めば、生理後のダイエットをよりしやすくしてくれる効果があります。体にため込もうとするのを防いでくれるので、生理前の豆乳ダイエットは非常に効果的です。しかし、生理後もぜひ豆乳や大豆製品を摂取し、効果的にダイエットを継続していきましょう。

豆乳は、大豆たんぱくが含まれているので、生理後のドカ食いを防いでくれますし、便秘も改善してくれます。生理前だけではなく、生理後にも女性にとってうれしい活躍をしてくれるのです。生理後も継続的にダイエットを行うならば、生理前と同様に豆乳を毎日飲み続けるのがダイエット成功の秘訣です。

女性に嬉しい飲み物紹介

34b76deb56f52a9c

太りやすく不安定になりやすい生理前を終えれば、ようやく気持ちが上向きになる生理後の期間がやってきます。生理前とは違ってとても痩せやすい体になっているこの時期に、ぜひ継続的にダイエットを行っていきましょう。ダイエットにもってこいの生理後、お勧めの飲み物をご紹介します。もちろん生理前にも飲むことができる、お勧めのダイエット食品です。

ベルタ酵素ドリンク

生理前にため込んだ余分なものを落としたい、そんなときは生理後のダイエットに限りますね。お勧めの飲みものが、ベルタ酵素ドリンクです。朝昼晩のいずれかをベルタ酵素ドリンクに置き換えすれば、ダイエット効果は絶大です。また、美容成分も配合されていますから、生理前に荒れてしまったお肌をきれいに保ちます。

美容液シェイク

たんぱく質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル、食物繊維といった栄養がしっかり配合されていますが、それでいて1食が165キロカロリーと非常に低いのです。生理前に上手に摂取できなかった糖質なども、ここで補うことができます。また、ピュアコラーゲンが4000mgも配合されていて、生理前に増えてしまったニキビなども、きれいに対策していってくれます。

生理前にダイエットを効果的に行う方法!豆乳がおすすめと言われる理由まとめ

22528e1241ea360f

痩せにくく気分が不安定な生理前、いかに太りやすいと言われていても、女性であればきれいでいたい、そんな思いから、生理前と言えど無理なダイエットをしがちです。でも過剰な生理前ダイエットは、かえって気分の不調や、その後の生理の状態を悪化させてしまう原因となります。

生理前に太りやすく、生理後に痩せやすいのは、女性特有のホルモンバランスの乱れが関係していることがお分かりいただけたと思います。生理前の乱れたホルモンバランスを整えるために、豆乳に含まれている大豆イソフラボンが最適なのです。女性ホルモンと似た働きをしてくれますから、生理前の不調をしっかりと整えてくれますし、生理後の痩せ期を効果的に過ごすことができます。

生理前だからと言ってダイエットを無理に行ったり、あきらめたりしなくても大丈夫です。豆乳や大豆製品を効果的に摂取して、続けやすいダイエットを駆使して、生理前も生理後も変わらず美しい自身の体を保ちましょう!

人気記事