Medium 70e55ef23d5d8100

レギンス入浴ダイエットの効果的なやり方!正しい方法と痩せるコツを紹介

食事制限をしても運動をしても、なかなか足が痩せない。そんな辛い思いをしていませんか?そんな時、試してほしいのはレギンス入浴ダイエットです。足痩せダイエットで注目されているダイエットです。どんなダイエットなのでしょうか?正しい方法やコツは?詳しく調べてみました!

カテゴリー:ダイエット商品  作成者:しい  投稿日:2018/01/07

目次

レギンス入浴ダイエットとは?

レギンス入浴ダイエットとは、着圧効果のあるレギンスを履いたまま、お風呂のお湯に浸かるというダイエット法です。中村アンさんが行っていた事でも有名で、着圧効果のあるレギンスを履いてお湯に浸かり、マッサージすると足のむくみが取れるというダイエット法です。

レギンス入浴のダイエット効果

レギンスを履いたままお風呂のお湯に入る「レギンス入浴ダイエット」のダイエット効果には、どんなものがあるのでしょうか?

むくみ解消

まずは、むくみ解消です。私たちは、普段、立ったり座ったり寝転んだりと生活していますが、ただそれだけで、下半身がむくんできます。むくむとは、血液の流れが悪くなっがり、リンパが詰まったりして、スッキリしない状態の事です。

下半身がむくんでいると、太って見えてしまいます。その生活によるむくみを、解消してくれるのが、このレギンス入浴ダイエットです。レギンスの圧力とお風呂のお湯の水圧のダブルの効果で、血液の流れが良くなり、リンパの詰まりも解消されて、むくみを解消できる効果が期待できます。

引き締め効果

546a8e54dcf47e04

また、引き締め効果もあります。この引き締めも、レギンスの圧力とお風呂のお湯の水圧の、ダブルの効果のおかげです。膝までの着圧ソックスならふくらはぎ、腰まですっぽり履けるレギンスならウエストまで、引き締め効果が期待できます。

足痩せ効果に全身痩せ効果

9c16e4cc716a798e

また、足痩せ効果に全身痩せ効果も期待できます。足は分かりますが、なぜ全身なのでしょうか。それは、レギンス入浴ダイエットは、血液の流れが良くなり、リンパの詰まりも解消される事から得られる結果です。そうなると、体は新陳代謝が良くなってきます。そうすると、痩せやすい体質に変わるという事です。

新陳代謝が良くなるという事は、痩せやすい体になるという事です。新陳代謝が良いので、太りにくいリバウンドしにくい体になる効果も期待できます。どんどん体質が変わっていきます。痩せやすい体になるという事は、全身痩せにつながっていきます。

美肌効果

D671e3126853223b

そして、嬉しいことに美白効果も期待できます。これもまた、血液の流れが良くなり、リンパの詰まりも解消される事から得られる効果です。肌の代謝も良くなり、美白効果が期待できます。

レギンス入浴の効果的なやり方

レギンス入浴ダイエットには、効果的な正しい方法があります。正しい方法を実践しないと、効果が薄れる事も多いレギンス入浴ダイエットです。では、正しい方法とはどんなやり方なのでしょうか?

レギンスは着圧を選ぶ

この記事の前文にも出てきているように、レギンスは、着圧を選ぶと効果的です。レギンスには何種類かあります。ひざ丈のレギンス、太ももまでのレギンス、腰まですっぽりのレギンス、着圧が無いレギンスや着圧のレギンスです。

着圧が無くても、水圧で血液の流れを良くしてくれる効果は、多少あります。しかし、着圧があった方が、ダブルの効果で血液の流れを良くしてくれるので、効果的に結果が得られます。腰まですっぽり履くレギンスなら、ウエストや太ももにも効果を期待できます。

レギンスの履き方は?

靴下のように、クシュクシュと短くして、レギンスを履いている人がいるのではないでしょうか?履きにくくても、意地で履いて、破れた人がいるのではないでしょうか?靴下のように、クシュクシュと短くして履いて、なかなか履きにくくて、自分には小さいんだと諦めている人がいるのではないでしょうか?

じつは、レギンスの履き方には、正しい方法があるんです。その正しい方法なら、スムーズに着用出来ます。クシュクシュと集めて履くのではありません。正しい方法をご紹介します。

  1. しわが無いように、綺麗にレギンスを伸ばし床に置く
  2. 足のつま先からレギンスへと足を入れる
  3. レギンスの上の部分だけを持つ
  4. そのまま、スーッと太ももの方に引き上げる

えっ!今まですごい力が必要だったのに、今まで入らなかったのに、こんなにスムーズに入るの?というくらい、スルスルとレギンスは足を通してくれます。

レギンスを履くタイミングは?

レギンスを履くタイミングに悩む人もいます。とりあえず、体を洗ってから着圧レギンスを履き、お風呂のお湯に浸かるか、最初からレギンスを履いて、そのままお風呂のお湯に浸かるかです。何が正しい方法かは、その人の環境にもよります。

このレギンスを履くタイミングは、普通、最初からレギンスを履いて、そのままお風呂のお湯に浸かるという方法を取っている人が多くいます。体が濡れてしまうと、レギンスが履けなくなったりするからです。

しかし、そのまま入るなら、お湯は汚れてしまう事は覚悟しましょう。家族で一番最後に入る事がおすすめです。もし、それが無理なら、体を洗って、それからバうタオルで拭き、体を乾かしてからレギンスを履き、その後お風呂のお湯に浸かる方法はおすすめです。

お風呂の温度は?

レギンス入浴ダイエットでは、お風呂の温度も重要です。最も効果的なお風呂の温度は、38~40℃です。この温度が、体の芯から温まる温度となっていて、レギンス入浴ダイエットでも効果的です。

レギンス入浴ダイエットで、血行を良くしたいなら、高めの温度が良いと思う人も多くいますが、高めの温度設定にすると効果が薄れてしまいます。

  • 体の芯まで温まる前に、お風呂から上がりたくなってしまう
  • 熱いお湯だと、肌の潤いを逃がしてしまい、乾燥してしまう
  • 早くのぼせてしまうおそれがある

反対に、38~40℃では、ちょっと高すぎるのではないかと思う人もいます。しかし、低めの温度設定にしても、効果が薄れてしまいます。

  • 温度が低すぎて、体の芯から温まらない
  • 長時間入っているので、温度が低すぎると風邪をひいてしまうおそれがある

38℃でも、湯舟に浸かっていれば、慣れてその温度が低い気がしてきます。ですが、汗をかくなら、体の芯から温まっている証拠です。汗が出ず、寒いままなら、もう少し温度を上げてみましょう。

発汗効果のある入浴剤を使う

更に効果を高めたいなら、発汗効果のある入浴剤を使うのがおすすめです。発汗するなら、更に血行も良くなり、レギンス入浴ダイエットの後押しをしてくれます。しかも、発汗効果のある入浴剤は、お風呂から上がった後でも温かさが続きます。

どのくらい入浴時間が必要?

3feee092eb2048d4

入浴時間は、20分です。長くお風呂に入る事で、効果が高くなると思いがちですが、あまり長く入ると脱水状態になったり、のぼせたり、肌が荒れたりと体調不良が出てくるおそれがあります。短すぎず長すぎずです。

半身浴?全身浴?

より効果が得られるのは、半身浴です。全身浴と比べて、半身浴の方が、心臓に負担なく、下半身の血液の流れやリンパの詰まりが解消されると言われています。レギンスの圧力とお湯の水圧、それに加えて半身浴の下半身を温めてくれる効果の相乗効果で、効果的なレギンス入浴ダイエットとなります。

水分補給を行う

レギンス入浴ダイエットでは、お湯に入り、血行を良くするので、汗を沢山かきます。ですから、脱水にならない為に、水分補給は大切です。また、肌の乾燥も気になるところ。水分補給をすると、肌に潤いを与えてくれますので、しっかりと水分補給は忘れないようにしましょう。

ポイント

腰まですっぽり着圧レギンスを選ぶと、より効果が期待できます。
体が乾いている時に、レギンスを綺麗に伸ばし、足を入れて引っ張り上げましょう
温度は38℃から40℃が最適です
必ず水分補給をしましょう

厳選!おすすめレギンス

スポンサーリンク

着圧レギンスを持っていれば、そのレギンスを使う事が出来ます。もし持っていないなら、きちんと着圧してくれるものを使用するのが、痩せるコツです。しっかり着圧してくれる、おすすめのレギンスをご紹介します。

メディキュット

メデュキットと言っても、種類が沢山あります。その中でも「おそとでメディキュットスリムウエスト」「おうちでメディキュットスパッツ」は、おすすめです。医学に基づく設計で、筋肉に働き、リンパの流れ、血行を良くしてくれます。

100年以上前から、足から健康になる研究を続けてきた「ドクターショール」が開発した、メデュキットは、おすすめです。足の仕組みを分かった上で開発されているので、上手に着圧してくれます。

また、メデュキットの家で履くリフレッシュロングは、ウエストまでは無いものの、足の裏から圧力をかけてむくみを取ってくれ、足の裏からむくみを取ってほしいと思っている人におすすめです。

履いて歩くだけで水中ウォーキングのような効果が得られるレギンスもありますが、普通のレギンスよりも圧が強いので、お風呂で着用するよりは、外で着用する用としての使用をおすすめします。お風呂で使用する時は普通のレギンス、外では、水中ウォーキングのような効果が得られるレギンスを履くなら、1日中効果が得られます。

エクスレッグスリマー

他のレギンスとは、違った目線でレギンスを開発されたエクスレッグスリマー。20か所のツボ押しの効果を得る事が出来、どんな足の人にも効果が得られるように作られています。

開発に3年かけ、研究費用を1億円以上費やしたと言われているだけあって、効果が出たという人が多いレギンスです。サイズはフリーサイズとなっていて、M~Lのサイズの人達がちょうど良いと言われています。足が太めの人は、太もも部分がめくれる可能性があります。

少しずつ細くなってくると、めくれなくなると頑張って履く事も出来ますが、あまりに締め付け感が酷く、うっ血しそうなら、危険なので中止しましょう。

レギンス入浴の効果を上げるマッサージ

レギンス入浴をしているのに、効果が出ないとイライラしている人も多くいます。このレギンス入浴ダイエット、レギンスを履いてお風呂で半身浴するだけ、短期間では、思っていたよりも効果は現れません。

効果をしっかりと出す、レギンス入浴の正しい方法があります。それは、マッサージをプラスする事です。ただレギンスを履いて、入浴するだけではなく、マッサージをする事で、効果が最も出ると言われています。そして、続ける事が大切です。

マッサージ1「足首回し」

足首をしっかりを回しましょう。くるぶしを指で固定して回しても効果的です。また足の指を閉じたり開いたりするのも良い効果が得られます。

マッサージ2「太もも回し」

しっかりと太ももの付け根から動かしましょう。脱力する時は、思いっきり脱力させることが大切です。そのメリハリと、呼吸法でより良い効果が期待できます。

マッサージ3「太もも絞り」

手のひらを太ももにしっかりとつけてマッサージをしましょう。イタ気持ち良いマッサージが効果的です。必ず心臓から遠い場所から、心臓に近い方へとマッサージしましょう。

マッサージ4「リンパを刺激」

リンパをしっかりと刺激しましょう。手で拳を作って、指の折った関節の面でグリグリとリンパを心臓に遠い場所から心臓の方へとマッサージします。もし拳で実践するのが苦手な人は、マッサージする道具が売っていますので、道具に頼ってみるのも、おすすめです。

おすすめの入浴剤は?

普通に着圧レギンスを履いたままお風呂に入るだけでも効果を期待できますが、より効果を出したい場合、入浴剤を入れてみるのもおすすめです。

発汗作用がある物がおすすめ

入浴剤と言っても、色々ありますが、一番効果を期待できるのは、体がぽかぽかになるような入浴剤や発汗作用がある入浴剤がおすすめです。

発汗作用の入浴剤
ミネラルバスパウダー ありえない程の汗が出る入浴剤です。
爆汗湯 ゲルマニウムやトウガラシなど発汗成分が沢山入っている入浴剤です。
ゲルマバス 入浴剤を入れたお湯に20分入るだけでエアロビクス2時間分のカロリーを消費する入浴剤です。
重曹 もしかしたら家にあるかも?お湯に重曹を入れると血行がよくなり、温浴効果が期待できます。
粗塩 今すぐレギンス入浴ダイエットをしたい!でも入浴剤を買いに行く時間が無い人は粗塩がおすすめです。代謝をあげてくれます。

まずは、試してみましょう。一番自分に合った汗の出る入浴剤を探し、続けて使う事で、効果が表れてきます。

レギンス入浴ダイエット体験談

レギンス入浴ダイエットで、効果があったという人が、沢山います。足が痩せたという良い口コミが寄せられています。

  • 簡単に足が細くなった!
  • 汗がやばいくらい出る
  • お風呂に入る前よりも後の方が足が引き締まった気がする
  • 足が軽くなった!
  • レギンス入浴ダイエット、お風呂に入る前と後、画像を撮ったら楽しい!

しかし、手軽に始められると思ったのに、思うようにいかなかった人たちもいます。良い結果が得られなかった口コミを見てみましょう。

  • 足は軽くなったけど、細くなったかは疑問
  • お風呂が狭くてマッサージできない
  • レギンスがきつすぎて破れてしまったから、レギンス入浴出来ない。

思うようにいかなかった人もいますが、もし、湯舟が小さくてマッサージが難しいなら、湯舟から洗い場に出てマッサージし、もう一度入る、また出てマッサージしと繰り返す方法もあります。何事も長く続ける事が大切です。細くなったか分からなくても、一時続けてみましょう。

レギンス入浴ダイエットの注意点

水分補給を忘れずに

レギンス入浴ダイエットは、体の中から温まり、汗が出ます。その為、体の中からの水分が失われますので、必ず水分補給を忘れないようにしましょう。

その他の注意点

レギンス入浴ダイエットは、レギンスを着用して浴槽に入るというダイエットなので、1人でレギンス入浴ダイエットをする時も、家族がいてレギンス入浴ダイエットをする時も、注意点があります。

  • 着圧レギンスは、偽物も出回っていますので公式サイトから買いましょう。
  • レギンス入浴の時間が長すぎると、のぼせてしまう事があるので注意が必要です。
  • レギンス入浴の時は、お風呂が汚れるので、お風呂に入る順番に注意が必要です。
  • レギンス入浴ダイエットは、足痩せが目的なので、必ず全身痩せや体重減少する保証はありません。
  • 食事制限がないからと言って食べすぎには要注意です。

レギンスダイエットのやり方のまとめ

レギンスとお風呂さえあれば、気軽に出来るレギンスダイエット。着圧で効果がアップするレギンスやマッサージ、発汗作用のある入浴剤など工夫しながら行うと、より効果を期待できるので、おすすめです。レギンスを履いて入浴し、足痩せにチャレンジしてみましょう。

人気記事