Medium 65601d352d00ef48

マテ茶とルイボスティーを徹底比較!ダイエットに効果的なのは?

ダイエットに効果があると人気のマテ茶とルイボスティー。何がどう違うのか?正しい知識を身に付ければ、さらなるダイエット効果が望めるはずです!そこで今回は、マテ茶とルイボスティーのメリット・デメリットとともに、ダイエットに効果的な正しい飲み方についてみていきます。

カテゴリー:飲み物お茶  作成者:yukisan39  投稿日:2018/01/08

目次

マテ茶とルイボスティーの違いは?

マテ茶とルイボスティーは、どちらもダイエットに効果があると言われているお茶です。知っているようで知らない、この2種類のお茶の違いとは何なのでしょうか?マテ茶とルイボスティーのメリットとデメリットにわけて調べてみました。

マテ茶のメリット

マテ茶は「飲むサラダ」と呼ばれているほど、ミネラルやビタミンがとても豊富です。人間は体内でミネラルを作り出すことができないため、マテ茶を飲むことで、手軽にミネラル補給ができる点はメリットといえるでしょう。

食物繊維も豊富に含まれており、その量はレタスの数十倍!便秘解消にも役立ちます。また、マテ茶はポリフェノールの一種であるフラボノイドを多く含んでいるのも特徴です。ポリフェノールは、血中に含まれる中性脂肪や悪玉コレステロールを低下させる作用があるため、マテ茶を飲むことで、太りにくい体に近づくことが期待できますよ。

マテ茶のデメリット

マテ茶には、少量ですがカフェインが含まれています。お茶の入れ方によっても変化するようですが、その量はコーヒーの約4分の1程度。いくら少量とはいっても、妊婦さんや授乳中の方、小さいお子さんなどにカフェインはよくありません。飲み過ぎに注意する必要があります。

また、ダイエット効果が期待できるマテ茶ですが、高温で飲んだり、1日に1リットル以上飲んでしまうと、口・咽頭・食道・肺ガンになるリスクが高まるそうです。特に長期間にわたり飲酒・喫煙の両方をしている方の場合、発がん性のリスクが通常の3~7倍になるとも言われています。医薬品との相互作用もあるため、薬を服用中の方も、マテ茶を飲む際には注意が必要です。

ルイボスティーのメリット

ルイボスティーは「不老長寿のお茶」と呼ばれており、強い抗酸化作用を持つSOD酵素が含まれています。このSOD酵素は、体の中にある活性酸素を抑制・除去してくれる効果があります。ルイボスティーを飲むことで老化防止になり、サビのない若々しい体を保つことができるというわけです。

また、ルイボスティーにはミネラル成分も豊富に含まれており、不足しがちなミネラルを手軽に補給できるのも嬉しいポイント。特に、ミネラルの一種であるマグネシウムには、腸内に水分を集める働きがあるため、便を柔らかくし、便秘解消にも効果的です。

ノンカフェインのため、小さいお子さんから高齢の方まで安心して飲むことができる点も、ルイボスティーのメリットと言えるでしょう。

ルイボスティーのデメリット

ルイボスティーには、特に大きな副作用は報告されていないようです。しかし、過剰に飲み過ぎれば、副作用が無いと言われているルイボスティーでも、体に不調を起こす可能性はあり得ます。飲み過ぎには注意してくださいね。

どんな人におすすめ?

ダイエット効果が期待できる、マテ茶とルイボスティー。あなたには、どちらのお茶が向いているのでしょうか?マテ茶とルイボスティーそれぞれにおいて、おすすめの人をみていきましょう。

A1e9db76d1f9219e

マテ茶がおすすめの人

マテ茶のメリットとして「レタスの数十倍の食物繊維が含まれている」とご紹介しました。マテ茶を飲むことで、手軽に食物繊維が摂取できるため、食生活が不規則な方には、マテ茶がおすすめと言えます。

野菜嫌いの方や、忙しさから外食が多い方、日常的に野菜不足になりがちな方などは、マテ茶を飲んで、上手に食物繊維を摂取していきましょう。

ルイボスティーがおすすめの人

日頃から、野菜をしっかりと食べている人は、食物繊維は十分に足りているはずです。そのため、お茶から摂取する必要性はないため、ルイボスティーがおすすめです。

また、ルイボスティーにはカフェインが含まれていないので、小さいお子さんや高齢者の方、妊娠中の方や授乳中の方なども、ルイボスティーが向いていると言えるでしょう。

ダイエットに効果的なマテ茶の正しい飲み方

4e818ca3e5e76592

マテ茶を高温で飲むと、発がん性のリスクが高まるという説もあるため、マテ茶を飲むときは、常温もしくは冷たくして飲むようにしましょう。

そのため、マテ茶は「水出し」がおすすめです。マテ茶には少量のカフェインが含まれていますが、水出しで入れることで、そのカフェインを抑えることもできますよ。

マテ茶の淹れ方【リーフの場合】

  1. 急須やティーポットに、小さじ1~2杯のマテ茶の茶葉をいれます。
  2. 水を入れて、8~10分ほど待つ。

ティーバックの場合

スポンサーリンク

  1. ボトルにルイボスティーのティーバックを入れます。
  2. 1リットルの水を入れて、30分~半日ほど待つ。

ダイエットに効果的なルイボスティーの正しい飲み方

B5b8f577b978d56d

ルイボスティーには、心配する副作用は特にありません。温めて飲んでも、冷たくして飲んでもOKです。季節や好みに合わせて、飲み分けることが可能なため、さまざまなシーンで、ルイボスティーを楽しむことができます。

また、ルイボスティーは便秘解消にも役立つお茶です。「食物繊維が豊富な食材と一緒に摂取」することで、腸内環境が整って、スッキリと快腸!ダイエット効果がアップしますよ。

ルイボスティーの淹れ方【ホットの場合】

  1. やかんや鍋で1リットルのお湯を沸かします。
  2. ルイボスティーの茶葉(ティーバック)入れて、弱火で10分ほど煮出します。
  3. 茶葉の場合は、茶こしで茶葉を取り除いて完成です。

ルイボスティーの淹れ方【水出しの場合】

  1. ボトルにルイボスティーの茶葉(ティーバック)と1リットルの水を入れます。
  2. 冷蔵庫で8~10時間ほど待ちます。
  3. 茶葉の場合は、茶こしなどで茶葉をを取り除きます。

ダイエットに役立つお茶紹介

マテ茶やルイボスティー以外にも、ダイエット効果が期待できるお茶があります。いろいろと飲み比べることで、あなたにピッタリのダイエット茶を見つけることができるかもしれませんね。効能・効果だけでなく、味や香りなど、好みのお茶を見つけるヒントにしてみてください。

青の花茶

日常的にストレスを感じやすい方や、パソコンなどで目の疲れを感じている方には「青の花茶」がおすすめです。お湯を注ぐと美しい水色の抽出液が広がります。見た目にも美しいこのお茶は、美容大国タイに生息するマメ科の植物「バタフライピー」というハーブから作られたもの。鮮やかな水色はこのバタフライピーの色なのです。

天然色素なので体にも安心です。この水色の天然色素には、ポリフェノールの一種であるアントシアニンが豊富に含まれており、その量はなんと、ブルーベリーの約4.2倍。ダイエットだけでなく、目の疲れにも効果が期待できるお茶なのです。

青の花茶には、バタフライピーのほかに、甜茶、アマチャズル、ラフマ、メグスリノキなどがブレンドさています。甜茶は砂糖の75~100倍もの甘さがありますが、その甘味の成分は体内では消化吸収されません。青の花茶を飲んだ口コミとして「ほんのり甘味があっておいしい」との声も上がっています。甘いものを我慢している方にとって、ダイエットのサポートになってくれそうです。

ノンカフェインなので、小さいお子さんから高齢の方まで飲むことができるのも嬉しいポイント。「紅茶っぽい甘い香りがする」という口コミもあり、飲みやすさも特徴です。お茶なのでカロリーも0ですし、美しい水色に心もリラックスできそうですね。ディーバックを入れたボトルやマグカップに、沸騰したお湯を入れて蓋をしたら2~5分待てばOK。手軽に飲むことができます。

ダイエットプーアル茶

油っこい食べ物が好きな方には「ダイエットプーアル茶」がおすすめです。プーアル茶は中国茶の一種。脂肪の吸収を抑える効果があると言われています。このダイエットプーアル茶には、上質の茶葉が使われており、蒸気で殺菌もされています。とても飲みやすいと評判のプーアル茶です。

プーアル茶はクセがあると思っている方もいるかもしれませんが、ダイエットプーアル茶は「ガブガブ飲みたくなるほどイケる!とにかく美味しい」という口コミもあるほど。美味しくスタイルアップを目指したい人にはピッタリのお茶と言えるでしょう。

また、長期間の茶葉を発酵させることによりパワーアップした「重合カテキン」や「没食子酸(モッショクシサン)」がダイエットをサポートしてくれます。ダイエットプーアル茶をいつものお茶に変えれば、飲むことで、空腹を抑えることができ、食べ過ぎを予防することもできますよ。

鉄分やマグネシウム、体内の不要なものを流してくれるカリウムのほかに、美容とも関連性の高いビタミンB1・B2も配合。抗酸化作用のあるポリフェノールも入っています。美味し飲むだけで、健康的な美しさを目指せるお茶です。

まとめマテ茶とルイボスティーを徹底比較!ダイエットに効果的なのは?

Fcce4dddc42d4911

マテ茶とルイボスティーの違いについて、メリットとデメリットをみてきました。マテ茶は「食物繊維が豊富」、ルイボスティーは「抗酸化成分が豊富」など、どちらにも違った良さがあることがわかりましたね。優越をつけることは難しいですが、副作用がなくノンカフェインのルイボスティーの方が、気兼ねなく飲みやすいのではないでしょうか?

ご自分のタイプなどによって、上手に飲み分けてみましょう。ダイエットに効果的なお茶を習慣にして、健康的な美しさを手に入れてくださいね。

人気記事