Medium 295024b43466588d

ゼロカロリー飲料は太る?痩せる?危険性はないのか調査

ダイエット中でも甘いものが飲みたいという時に役立つのが、ゼロカロリー飲料です。ここでは、ゼロカロリー飲料でダイエットできるのか、人工甘味料入りのゼロカロリー飲料に危険性はあるのか?について紹介します。糖質制限中の人も参考にしてください。

カテゴリー:ダイエットの基本カロリー  作成者:トト  投稿日:2018/09/05

目次

ゼロカロリー飲料は本当に太らない?

ドリンクコーナーにズラリと並ぶゼロカロリー飲料。誰しも一度は飲んだことがあるのではないでしょうか?

飲んでみると、ゼロカロリーなのにとても甘くて、本当に太らないのか不安になった人も多いのでは?

ネットでは、ゼロカロリーで太ったという記事や口コミも多く、余計不安になってきます…。

そこで、今回はゼロカロリー飲料は本当に太らないのか?真偽を明らかにしていきます!

人工甘味料の「危険性」についても解説していきますよ。

ゼロカロリー飲料・食品の仕組み

疑問に思うのが、カロリーを控えた飲料や食品に表記されている「ゼロカロリー」「カロリーオフ」「ノンカロリー」といった表現の違い。

まずは、これらの違いから解説していきます!

ゼロカロリーの規定

「ゼロカロリー」と「ノンカロリー」は単なる表現の違いで、同じことを指します。

「ゼロカロリー」と「カロリーオフ」は言葉は似ていますが、正確には違うものです!

カロリーに関する表示ルールは「健康増進法の栄養表示基準」で決められていて、100mlあたりのカロリーによって異なります。

  • ゼロカロリー飲料(ノンカロリー飲料)…100mlあたり5kcal未満のカロリー
  • カロリーオフ飲料…100mlあたり20kcal以下のカロリー

カロリーオフ飲料の方がカロリーは高いわけですが、ゼロカロリー飲料やノンカロリー飲料も100mlあたり5kcal未満のカロリーが含まれています。

ゼロカロリー飲料が100mlあたり4kcalなのか、0kcalなのかは正確にはわかりません。

ゼロカロリー飲料だからと言ってガブガブ飲んでいると、カロリーの摂りすぎで太ってしまう可能性もあるということです。

甘い秘密は甘味料

甘みを加えるための調味料のことを「甘味料」と言います。その代表が砂糖(ショ糖)です。

砂糖は主にサトウキビとテンサイなど、自然に存在するものから作られる甘味料で、1gあたりのカロリーは4kcalです。

そのほかに、人の手により化学合成して作り出された「人口甘味料」があります。

人工甘味料の中には、砂糖の13,000倍もの甘さのものもあり、しかもゼロカロリーというのが一般的です。

人工甘味料はゼロカロリー飲料にもよく使われますが、「人工甘味料」というものがあるわけではなく、様々な種類の総称です。

代表的な人工甘味料には、以下のようなものがあります。

人工甘味料名 甘さ カロリー
アスパルテーム ショ糖の200倍の甘み 0kcal
サッカリン ショ糖の700倍の甘み 0kcal
スクラロース ショ糖の600倍の甘み 0kcal
アセスルファムカリウム ショ糖の200倍の甘み 0kcal
ネオテーム(アスパルテームの親戚) ショ糖の13,000倍の甘み 0kcal

人工甘味料は砂糖(ショ糖)の200〜13,000倍もの甘みがあるので、少量でも甘さを感じさせることができるのです。

ゼロカロリーだからいくら食べても太らない?

201ebb069ee3c697

ゼロカロリーの甘味料を使用していれば、いくら食べても太らないのでしょうか?

ゼロカロリーの甘味料の落とし穴についても触れていきます。

糖質制限中でもゼロカロリーなら安心?

ゼロカロリー飲料は、飲み過ぎなければダイエット中や糖質制限中に飲んでも大丈夫です。

ただし、必ずしも0kcalではなく100mlあたり5kcal未満のカロリーが含まれているということと、使われている人工甘味料によっては血糖値を上昇させる可能性があるという点に注意しておきましょう!

血糖値をわずかに上昇させる可能性がある甘味料として、「キシリトール・ソルビトール・マルチトール」などが挙げられます。

砂糖に比べて1/2~1/3程度、血糖値を上昇させる程度ですので、神経質になることはありませんが、知識として覚えておくといいでしょう。

ダイエット中にどうしても甘いものが飲みたいというときに、ジュースの代わりにゼロカロリー飲料を飲むようにすれば、イライラせずにダイエットが続けられますね♪

インスリンで食欲が増幅することも

甘味料がアステルパームなら、血糖値も上がらず安心!と思ったあなた、ちょっと待ってください!

人工甘味料でもインスリンは分泌されるので、食欲が増幅されることがあります。

原因は、血糖値は上がらないのに、インスリンが分泌されて急激に血糖値が下がり、エネルギー不足と判断されてしまうから。

これが、ゼロカロリー飲料で太ってしまう理由のひとつです。

ゼロカロリーの甘味料は依存性が高い

人工甘味料は依存性が高いとも言われています。

甘いものを食べて快楽を得るとクセになり、もっと甘いものや美味しいものを欲するという依存性。

砂糖にも依存性があると言われていますが、人工甘味料の依存性はさらに強いと言われているのです。

痩せるために人工甘味料を摂りすぎて、甘いものがやめられなくなるという負のループに陥る可能性もあるので気をつけましょう。

甘味料不使用の甘いお茶もおすすめ

甘味料を使用していないのに甘さを感じられるお茶なら、ダイエット中にも安心して飲むことができます。

編集部のおすすめは「美甘麗茶」です。

9168974288f53783
美甘麗茶公式サイト 価格
内容量 1袋あたり30包
通常価格 5,980円(税別)
定期購入初回価格 980円(税別・送料無料)
定期縛り なし
保証・特典 2回目以降4,980円(税別)+送料

「美甘麗茶」は人気モデルの宮城舞さんプロデュースのノンカロリー・ノンシュガー・ノンカフェインのお茶です。

甘さの秘密は、配合されている甘茶!天然の甘みはなんと、砂糖の400倍と言われています。

他にもダイエットに効果的な配合成分がたっぷり☆

キャンドルブッシュやコーン茶は食物繊維やカリウムが豊富なので、老廃物や余分な水分の排出を助けます。

ルイボスは活性酵素を除去して、キレイをサポートするお茶として有名です。

ダイエット中でも甘いお茶が楽しめて、しかも甘味料不使用。甘いもの好きな人のダイエットの強力な味方となりそうです♪

おいしい!おすすめゼロカロリー飲料・食品

ここで、おすすめのゼロカロリー飲料や食品をご紹介します。

飲料

ゼロカロリー飲料と言えばコレ!定番商品のコカコーラゼロです。

064d6bfe95633c9b

人工甘味料のアスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK、スクラロース配合により、人気のコカコーラをゼロカロリーで楽しめます♪

カフェインを含むので妊娠中・授乳中の方はご注意ください。

コカコーラゼロの太らない飲み方について詳しく知りたい方は、次の記事を参考にしてください!

ゼリー

ゼロカロリーゼリーは種類も形態もたくさんありますが、おすすめはコレ!たらみの「カロリコカロリカ」です。

7d075b9a49fca925

カロリーゼロに加え、糖質ゼロも実現した「カロリコカロリカ」。

ぷるぷるゼリーの中に歯ごたえのあるナタデココが入っているので、食感の違いが楽しめます。

人工甘味料は、アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK、スクラロースを使用。

画像のみかん味のほかに、マスカット・ホワイトの2種類の味があります。

アイス

残念ながら、アイスにはゼロカロリーはありません。おすすめのカロリーオフアイスはコレ!グリコの「SUNAO」です。

151e7ed9281bd5d3

なんと、「SUNAO」1個あたりのカロリーはなんと80kcal、糖質は7.6gです!

甘味料にスクラロースを使用し、原料に豆乳やとうもろこし由来の食物繊維を使うことで、糖質・カロリーを抑えることに成功しています。

ダイエット中でもアイスが食べられるなんて、夢のようですね♪

ゼロカロリーは危険!?病気になる?

5b40747c8e34667d

ネットを見てみると、ゼロカロリーは危険、太る、といった声も多くあります。果たしてそれは本当なのでしょうか?

体に悪いと言う人も

ゼロカロリー飲料に使われる人工甘味料は健康志向が高まるにつれ、砂糖の代わりに使うものとして人気が高まりました。

安全性については常に議論されていて、危険性を指摘する声が多いのも事実です。

実際にどのような危険性が指摘されているのか見ていきましょう。

糖尿病

ゼロカロリー飲料を常飲していると、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの働きが弱まって、うまく血糖値を下げられなくなり、糖尿病を誘発するリスクがある、との実験結果があります。

しかし、ゼロカロリー飲料に含まれる人工甘味料の歴史は浅く、まだ研究途中と言わざるを得ません。

どんなものでも過剰摂取は健康を害する可能性があります。ゼロカロリー飲料も飲みすぎには注意しましょう。

虫歯

アセスルファムカリウムやキシリトールは虫歯をつくりにくく、虫歯のリスクを抑える人工甘味料と言われていますが、歯を溶かす酸を出さないわけではないと言われています。

また、ゼロカロリー飲料に含まれている香料などにより強力な酸が出て、歯のエナメル質が溶ける可能性があるとも言われています。

ゼロカロリー飲料は普通の砂糖に比べるとベタつきが少なく、虫歯を作りにくいと言われていますが、飲み過ぎはよくありません。

キシリトールに関しては、摂りすぎると虫歯予防の効果がなくなってしまうとも言われています。

ゼロカロリー飲料を飲んだ後は水やお茶を飲むか、口の中をゆすいで虫歯予防をしましょう。

甘味料の成分は安全なもの

米国食品医薬品局(FDA)は人工甘味料について、成分的には安全であるとの見解を発表しています。

しかし人工甘味料は、頭痛・めまい・不眠・アレルギー・うつ病・認知症・糖尿病などの副作用の危険性も秘めているというのが事実です。

人工甘味料を恐がり過ぎることはありません。過剰摂取には注意しながら、今後の研究を待ちましょう。

ゼロカロリーまとめ

ゼロカロリー飲料に使われる大部分の人工甘味料は血糖値を上昇させず、甘い物に対する欲求を満たすことができるので、ダイエット中に飲んでも大丈夫ということが分かりました。

ただし、ゼロカロリーとは言え、100mlあたり5kcal未満のカロリーが含まれているので、飲み過ぎには注意が必要です。

また、ゼロカロリー飲料を飲みすぎた場合の糖尿病や虫歯のリスクは否定できません。ダイエットの息抜きとして、上手に利用しましょう♪

人気記事