Medium f827b944676cb4e1

中年太りになる女性の原因は?ぽっこりお腹ダイエット・解消法を紹介

年齢を重ねるごとに、お腹周りのお肉が気になってきた…という女性は多いはず。中年太りになる女性には、どのような原因があるのでしょうか?女性の中年太りの特徴である「ぽっこりお腹」のダイエットに最適なエクササイズなど、解消法とともに紹介していきましょう。

カテゴリー:その他ダイエット法年代別ダイエット  作成者:yukisan39  投稿日:2018/01/14

目次

女性の中年太りは老化現象のひとつだった!

17d6e97ca20b45af

40代を過ぎたころから、なんとなくお腹周りが太ってきた…そんな女性の中年太り。「最近運動不足だからかな?」「食べ過ぎだからかも?」なんて思っている方は多いはず。しかし、女性の中年太りの原因は、それだけではないのです。

女性も男性も年齢を重ねるごとに、白髪が増えてきたり、老眼が進んできたりしますよね。体の機能は加齢とともに低下していくもの。そんな「老化」によって、体内の細胞や器官が衰えることで、体のさまざまな部分で、若いころと同じような役割を果たせなくなります。その結果、太りやすい体へと変化してしまうのです。

「女性の中年太りの原因は老化現象のひとつ」ということを念頭に置くことが大切です。中年太りのメカニズムを知り、原因にあったダイエットをすることが、太りにくい体を取り戻し、中年太りを解消させる一番の近道になります。

女性の中年太りのメカニズム

E4c9a779b55fa364

女性の中年太りのメカニズムを知ることは、ダイエットを成功させるためにも大切なこと。太るか痩せるかは、カロリーの収支のバランスによって決まります。「摂取カロリー」が「消費カロリー」よりも多ければ太り、少なければ痩せるというわけです。

消費カロリーの約70%は生命を維持するための基礎代謝(心臓を動かす・呼吸・体温を保つなど)に使われています。また、約20%は日常生活での運動や家事などの消費に。そして、約10%は食事誘導性代謝(食事からエネルギーへ変換する際の消費)に使われています。

摂取したカロリーのうち、余分なものは肝臓に溜められ、肝臓に溜めきれなくなると、脂肪細胞が溜まります。それが女性の中年太りにつながってしまうのです。

女性の場合、40代になると加齢によって基礎代謝が低下し始めます。消費されるカロリーが少なくなるということです。若いころと同じカロリーを摂取し続けると、カロリー収支のバランスが崩れてしまいます。それが中年太りのはじまりなのです。

中年太りになる女性の原因とは?

ホルモンバランスの変化

77e0a1bf1623d772

女性の卵巣から分泌される「エストロゲン」という女性ホルモンは肥満を予防してくれるものです。その理由は、エストロゲンにより分泌が促される「レプチン」というホルモンには、食欲を抑制したり、代謝を高めてくれる作用があるためです。

しかし、女性の場合、加齢により女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌量が減ってしまうと、「レプチン」というホルモンの分泌も減少します。これは、食欲を抑制したり代謝を高める作用も低下してしまうということ。結果として食欲が増え、基礎代謝も低下してしまいます。

女性は加齢によるホルモンバランスの変化は避けられませんが、これも女性の中年太りと大きく関係しているのです。

老化による筋肉量の低下

女性も男性も、年齢を重ねるごとに、体全体の筋肉量も低下します。これは、人が生命を維持するための基礎代謝が加齢とともに、低下してしまうことで起こります。

筋肉はエネルギーをたくさん必要としますが、その筋肉の量が減ってしまうため、消費されるエネルギー(カロリー)も減少。そのため、若いころと同じようなカロリーを摂取していると、カロリー収支のバランスが崩れ、中年太りの原因となってしまうのです。

女性は男性と比べ、もともと筋肉の量が少ない傾向にあります。意識して筋肉の量を増やすような運動を取りいれるなど、中年太りにならないような対策が必要です。

基礎代謝の低下

女性も男性も、30代~40代を過ぎるころには、人の体はほぼ完成してる状態です。そのため、若いころに必要としていた「成長するためのエネルギー」はいらなくなります。心臓を動かしたり、呼吸をしたり、体温を保つなどの「生命を維持するためのエネルギー」以外は必要なくなってしまうということです。

体全体のエネルギー代謝が低下することで、老化は進み、体中の細胞が生まれ変わるサイクルも遅くなります。その結果、消費されるエネルギー(カロリー)が減り、太りやすくなってしまうのです。基礎代謝の低下は中年太りの最大の原因といっても過言ではありません。

加齢とともに、減ってしまう基礎代謝での消費カロリーを補うために、日頃から軽い運動を取りいれるなど、消費されるエネルギー(カロリー)を増やす努力が必要です。それが女性の中年太りを解消させる近道になります。

女性の中年太りは「ぽっこりお腹」になりやすい?!

32e2acd87d49018e

女性の中年太りの特徴として、お腹がぽっこり出てくるということがあげられます。この「ぽっこりお腹」は中年太りの女性の一番の悩みかもしれません。若いころには、お腹だけがぽっこりと出てくることはなかったはず。なぜ30代~40代を過ぎるころになると、お腹周りのお肉が気になってしまうのか…。これにも女性の中年太りならではの理由があるのです。

若い女性の場合、皮膚の近い部分い脂肪がつく「皮下脂肪型肥満」になりやすい傾向があります。指でつまむことができる脂肪です。しかし、中年以降の女性の場合は、内臓の周りに脂肪がつく「内臓脂肪型肥満」になりやすいといわれています。これは本来、男性に多い肥満タイプ。女性の中年太りで、お腹周りのお肉が気になりだすのは、この肥満タイプの違いによるためです。

96f693b417b6dbee

皮下脂肪型肥満から内臓脂肪型肥満へ肥満タイプが変化するのも、実は加齢やホルモンバランスが関係しているのです。

若い女性の体は、妊娠して子宮が膨らむときに、赤ちゃんが成長するためのスペースを確保しておく必要があります。そのため、内臓の周りに脂肪がつく内臓脂肪型肥満にはなりにくいとされています。しかし、年齢を重ねるごとに、妊娠の可能性は低くなり、赤ちゃんが成長するスペースを確保する必要もなくなります。

女性は加齢とともに、女性ホルモンも減少。ホルモンバランスの変化により、徐々に男性ホルモンが優位になっていきます。そのため、肥満タイプも「皮下脂肪型肥満」から、男性にありがちな「内臓脂肪型肥満」へと変化。お腹周りにお肉が付きやすくなってしまうのです。このため、女性の中年太りは、ぽっこりお腹になりやすいというわけです。

女性の中年太りの解消法とは?

食生活の改善

4fdb5b1033153001

中年太りが気になる女性は、まず毎日の食事を見直してみることからはじめましょう。「摂取カロリー」が「消費カロリー」よりも多いと太る…このことからも、食べ過ぎている自覚がある女性の場合は、食生活を改善することで、かなりのダイエット効果が期待できます。

体についてしまった脂肪を落とすためには、摂取カロリーを、成人の平均摂取カロリーの80%に抑えることが効果的と言われています。成人女性の1日の平均摂取カロリーは1,800kcalなので、その80%は、1,440kcalとなります。この1,440kcalを目安に食事を摂るようにするだけでも、中年太り解消につながりますね。

また、低カロリー高タンパク質の食事を心がけることも大切です。タンパク質は、筋肉を作るときに必要な栄養素。体の筋肉量が増えれば、おのずと代謝もアップするため、太りにくい体へと近づくことができるのです。中年太りを解消させたい方にはおすすめです。

鶏肉なら、もも肉よりも胸肉にする…お肉より豆腐にする…というように、食材選びからも意識するようにしてみましょう。

ポイント

・1日の摂取カロリーは【1,440kcal】を目安にしてみよう。
・中年太りの女性は、低カロリー高タンパク質な食事を心がけよう。

軽い運動を習慣にする

スポンサーリンク

2bb2fac6ed2f77ba

女性の中年太りには、摂取するカロリーを減らすことも大切ですが、同時に運動をして、消費するカロリーを増やすことも必要です。中年太りの原因として、加齢による筋肉量の低下を説明しましたが、筋肉の量が減ってしまうということは、消費されるエネルギーも減ってしまうということ。しかし、逆に考えれば、筋肉の量が増えれば、消費されるエネルギーが増えるということが言えます。

食生活の改善で摂取カロリーを減らして、運動で消費カロリーを増やせば、ダイエット効果はさらにアップします。特におすすめなのが、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動です。有酸素運動には、糖質や脂肪を燃焼させる効果が期待できます。軽い運動を取りいれることで、ストレス解消にもなり、中年太りも解消されます。毎日の習慣にすることで、健康な体も手に入りますよ。

ポイント

・中年太りにはウォーキングやジョギングなどの有酸素運動が最適。
・毎日の習慣にすることが大切!

アルコールの摂り過ぎに注意する

61ac952fd27ea556

中年太り解消のためのダイエットをしていても、アルコールを飲みたくなる時もあるはずです。しかし、飲み過ぎには注意が必要ですよ。アルコールには糖質を多く含んでいるものもあり、同時に食べ過ぎてしまう恐れもあるためです。

どうしてもアルコールを飲みたくなった場合は、糖質の少ないタイプを選び、適量を飲むようにしてください。糖質オフのビールや焼酎、ウイスキーなどは、比較的糖質が少ないタイプとなります。いくら糖質が少ないといっても、飲み過ぎは中年太りを加速させてしまうかもしれません。注意しましょう。

生活のリズムを整える

D2a7aea48adaa082

中年太りが気になっている女性は、毎日の食事や運動の記録をつけてみることがおすすめです。そうすることで、自分の生活習慣を自覚することができ、生活のリズムを整えるのに役立ちます。記録をつけることで、できたことでの達成感も得られ、やる気もアップしそうですね。

サプリ

忙しくて生活習慣を変えるのが難しい、めんどくさい…そんな人にはサプリがおすすめです。シボヘールはお腹の脂肪が気になる方に向けて作られたサプリ。まさに中年太りで悩んでいる方にピッタリです。機能性表示食品なので、確かな効果を期待できるのもポイントです。

エステ

1日でも早くぽっこりお腹を無くしたい、スタイルを変えたい!そんな人には人気エステ、たかの友梨でのお腹集中コースがおすすめです。エステならではの最新マシンで、気になるお腹のお肉に直接アプローチします。それだけでなく、食事に関するアドバイスも親身になってしてくれます。初回に限り1000円で体験できるのも魅力です。

ぽっこりお腹を解消するエクササイズ

Bdb548663126aa28

女性は年齢を重ねるとともに、体力は低下し、それと同時に体中の筋肉量も減少します。女性の中年太りで一番贅肉が付きやすいと言われている、お腹周りも例外ではありません。脂肪が付きやすく変化してしまった体を、若いころのスタイルに近づけるためには、日々の努力が必要です。

中年太りの女性にありがちな「ぽっこりお腹」を解消するエクササイズを2つ紹介します。毎日の習慣にして、引き締まったお腹を目指してみましょう!

腹筋を使って足を動かす「トウタップ」

女性の中年太り「ぽっこりお腹」を解消してくれるエクササイズ

  1. 仰向けになり、手のひらが床につくように軽く広げます。
  2. 脚は膝を曲げた状態にします。
  3. 膝を曲げた状態のまま、脚の付け根から持ち上げるように上にあげましょう。
  4. その時、足の甲は軽く伸ばすようにします。つま先の力は抜いてください。(膝の関節と脚の付け根(股関節)両方が直角になるようなイメージです。)
  5. この時、お腹はへこんでいるはずです。そのお腹の状態を保ちながら姿勢を安定させましょう。
  6. 一度息を吸います。その息を吐きながら、床に左脚の股関節からつま先をつけるように近づけます。
  7. 腰が反らないように注意し、上半身が安定していることを意識しながら動かします。
  8. 右脚も同様に6~8までを行います。左右交互に5~6回が目安です。

このエクササイズをしていると、お腹周り(特におへその周り)に力が入るのがわかると思います。床につま先を近づける際に、腰が反ってしまうという場合は無理をせず、上半身の安定を保てる範囲で動かすようにしてみましょう。最初はキツイと感じるかもしれませんが、繰り返すことで慣れてくるはずです。続けることで、女性の中年太りにありがちな「ぽっこりお腹」が解消されます。

脇腹の筋肉を使う「ヒップロール」

腰痛予防にもなる!女性の中年太り「ぽっこりお腹」解消エクササイズ

  1. 仰向けになり、手のひらを上(天井)に向けるようにして広げます。
  2. 脚は膝を曲げた状態にします。
  3. 足の甲は軽く伸ばして、つま先は力を抜くように自然な状態でOKです。
  4. 両脚をピタッと付けて閉じておきます。
  5. この時、膝の関節と股関節(足の付け根)両方がそれぞれ直角になるようなイメージです。
  6. 一度息を吸います。息を吐きながら、両脚は閉じたまま左側へ傾けましょう。この時、頭や肩甲骨などの上半身が床から離れないように、安定させることがポイントです。
  7. もう一度息を吸い、また息を吐きながら、傾けた両脚を元の位置に戻します。
  8. 反対側も同様に6~7を行います。左右交互に5~6回が目安です。

こちらのエクササイズでは、おへそ周りや下っ腹だけでなく、同時に脇腹にも力が加わります。キュッと引き締まったウエストをイメージしながら動かしてみましょう。慣れるまでは少々きついと感じるかもしれませんが、動かすことで脇腹が伸ばせるので、ストレッチを行ったときのような気持ちよさも感じられるエクササイズです。

どちらのエクササイズも、毎日続けることで、少しずつ効果が実感できるはず。日々の習慣にして、中年太りを解消させてくださいね。

女性が中年太りになるメカニズムと原因を知って上手にダイエットしよう

1d4d579f767e61b9

女性が中年太りになるメカニズムは、カロリー収支のバランスにあります。しかし原因はそれだけではなく、加齢によるホルモンバランスの変化や筋肉量の低下、基礎代謝の低下などさまざま。若いころと脂肪の付き方も違うため、中年女性には中年女性に合ったダイエット方法が必要です。

女性の中年太りにあった解消法を試すことが、ダイエットをするうえで一番の近道になります。今回ご紹介した解消法やエクササイズを上手に習慣化し、ポッコリお腹を卒業しましょう!若いころのようなスリムな体を取り戻してくださいね。

人気記事