Medium 1c3da5f691865473

お腹痩せを1週間で行うには?短期間で脂肪を取る効果的エクササイズ

お腹痩せを1週間で行うのに効果的なエクササイズについてご紹介していきます。お腹痩せダイエットに悩んでいるという方も少なくありません。そういった方でも、1週間でお腹の脂肪を改善していくことができるので、どうぞ参考にしてください。

カテゴリー:部分痩せお腹痩せ  作成者:たつお  投稿日:2018/01/17

目次

お腹周りの脂肪を解消するには

お腹痩せを目指して、日々ダイエットに奮闘中という方も多いのではないでしょうか。お腹は脂肪がつきやすい部分でもあり、ダイエットに成功したとしても、再度リバウンドしてしまう可能性も少なくありません。お腹のたるみの原因は脂肪にあり、消費カロリーよりも摂取カロリーが多くなってしまうと、余計脂肪がつきやすくなってしまいます。

43856dce2eb9aa30

そういった意味では、摂取カロリーよりも消費カロリーを増やすことがポイントであり、ちょっとした運動やエクササイズを行うことで、効率的なお腹痩せを進めていくことができます。溜まった脂肪を、積極的にエネルギーとして消費していくことが重要です。特に、1週間でお腹痩せを目指す場合には、栄養バランスにも気をつけつつ、消費カロリーを増やすことを意識していきましょう。

本記事内では、1週間でのお腹痩せに効果的なエクササイズと共に、ダイエットに効果的な食品もご紹介していきますので、ぜひ参考にして実践してみてください。1週間でのお腹痩せには、運動と合わせて食生活の改善を図っていくことが重要です。

お腹痩せを実現するためのポイント

2245e86bc01aab6b

それでは、お腹痩せを実現するためのポイントについてご紹介していきます。お腹痩せを実現していくためには、エクササイズや食生活の改善とともに、サプリメントなどを利用して体内の仕組みを改善していくこともポイントとして挙げることができます。特に最近では、腸内環境を整えるサプリなども販売されえているので、そういったサプリを利用してお腹痩せを実現していくと効果的です。

便秘解消

便秘がちな人はどうしても、お腹がぽっこりと出やすくなってしまいます。お腹がぽっこり見えるだけでなく、便秘によって体内に老廃物が溜まりやすくなることで、代謝も悪くなってしまいます。代謝が悪くなると、せっかくエクササイズを行っても、思ったような効果が得られにくくなってしまうので、注意が必要です。乳酸菌を積極的に摂取して、必要に応じてサプリの摂取も検討すると良いでしょう。

姿勢改善

姿勢を改善していくことで、ぽっこり出たお腹痩せにも効果を発揮することがあります。特に、猫背の方は丸まったお腹に脂肪が溜まりやすくなってしまい、余計にお腹が膨らんできてしまいます。そういった意味で、正しい姿勢で歩いたり座ったりすることが大切であり、背筋をぴんと伸ばすことで、お腹痩せにつなげていくことも可能です。まずは、背筋を伸ばすことを意識してみると効果的です。

1週間でお腹痩せを実現するエクササイズ スクワット

7d73b5083b409e20

それでは、実際に1週間でお腹痩せを実現するエクササイズについてご紹介していきます。最初にご紹介するのは、「スクワット」です。お腹痩せにはスクワットが効果的であり、脂肪燃焼効果も高いエクササイズとなっています。スクワットを行うことで、大臀筋や大腿四頭筋などの大きな筋肉を積極的に動かすことになるので、その分消費エネルギーも高くなるというメリットがあります。

  1. 両足を肩幅程度に開き、つま先は前に向けた状態で、左右の足が並行になるように立ちます。
  2. 息を吸いながら、お尻を突き出すイメージでゆっくりとひざを曲げていきます。
  3. ひざを曲げきったら、今度は息を吐きながらもとの位置までゆっくりと戻していきます。
  4. これらを1セット10回を目安に、1日2~3セット繰り返していくと効果的です。

慣れていないうちに、スクワットを何回も行おうとすると、ひざを痛めてしまうリスクもあります。そういった意味で、最初のうちは回数を少なめにして、スクワットという動作に慣れていくことがポイントです。正しい方法でスクワットを行うことで、消費カロリーも高まっていき、さらなる脂肪燃焼やお腹痩せ効果を実感することができます。

1週間でお腹痩せを実現するエクササイズ ねじり運動

続いての、1週間でお腹痩せを実現するエクササイズとしては「ねじり運動」を挙げることができます。1週間という時間的な制約がある中では、スクワットと共にねじり運動を組み合わせていくことで、1週間で理想の体に近づけていくことができます。スクワットは下半身を中心に脂肪燃焼効果を高めていきますが、ねじり運動は上半身に作用していくので、お腹痩せにも効果的なエクササイズです。

  1. 肩幅に足を開いて、八の字の状態を作ります。
  2. 両手を後ろに回して中腰になったら、ゆっくりとウエストをねじっていきましょう。
  3. これを10回から20回程度繰り返していきます。

ねじり運動自体は、簡単なエクササイズで誰でも行うことができます。チューブがあればチューブを使うとより効果的ですが、なければ無理して準備する必要はありません。1週間という短期間でお腹痩せを目指していくためには、ねじり運動のようにお腹に直接作用するエクササイズが効果的で、スクワットと組み合わせていくことで、より短期間でのお腹痩せを実現していくことができます。

1週間でお腹痩せを実現するエクササイズ 体幹トレーニング

378bb0a1b795a91e

続いてご紹介する1週間でお腹痩せを実現するエクササイズは、「体幹トレーニング」です。サッカー日本代表の長友佑都選手も、自身の体幹トレーニング法を公開するなど、トップアスリートも積極的に実践しているエクササイズの一つです。アスリートではなくても、1週間という短期間でのお腹痩せには効果的で、姿勢改善や筋力アップにも効果のあるトレーニングです。

  1. まず、うつ伏せ状態になって、握りこぶしを作ってから上体を真っ直ぐにします。
  2. 握りこぶしからひじをつけた状態で、つま先だけで体を支えていきます。
  3. 体を浮かせた状態を10秒から20秒程度キープし続けます。
  4. 休憩を挟みながら、5~10回程度行うと効果的です。

動画でご紹介しているのは、「プランク」と呼ばれる体幹トレーニングの一つで、握りこぶしとつま先で体重を支えることで、消費エネルギー量を高めていくことができます。インナーマッスルと呼ばれる深層筋を鍛えるのにも効果的なエクササイズで、1週間でのお腹痩せにも効果を発揮します。基礎代謝を高めて、脂肪燃焼効果もあるので、太りにくい体質作りにもおすすめのエクササイズです。

1週間でお腹痩せを実現するエクササイズ ドローイン

最後にご紹介する1週間でお腹痩せを実現するエクササイズは、「ドローイン」と呼ばれるエクササイズです。ドローインも、1週間でお腹痩せを目指すためには効果的なエクササイズであり、お腹の内側にある筋肉を効率的に鍛えてくれます。寝ながらできるエクササイズなので、毎日寝る前などに行うことで、1週間での効率的なお腹痩せを目指していくことができます。

スポンサーリンク

  1. 仰向けの姿勢になって、下半身で三角形を作るように折り曲げます。
  2. タオルなどをお腹の上に乗せてから、手を上に向けた状態で開きます。
  3. ゆっくり息を吐きながら、お腹をへこませます。
  4. お腹をへこませきったら、今度はお腹を元の位置に戻していきます。
  5. 1セット5回~10回を目安に、2~3セット繰り返していくと効果的です。

ドローインは、比較的簡単にできるお腹痩せエクササイズとして人気があります。1週間でお腹痩せを目指す方はもちろん、1週間だけでなく、長期的な視点でお腹痩せダイエットを目指していきたいという方にもおすすめのエクササイズとなっています。寝る前に行うことで、お腹痩せ効果だけでなく、気持ちを静めて一日の振り返りを行える時間にもなるので、精神面においてもメリットがあります。

お腹痩せを目指すための食習慣

538cac251b2bab3b

1週間でお腹痩せを実現するエクササイズについてご紹介してきましたが、1週間でお腹痩せを実現するためには、食習慣の見直しも欠かせません。少なくとも1週間は、健康的な食生活を実行することで、お腹痩せにも効果をもたらします。食事と運動をバランス良く行っていくことで、効率的にお腹痩せを目指していきましょう。

早食いをやめる

1週間でお腹痩せを目指していくためには、まず早食いをやめることが大切です。食べる速度が速すぎると、満腹感がわかりにくくなり、必要以上に食べ過ぎてしまう可能性があります。本来、食べるべき量以上に、食べてしまうと摂取カロリーが消費カロリーを上回ってしまい、お腹痩せには逆効果となります。そういった意味でも、早食いの癖がある人は意識的に直していきましょう。

間食を避ける

1週間でお腹痩せを実現するためには、少なくともその1週間の間は、間食を避けて1日3食の健康的な食生活を目指してください。間食は、ダイエットには大敵です。お腹痩せどころか、お腹ぽっこりの原因にもなりかねませんので、特に間食してしまう癖がある人は注意が必要です。1週間間食を我慢することができれば、その後の間食癖も直る可能性があり、恒常的なダイエットにも効果的です。

糖質を抑える

1週間でのお腹痩せダイエットを成功させるためには、糖質を抑えることも大切なポイントです。特に、甘いもの好きな方や、スイーツ好きな方は注意が必要です。甘いものを食べると一気に血糖値が高まり、さらに甘いものを欲しくなるという悪循環に陥ってきます。甘いものは別腹というのは危険な行為であり、ダイエットには相応しくありません。まずは1週間、修行のつもりで我慢してみましょう。

1週間でのお腹痩せのために効果的な食品

31aa63a95a16c1ef

それでは、1週間でのお腹痩せのために効果的な食品についてご紹介していきます。1週間でお腹痩せできるエクササイズと合わせて、効果的な食品を摂取していくことで、理想の体に近づけていくことができます。糖質を抑えたり、間食を控えたり、早食いをやめたりするといった注意点も頭に入れつつ、1週間でのダイエットに効果的な食品についても覚えておきましょう。

肉・魚

1週間でお腹痩せを目指していく上では、お肉や魚といった食品を積極的に摂取することが大切です。肉や魚にはタンパク質が豊富に含まれており、そのタンパク質が筋肉へと変わっていくのです。必要以上に摂りすぎることは逆効果ですが、1日1食を目安にお肉か魚を食べることは効果的です。エクササイズの際の消費エネルギーを蓄えておくためにも、肉や魚を食べてエネルギーへと変えていきましょう。

緑黄色野菜

1週間でのお腹痩せダイエットを目指していく上では、「緑黄色野菜」の摂取も欠かせません。1週間とは言わず、ずっと食べ続けた方が良い食品ですが、食物繊維が豊富に含まれている緑黄色野菜を食べることで、消化吸収が遅くなり、腹持ちが良くなります。その分、間食のリスクや食べ過ぎといったリスクを避けることが可能となり、1週間でのダイエット成功にも大きな役割を果たしてくれます。

みかん・グレープフルーツ

1週間でのお腹痩せを目指していく上では、みかんやグレープフルーツといった柑橘系の果物を食べることもおすすめすることができます。柑橘系の果物には、体脂肪を燃焼させてくれる働きがあります。また、柑橘系の果物に含まれる「リモネン」と呼ばれる成分を体内に取り入れることで、エネルギー消費量を高めてくれます。エネルギー消費量が高まった状態で、エクササイズを行えばより効果的です。

1週間でのお腹痩せのために効果的な食品一覧

  • 肉・魚
  • 緑黄色野菜
  • みかん・グレープフルーツ
  • ナッツ類
  • 玄米・雑穀米
  • 納豆
  • 大豆・豆製品
  • ウーロン茶

サプリ

お腹痩せをサポートするには、サプリもおすすめです。メタバリアSは、糖の吸収を抑え、血糖値の上昇を抑える効果があります。食べたいけど、痩せたい…そんなワガママに応えてくれるサプリです。つい糖分を摂り過ぎてしまう方も、メタバリアを定期的に飲み続けることで、身体の内側から体質改善を図り、太りにくい身体に導いてくれます。

まとめ:お腹痩せを1週間で行うためのエクササイズについて

2a5e2122c359282e

お腹痩せを1週間で行うためのエクササイズについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。まずは、取り組めそうだと思えるエクササイズを見つけて、1週間実践してみることを意識してみましょう。1週間続けることができれば、お腹痩せ効果を実感することもできますし、さらにエクササイズを続けていくことで、より理想的な身体に近づけていくことができます。

せっかく1週間でお腹痩せできても、リバウンドして元に戻ってしまっては意味がありません。そういった意味でも1週間できたら、その後もさらに継続していくことが大切です。また、1週間でのお腹痩せを目指していく上では、エクササイズだけでなく食習慣の見直しも大切になってくるので、食事と運動の良い習慣を身につけて、効率的にお腹痩せダイエットを成功へと導いていきましょう。

人気記事