Medium fe05d84eb944ccc4

寝る前に紅茶を飲む効果・効能は?ダイエットも期待できるか調査

カフェインのせいで寝る前に紅茶を飲もうとは思わないもの。しかし、実はダイエット効果があるということが分かり、寝る前に紅茶を飲むことが推奨されています。紅茶の飲み方を間違えなければ、寝る前に飲んでも眠れなくなることはありません。紅茶の正しい飲み方を紹介します。

カテゴリー:飲み物  作成者:erie  投稿日:2018/01/18

目次

紅茶でダイエット出来る?

寝る前に飲んだらカフェインで眠れなくなるのでは?

紅茶を寝る前に飲むと眠れなくなってしまったという経験がある方も多いのでは?しかし実は寝る前の紅茶にはむしろダイエット効果があるのです。もともとイギリスでは古くから紅茶が愛飲されてきました。しかも「東洋の万能な秘薬」として重宝されていたのです。とはいえカフェインで眠れなくなるという心配があります。

しかし工夫をすれば紅茶を寝る前に飲んでも眠れなくなることはありませんし、寝る前に飲むとむしろダイエット効果が期待できるようになります。どんな紅茶にダイエット効果が期待できるのか、そしてどのように飲むとより効果が期待できるのでしょう。さらに紅茶以外でダイエット効果が期待できる飲み物を紹介します。

紅茶の種類

それぞれの紅茶の効能

紅茶というとアフタヌーンティーのイメージが強く、夜寝る前に飲むという感じはしません。しかし最近では、紅茶を寝る前に飲んだり、食後に飲んだりすると体がすっきりしたという嬉しい効果が報告されているのです。といっても全ての種類の紅茶にダイエット効果が期待できるわけではありません。では、どのような紅茶にダイエット効果が期待できるのでしょうか。

コンブチャ セレブリティー

コンブチャといっても日本特有のコンブ茶とは異なります。このお茶は海外セレブの間で話題になった紅茶なのです。有名海外セレブ、ミランダ・カーも飲んでいるらしい紅茶ということで期待も高まりますね。コンブチャは発酵飲料なので酵素、乳酸菌が豊富に配合されています。それによって体の毒素を外に排出してくれるデトックス効果や、便秘解消にも期待が高まっています。

ダイエット効果だけではなく、内側からも美しくなれる可能性を秘めている紅茶なのです。海外セレブ達の間で話題になっているのもうなづけます。セレブな気分を味わいながら、寝る前のひととき内側から美しくなれる紅茶を試してみませんか?

しょうが紅茶SSS

生姜には体を温めてくれる効果があります。風邪の予防や、基礎代謝を高めてくれる生姜はダイエットには持ってこいの食材。その生姜をダイエット効果がある紅茶に入れ、寝る前に飲むとより効果が期待できるものに仕上げたものがこのしょうが紅茶SSSです。

色々な通販サイトで手に入れやすい商品ということで人気の生姜入り紅茶。飲むと体があたたまり、多くの女性の悩みである便秘も解消されたという声も多くみられます。便秘に悩んでいる人の味方でもあるしょうが紅茶。寝る前に飲んでしょうがと紅茶の効果を同時に実感してみましょう。

ラクシュミー ジンジャーティー

先程のしょうが紅茶SSSと同様、生姜が紅茶の中に含まれているダイエット紅茶です。ラクシュミーとは有名な紅茶専門店で、紅茶の香りと味が高く評価されているお店。そんな紅茶専門店から発売されているこのジンジャーティーは、自宅で手軽に作れる優れものです。ポットに量を調節した茶葉を入れてお湯を注ぎ…という面倒な手順はいりません。

ラクシュミーのジンジャーティーはティーパックなので手軽に作れます。後処理も面倒臭くないというのも嬉しいですね。芳醇な紅茶の香りに包まれてホッと一息つきながらダイエット効果も得られるとは、無理なく続けられそうです。

ハチミツ紅茶

文字だけで甘く美味しそうな雰囲気がする紅茶ですね。この紅茶は自宅で作れる手軽なダイエット飲料です。紅茶にハチミツを入れて混ぜるだけ。これだけでダイエット効果が得られるのか心配になりますが、ハチミツの量や飲む量に気をつければこれほどお手軽なダイエット飲料はありません。

温かいストレートティーにハチミツを混ぜてホット一息してみませんか?リラックスしている間にも体内では体がすっきりするように紅茶が働きかけています、今日から紅茶にハチミツを入れて飲んでみましょう。

夜に飲むのはどんな紅茶がおすすめ?

夜寝る前に飲むべき紅茶は、上で挙げた4つのうちどれだと思いますか?それはハチミツ紅茶です。このハチミツ紅茶を寝る前に飲むと、眠れなくなるどころかぐっすり眠れるのです。しかし正しい飲み方をしないとせっかくのハチミツ紅茶の効果がありません。

ハチミツ紅茶を寝る前に飲んで、効果を実感しましょう。紅茶のアレンジの仕方や、寝る前に避けたい飲み物なども紹介していきます。ダイエットには睡眠も大事な要素ですから、寝る前の行動で痩せるかどうか決まるといっても大げさではありません。

正しい飲み方と摂取量は?

スポンサーリンク

紅茶にはカフェインが含まれています。カフェインが含まれているものを寝る前に摂取してしまうと、眠れなくなってしまうのはよく聞くことですよね。そう言われている理由はカフェイン。カフェインには覚醒作用があるので眠れなくなってしまいます。

ですからハチミツ紅茶も寝る前直前ではなく、寝る前の1時間前に飲みましょう。200mLから400mLの温かい紅茶に、大さじ一杯分のハチミツを入れてよく混ぜて飲んでみてください。これを1時間前に飲むことで、紅茶の持つカフェインの覚醒作用に影響されずに済みます。

ハチミツには安眠効果があるので温かい紅茶以外には温かいミルクに入れて飲むという人もいるかと思います。ハチミツを紅茶に入れて飲むと、良質な睡眠をしっかりとれます。疲れもとれますし代謝がアップするのも健康にもダイエットにも嬉しい効果ですね。

自分でアレンジしてみるのもグット

紅茶は大好きでも毎日同じ味では飽きるという人は自分でアレンジしてみるのも良いですね。ハチミツや生姜などを入れて楽しみましょう。あくまでもダイエットのために飲んでいるのでミルクたっぷりなどは控えましょう。ストレートで飲むのが好ましいですが、その際はダージリンを選ぶのをおすすめします。

ダージリンにはリラックスする香りがあり、寝る前の1時間前に飲むとよく眠れる効果が期待できます。紅茶は飲みすぎると歯の色素が茶色くなってしまう可能性があるので飲み過ぎには注意しましょう。飲んだら歯磨きを忘れずに。自分なりのアレンジティーを程良く楽しみましょう。

カフェインたっぷりの飲み物は避けるべき

コーヒーは寝る前直前ではなく、寝る前の1時間前に飲みましょう。コーヒーにはカフェインが含まれていますから、寝る前直前には向かない飲み物です。あとは栄養ドリンクなどのドリンクは寝る前ではなく、寝る時間を逆算した3時間前に飲みましょう。寝る前の行動によって、質のいい睡眠がとれるかどうかが決まります。

寝る前にリラックスした状態を作っておかないと、日中の様々な影響を受けた脳は簡単に睡眠状態に切り替えることができません。寝る前の軽い運動や、寝る前の入浴、寝る前のアロマテラピー、寝る前の音楽鑑賞などが脳の睡眠状態を作り出し、ぐっすり眠れるというわけです。逆に、寝る前の飲酒や、寝る前にパソコンや携帯をいじるという行動は寝る前の脳には悪影響です。

寝る前に飲酒をすると逆によく眠れるような気がしますが、実際は体内でアルコールが分解されて作り出されるアセトアルデヒドの影響で快眠とは言えなくなります。寝る前のパソコンや携帯は、交感神経の働きが優位になるため脳が興奮状態になります。

寝る前に快眠状態を作り出すことで、ダイエットや美容、健康にもいい効果がもたらされます。寝る前の行動を見直し、今日から寝る前には軽いストレッチなどを行ってみましょう。もちろん寝る前1時間前のハチミツ紅茶を忘れずに。

紅茶以外にもダイエット効果のある飲み物を紹介

青の花茶

寝る前の紅茶は体にいい効果をもたらします。しかしストレートの紅茶を寝る前に飲むと言っても、ストレートティーの味が苦手という人はいるかと思います。寝る前に飲むと紅茶と同じような効果が得られる飲み物を紹介します。ぜひ寝る前に飲んでみてください。

FABIUSから発売されている青の花茶は、ダイエットをしたいのに甘いものがやめられないなどの他に疲れやすいなどの人におすすめのお茶です。青の花茶の美しい青にはリラックス効果があり、ダイエットとリラックスの効果を求めている人にぴったりのお茶です。寝る前、ティータイムにホッと一息ついてみませんか?

ダイエットプーアール茶

プーアール茶には独特の臭みがあります。しかしそれをすっきりとした味わいになるように工夫し作られたのが、TeaLifeから発売されているこのダイエットプーアール茶です。飲みやすくマイルドな口当たりで体をすっきりさせてくれるサポートをしてくれます。

寝る前にこのダイエットプーアール茶を飲んでみてください。毎日寝る前にこのお茶か、紅茶などを飲んで体をすっきりさせてみませんか?寝る前には紅茶、青の花茶、ダイエットプーアール茶のどれか、自分に合うお茶を飲みましょう。

寝る前に紅茶を飲む効果・効能は?ダイエットも期待できるか調査

いかがでしたか?寝る前に紅茶を飲むことでダイエット効果があるとは驚きです。寝る前に紅茶を飲むだけで体をすっきりさせられるというのは、可能なのでしょうか。寝る前に紅茶を飲むだけで痩せられるかどうかを試してみましょう。ただ寝る前直前ではなく、寝る前の1時間前に飲むということを忘れないでください。紅茶で内側からより美しくなりましょう。

人気記事