Medium 130d23265fe69025

BCAAの脂肪燃焼効果は?ダイエットにおすすめのアミノ酸の摂り方

筋トレや有酸素運動を行うにはBCAAサプリメントを摂りながら疲労回復し集中力を持続して脂肪燃焼を続けましょう。脂肪燃焼も持続してこそ、痩せる体質に繋がり、より確実なダイエット効果が出ます。今回はより確かなダイエットにおすすめのアミノ酸の摂り方の解説をします。

カテゴリー:ダイエット商品ダイエットサプリ  作成者:christal001  投稿日:2018/01/31

目次

必須アミノ酸のBCAAを積極的に摂ろう

BCAAとプロテインの違い

早い話、どちらも筋肉作りに欠かせない栄養で、BCAAは必須アミノ酸でタンパク質を構成するもので、プロテインはタンパク質そのものです。もっとわかりやすく言うと、両方とも活動や運動をする際に補助的に摂ると身体づくりに役立つもので、BCAAはサプリメント、プロテインは健康食品と考えてもらうと良いのではないでしょうか。もちろん両方とも食品から摂取することも可能です。

ダイエットの肝は、身体に貯まった脂肪をいかに燃焼するか、これにつきます。脂肪燃焼のためには、筋トレや有酸素運動を行って、体に貯まった脂肪を運動のためにエネルギーとして分解し、燃焼して、運動エネルギーとして使ってしまうことです。使ってしまうと脂肪はなくなり、そうすることで体脂肪が減り、体重が減少します。これが正統派のダイエットであり、健康的な減量です。

日常の活動や筋トレで筋肉を使うと、筋肉の中にある筋タンパク質が分解され、適切に補われて疲労が回復します。そうすることで筋肉はより強く発達していきます。適切にタンパク質やBCAAが供給されていると過剰に筋タンパク質が失われることを防ぐことが出来ます。つまり、筋肉を使う運動をする人は、筋タンパク質を養うために、BCAAとプロテインを補うことが重要です。

BCAAを補うには?

必須アミノ酸の中でも、筋肉の保持や増量に最も重要な役割をしているのが、BCAAというバリン、ロイシン、イソロイシンの3種類のアミノ酸です。 BCAA は良質なたんぱく質の中でも、まぐろ、かつお、あじ、サンマ、牛肉、鶏肉、卵、大豆、高野豆腐、チーズなどに多く含まれています。これらを見ると、いかにも美味しそうな脂質も多い、摂取カロリーが多そうな食品が多いですね。

BCAAの効果

イソロイシン

BCAAの効果のうち、イソロイシンは脂肪燃焼に関わっています。イソロイシンを摂取して運動をすると、エネルギーとして蓄積された体脂肪を分解し燃焼する効果がより期待できます。貯まった脂肪をどんどん燃焼する運動前にBCAAを摂取することでダイエット効果が期待できるというわけです。

ロイシン

ロイシンは膵臓からのインスリン分泌を促進し消化を助け、筋タンパク質の合成を増やすことが分かっています。筋タンパク質を合成するには、原料となるタンパク質を食品から摂取する必要があります。日常の活動をするには栄養バランスの良い食事から摂取するたんぱく質やアミノ酸でも十分ですが、筋トレや有酸素運動を行う場合、食事からの栄養補給では足りないことがあります。

そのため、食事からの栄養素だけでなく、追加的にサプリメントなどを摂って、不足しがちな栄養素を足りなくなる前に摂ることが望ましいとされます。BCAAなどのアミノ酸は活動するためのエネルギーを作り、脂肪燃焼、代謝機能などの活性化をするので、健康を気にする人の間ではBCAAなどのアミノ酸サプリメントを摂ることが日常的になってきました。

バリン

バリンは精神集中に関わり、脳内ではアミノ酸のトリプトファンとBCAAがバランス良く存在して精神が安定した状態を作っています。筋トレを行うとアミノ酸が使われると、脳内のトリプトファンとBCAAのバランスが欠けてきます。トリプトファンが多くなり、BCAAが足りなくなると、トリプトファンが優先的にセロトニンを作りだし、そのために疲労感を感じる仕組みになっています。

予めBCAAを摂っておくと、トリプトファンとBCAAのバランスが取れて、セロトニンが出過ぎず疲労感も出なくて済みます。疲労感を感じにくいと、緊張感を継続して、集中している状態が続きます。つまり、疲れを感じないで済むばかりか、より集中することが出来るようになります。運動をして脂肪燃焼するにも疲れて運動を続けられなければ元も子もないですね。

脂肪燃焼は継続してこそ効果があり、貯まった脂肪をどんどん燃やして減らし、その結果、痩せ体質に繋がるという訳です。実際に、BCAAをどれだけ摂取すると時間集中できるか、脂肪燃焼するかなどの用量反応関係や長期的な効果の医学的な根拠は明らかではありませんが、筋肉を使う選手のみならず、高齢者でも筋肉の減少予防や特殊な疾患での効果が期待されて研究が進んでいるところです。

BCAAの正しい摂取方法

BCAA配合サプリメントで効率的に摂取

BCAAを含む食品は身体作りに欠かせない栄養素ばかりで、バランス良く食べるとBCAAを摂取することが可能です。ただ、ちょっと気になるのはこれらを食事で摂った場合、その摂取カロリーも相当大きくなることです。ダイエットを目的とするなら摂取カロリーのことを考えてしまいますね。効率良くBCAAを摂取するにはサプリメントなどから摂ると摂取カロリーを抑えることが可能です。

どのタイミングで摂取するのがベスト?

活動や筋トレなどでの脂肪燃焼アップや、疲労予防、集中力アップを目指す場合のBCAAサプリメントの摂り方は活動の約30分前がベストです。筋肉の疲労などによる筋肉中の筋タンパク質の分解を防ぎ、筋肉の減少を防ぎます。BCAAサプリメントを摂っておくと、トリプトファンの増加を抑え、疲労感を抑えます。

マラソンや登山など長時間運動する場合、BCAAサプリメントを摂ると、筋肉疲労に対する回復を素早く行えます。トレーニング前にBCAAを飲むことはもちろん、運動中にもBCAAを供給するのがおすすめです。脂肪燃焼が持続して行えるので、より脂肪燃焼が進みます。BCAAサプリメントを適切に摂ると集中力を維持し、疲労の蓄積を予防し、事故や怪我防止にも役立ちます。

筋肉は負荷をかけたトレーニングを行うとより強くなっていきます。その時に大事なことはきちんと休養して疲労を回復することです。トレーニング直後にBCAAサプリメントを摂ると、筋肉を使って失われたわれた筋肉中の筋タンパク質を補うことが出来ます。BCAAサプリメントを飲むことで、精神的な疲労にも、肉体的な疲労にも休養効果が期待出来ます。

副作用は危険性はない?

BCAAの摂取量の目安は1日2,000mg〜4,000mgと言われています。厚生労働省による日本人の食事摂取基準(2015)から算定すると、体重1kgに対してバリン26mg・ロイシン39mg・イソロイシン20mgが目安となります。体重50kgの人だとバリン・ロイシン・イソロイシンの1日の目安の摂取量はバリン1,300mg・ロイシン1,950mg・イソロイシン1,000mgとなり合計すると4,250mgです。

BCAAサプリメントの多くはバリン・ロイシン・イソロイシンの配合比率が1:2:1または1:4:1になっています。市販のBCAAサプリメントは、体重にもよりますが1日に約4000mgを摂取するようにしていれば、それぞれアミノ酸が過剰摂取となることはないでしょう。用量についてはBCAAサプリメントに添付された説明書をきちんと読んで正しい量を服用しましょう。

医薬品及び健康食品には摂取量に関しては必ず記載があります。指示に従って飲むようにしましょう。アミノ酸などタンパク質でも服用する場合、肝臓および腎臓で代謝をしますので、過剰な用量の摂取によっては体調不良などを起こす可能性があります。BCAAサプリメントを服用する場合は、必ず摂取量を守りましょう。既往症のある場合は必ず主治医に聞いてから服用しましょう。

筋肉の増強ならプロテインもオススメ

健康を目指して、美しくしなやかな筋肉を作るためには栄養バランスの良い食事が大切です。脂肪燃焼や疲労回復をしながら、無駄のない筋肉作りをするには、BCAAサプリメントと一緒にプロティンも摂取しましょう。プロティンの飲み方のタイミングは運動の30分程度前が良いですね。また運動で使った筋肉の疲労回復のためにも、運動後1時間以内にプロテインを飲みましょう。

ジェシカズ・フォーミュラ

筋トレや有酸素運動の効果をより期待するには栄養補給と疲労回復のバランスが重要です。疲労回復しないうちに運動すると事故や怪我にも繋がります。正しくプロテインなどを摂取し、疲労回復するには適切な休養も必要です。ジェシカズフォーミュラの女性に嬉しいイソフラボン配合のプロテインなら休養も回復も無駄なく女性の綺麗に貢献します。

BCAAの脂肪燃焼効果は?ダイエットにおすすめのアミノ酸の摂り方まとめ

活動や運動の前中後にはBCAAサプリメントを飲むと、素早い疲労回復や集中力アップが期待出来ます。疲労を残さず、集中力を維持すると、事故や怪我予防にも役立ちます。またダイエット効果の期待できる脂肪燃焼にもBCAAサプリメントの効果が期待出来ます。BCAAとプロテインを一緒に摂って脂肪燃焼を継続し、よりダイエットを進めましょう。

人気記事