Medium 520e8378d7fd44de

どうしても痩せたい人へ!おすすめのダイエット法と成功するポイント

どうしても痩せたいと考えている方はとても多いのではないでしょうか。しかし、ただやみくもにダイエットに励んでも効率が悪いです。そこで、どうしても痩せたいとお考えの方のために、おすすめのダイエット方法と、ダイエットに成功するためのコツやポイントをまとめました。

カテゴリー:その他ダイエット法  作成者:  投稿日:2018/02/14

目次

ダイエットを成功させたい方必見

5eccaed709827718

女性ならばモデルさんのようなスリムな体型に憧れるのは当たり前のことですよね。男性でも、肥満体型やポッコリお腹が気になっている方も多いと思います。性別に関係なく、誰だって痩せていたいと思っているはずです。しかし現実はどうでしょうか。きっと今このページをご覧になっているということは、体型に対して何らかのコンプレックスを抱えているのではないでしょうか。

これまで、どうしても痩せたいといくらダイエットを頑張っても結果が出ずに、途中で諦めてしまったという経験をされたことがあるでしょう。しかしそんな苦い経験をするのも終わりにしましょう。今まで痩せれなかったのは正しいダイエットをしてこなかっただけです。ここでは、どうしても痩せたいと願う方々のために、正しいダイエット方法と成功するポイントをお教えします。

まずは何キロ痩せたいか目標を立てよう!

6f7035fd04214598

どうしても痩せたい!その気持ちを持つことは大事ですが、やる気だけでは効率的とは言えません。ダイエットを成功させるためには、どうしても痩せたいといってただやみくもに食事制限やエクササイズを行うのではなく、まずは目標や計画を立てることが大切になります。

何キロ痩せたいか

まずは、目標とする体重を決定して、その体重になるには何キロ痩せなければいけないのかを明確にしましょう。つまり、その分の脂肪を燃焼させなければいけないということです。ちなみに、脂肪1kgを燃焼させるためには7200kcalの消費が必要になります。体重を10kg落としたいなら7200×10=72000kcalを消費させなければいけないのです。

ポイント

7200kcal消費すれば脂肪1kgを燃焼させられる

消費カロリーの計算方法

痩せたい体重を決めて、何kcal消費させなければいけないのか分かったところで、次は消費カロリーの計算方法を知っておきましょう。消費カロリーは

ポイント

消費カロリー(kcal)=体重(kg)×メッツ値×時間(時間)×1.05

で求めることができます。メッツ値というのは、何もしていない安静時を1として、運動の強度を表す数値です。メッツ値が高ければ高いほど、消費するカロリーが多くなる激しい運動になります。以下に代表的な運動とメッツ値の表を掲載しておきます。

代表的なメッツ値
ストレッチ 2.5
家事 2.5
ウォーキング 3
サイクリング 4
ジョギング 7
筋トレ 8

上の計算式を使えば、どんな運動をどれくらいの時間行うと、どれだけのカロリーを消費できるのが分かるので、ダイエットの計画が立てやすくなります。

摂取カロリーと基礎代謝

私たちは食べ物を口にし、そのエネルギーを使って生活をしています。基礎代謝というのは、人間が生きていくために必要なエネルギー量で、何もしなくても基礎代謝の分だけカロリーは消費されます。基礎代謝量の計算方法は、上に挙げた消費カロリーを求める計算式を使い、メッツ値を1として計算して下さい。

食べ物を食べているので当然そこからカロリーを摂取しているのですが、摂取カロリーより基礎代謝量のほうが多ければ、放おっておいても痩せていきます。つまり、摂取カロリーを常識の範囲内で抑えて、基礎代謝と消費カロリーの合計量を摂取カロリーより増やすことで、確実にダイエットできるというわけです。

食事方法は?

02d4e6e79cd015e5

どうしても痩せたいなら、カロリーを消費させるだけではなく、摂取するカロリーのことも考えなければいけません。そのため、食事の内容や方法に気を遣わなければいけません。

夕食を早めに食べ終わる

仕事や生活スタイルの関係で無理な方もいるかもしれませんが、夕食は遅くても夜8時までには食べ終え、それ以降は一切何も口にしないようにしましょう。私達の体の中には、脂肪を蓄える働きをする細胞が存在しています。しかもこの細胞の数は時間帯によって変化し、夜10時~夜中2時の間に最も多くなると言われています。

この細胞は朝が最も少なく、昼3時頃から増え始めるので、夕食を食べる時間は早ければ早いほど良いでしょう。また、寝る前に胃に何かが入っている状態はあまり良くありませんので、遅くても夜8時までには食べ終えて、十分消化してから寝るようにしましょう。

間食をしない

Ff5621606b5ed667

間食はダイエットの大敵です。完食すればするほど摂取カロリーが増えていきますので、ダイエットしにくくなってしまいます。どうしてもお腹が空いてしまう場合は、カロリーオフのガムを食べましょう。ガムは噛むことによって脳の満腹中枢が刺激されて、空腹感を和らげてくれる効果があります。

置き換えダイエット

置き換えダイエットとは、1日3食の中で、1食や2食を酵素ドリンクやスムージーで置き換えるダイエット法です。ただ単に食事を抜いてしまうと、確かに摂取カロリーは抑えられますが、肝心の栄養が不足してしまいます。栄養不足に陥って不健康になってしまっては元も子もないです。

置き換えダイエットは、食事を抜いても酵素ドリンクやスムージーで栄養を補えるので、健康的に摂取カロリーを抑えることができます。

糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエットとは、お米やパンなどに含まれる糖質を食べないようにするダイエット法です。糖質を食べないようにすることで、体の中に脂肪が溜まりにくくなるといった効果があります。普段食べているお米を、こんにゃくやキャベツ、脱穀米などに置き換えても同様の効果が期待できます。甘いものが食べたくなったら糖質オフの甘味料が重宝します。

白湯を飲む

A8a530364f0b9f69

ダイエット中の飲み物としてオススメしたのが白湯(さゆ)です。大人気女優の深田恭子さんも白湯でダイエットを行って13kgも痩せたと話題になっていました。

ダイエット中に甘いものや体を冷やすことは厳禁です。白湯を飲むことで体が温まって代謝が良くなり、結果として基礎代謝量が高まります。すると効率的に脂肪を燃やすことが出来るので、痩せやすい身体になります。また、体が冷えてしまうと胃腸の働きが弱まったり、血液の流れが悪くなったりして、老廃物が溜まりやすくなります。それを予防するためにも白湯を飲むことが大事なのです。

おすすめの運動は?

Eaf1505e8dbbc973

ここまではどうしても痩せたいと思う方のために食事の面で気をつけたいことを見てきました。ただ、食事に気をつけることで摂取カロリーを抑えることは大事ですが、カロリーを消費して脂肪を燃焼させるためには運動も大事になってきます。そこで、効率的にカロリーを消費するためのおすすめの運動をご紹介していきます。

ストレッチ

日頃から運動を定期的に行っている方は少ないのではないでしょうか。そのような状態でいきなり頑張りすぎると体に負担をかけることになってしまいます。短期間で痩せるという目標を立てて、その期間だけ無理をしてでも頑張るということであればいいのですが、そうでないならばいきなり激しい運動をするのではなくストレッチのような軽い運動から始めましょう。

特に食事制限をしている場合は、過激な運動をしてしまうとめまいや立ちくらみ、貧血を起こしてしまう危険性もあります。大事なのは、ダイエットを無理なく楽しく継続させることです。まずは、体を動かすことに慣れることと、それを習慣化させることを目指しましょう。

ウォーキング

ストレッチで体を動かすことに慣れてきたら、軽いウォーキングを始めてみましょう。ウォーキングは歩きやすいシューズさえあればすぐにでも始められるので、お金がかからないエクササイズ法です。また、ウォーキングは脂肪燃焼に最も効果があるとされている有酸素運動です。自宅の周りを歩いたり、近くの公園を散歩代わりに歩いてみるのもおすすめです。

ウォーキングの歩く速さですが、早ければいいというものではありません。一番いい速さは少し息切れしてしまう程度がいいでしょう。そして、最も効果のあるウォーキングは朝行うことで、なるべく朝食の前に30分程度歩くのがベストです。

なぜならば、お腹が空いている時は、体は脂肪を燃焼させてエネルギーを得ようとするからです。また、朝ウォーキングを行うと血流量が増えて代謝が良くなり、その状態でその後の1日を過ごすことになりますので、普段より痩せやすくなるのです。慣れてきたら徐々にスピードアップするようにしましょう。

縄跳び

B9b6742fe8afb721

少し激しい運動になってしまいますが、ダイエット効果が高いのが縄跳びです。それもそのはず、縄跳びのメッツ値はジョギングや筋トレよりも高い約9なのです。縄跳びはダイエットに効果的な有酸素運動でもあり、それと同時に筋トレ効果もあるおすすめの運動です。

おすすめの縄跳びの方法は、1分間に60回飛んで30秒休むというのを1セットとして、それを5セット行います。飛ぶ回数やペース、休憩時間は多少調整してもいいですが、なるべくそれに近づけるように努力することが必要です。呼吸は鼻から吸って口から吐くようにして、軽く息切れする程度で行いましょう。慣れてきたら飛ぶ時間を2分、3分と長くするようにしましょう。

生活リズムを一定に整える

7dd91b8e3a45f3fd

ダイエットを頑張っているのになかなか痩せないとお悩みの方に多いのが、生活リズムや生活習慣が悪いということです。同じダイエット法を実践しているのに、うまく痩せられる人と効果が出ない人がいるのは、痩せやすい体かどうかというのが深く関係しています。当然、生活リズムや生活習慣が悪い方は基礎代謝が悪くなってしまうので、それだけ痩せにくい体になってしまっているのです。

多くの方が体内時計という言葉を聞いたことがあると思いますが、ダイエットと体内時計は関係性が高いです。夜更かしはせずに夜はしっかりと睡眠をとったり、朝はちゃんと起きて太陽を光を浴びたり、朝食をきちんと摂ったりすることで、体内時計は正確に保たれています。しかしこれが狂ってしまうと基礎代謝が悪くなってしまい、カロリー消費の効率が下がってしまうのです。

ダイエットには食事や運動も大事な要素ですが、それと同じくらい生活リズムや生活習慣も重要です。乱れた生活リズムを正常に戻して、正しい生活習慣を身につけるようにしましょう。

基礎代謝を上げることが大切

ここまでどうしても痩せたいとお思いの方のために、痩せるための方法や注意点をお伝えしてきました。食事・運動・生活習慣が大事なのですが、この3つに共通して関わっているのが基礎代謝なのです。生活習慣や食事に気をつけることで基礎代謝が高まり、その状態をキープできれば痩せやすい体になり、運動を継続して行えば必ず痩せることができるのです。

そんな基礎代謝をアップさせるために今話題になっているのがベルタ酵素ドリンクです。酵素とは私達人間が生きていくために必要不可欠な栄養素です。しかし、歳をとればとるほど、体内で生成される酵素は減少していきます。歳をとると若々しさがなくなるのは酵素不足が一因となっています。

酵素が体内で生成されにくくなって不足してしまったら、後は外部から補給するしかありません。そこでベルタ酵素ドリンクを飲んで酵素を補給してあげることで、若々しさを保つことができ、基礎代謝もアップすることでダイエットにも効果があるのです。

どうしても痩せたい人へ!おすすめのダイエット法と成功するポイントまとめ

7bc082b607e0d80a

どうしても痩せたいと考えるなら、まずは真っ先に目標を立てることです。どうしても痩せたいという気持ちだけではダイエットは成功しません。ダイエット後の体重を決めることで、何キロ痩せなければいけないのかという目標が明確になります。そして、そのために何カロリーを消費しなければいけないのかも計算しておきましょう。

目標が立ったら、後は行動あるのみです。暴飲暴食や間食は厳禁です。栄養バランスを考えて、しっかりと規則正しい食生活を心がけましょう。また、よりカロリーを消費させるためにも、ストレッチなどの軽い運動から始めて、慣れたらウォーキングや縄跳びをして、脂肪燃焼に拍車をかけていくことです。

併せて、ダイエット成功の近道は基礎代謝を上げて痩せやすい体にすることです。痩せやすい体づくりのために酵素ドリンクを飲むようにして基礎代謝アップも目指しましょう。

人気記事