Medium 17b04bdd47d09cbe

セルライトをなくす方法!セルフマッサージや除去する効果的な運動は?

太ももや二の腕などにできるセルライトは、脂肪と老廃物が結合してできるため食事制限などのダイエットではなくすことができません。そんな厄介なセルライトをなくすセルフマッサージや効果的な運動をご紹介していきます。セルライトをなくして美ボディを手に入れましょう。

カテゴリー:部分痩せセルライト  作成者:hana06  投稿日:2018/02/17

目次

頑固なセルライトをなくす方法

D09f23bb02b78bcc

ダイエットをしてもなくすことが難しいセルライト。特に太ももの裏側にできやすく、ボコボコした皮膚に悩まされている女性も多いはずです。

セルライトは皮下脂肪が老廃物や水分、コラーゲン線維などを巻き込んで硬くなった脂肪です。そのため食事制限のような普通のダイエットではなくすことは難しいのが特徴です。
そんな頑固なセルライトができる原因や除去する方法、効果的なマッサージやクリームなどをご紹介していきます。

セルライトチェック方法

セルライトができてしまうとなくすのは大変です。できないように予防することが一番ですが、セルライトを早い段階でケアすることも大切です。自分で簡単にセルライトチェックできる方法をご紹介します。

これってセルライト?

セルライトができやすいのは皮下脂肪の多い太もも(特に太ももの裏側)やお腹、二の腕です。雑巾を絞るようにできそうな場所を軽く絞った時に、皮膚がボコボコとなったらセルライトです。このボコボコした皮膚はオレンジピールスキンと呼ばれ、皮下脂肪の中でセルライトが作られているということです。

注意!セルライト予備軍

太ももや二の腕を軽く絞ったり、強く押してもオレンジピールスキンが見られなくても安心はできません。強く押したり、摘まんだり時に内出血やアザができても治りが遅い場合は、体の中に老廃物や水分が溜まり、血液やリンパの流れが悪くなり始めています。そのままにしておくとセルライトになる可能性が高くなっています。

セルライト初期

脂肪を摘まむとうっすらと皮膚がボコボコして見えたら初期段階です。老廃物や水分が溜まっているため血液やリンパの流れが悪くなっているので、血管がもろくなり軽くぶつけただけでも内出血を起こしやすくなります。さらに進むと脂肪を摘まんだり、軽く絞るとはっきりとボコボコしたオレンジピールスキンが確認できるようになります。

セルライト中期

横になった状態では肌のボコボコは見えませんが、立つと肌にオレンジピールスキンが現れるようになります。セルライトができた部分は血液の流れが悪く、老廃物や水分が溜まっているため冷たくなります。さらに進むとセルライトができた皮膚表面にシワができたり、一部の血管が膨れて発熱する場所ができることもあります。

セルライト後期

血液の流れが滞ってしまうため老廃物や水分が排出されず、脂肪細胞は大きくなっていきます。さらに巻き込まれたコラーゲン線維が太くなり、大きな脂肪細胞が密集した状態は蜂の巣のようで見た目も悪くなります。

なぜセルライトができてしまうの?

9295a98566c3a5a0

太ももやおしりなどにできやすいセルライトは、肌がボコボコとして見た目も悪くなってしまいます。一度できてしまうと除去するのが難しいセルライトですが、その原因は太ったからというだけではありません。実は筋肉の衰えや基礎代謝の低下、塩分の摂り過ぎ、乱れた食生活など毎日の生活の中にも原因は沢山潜んでいます。

運動不足による筋肉量の低下

運動不足になると筋肉量が低下してしまうため脂肪を燃やす力が減少します。また使わなければ年齢に関係なく筋肉は衰えてしまいます。筋肉は脂肪を燃やしエネルギーを作り出す働きをするため、筋肉量が低下すると脂肪が溜まりやすい体になるためセルライトができやすい体になってしまいます。

筋肉は使わなければ筋肉量が低下し衰えていきます。本格的な運動は無理でも、階段を使う、一駅歩くなど毎日の生活の中で筋肉を動かすように意識するようにしましょう。

食生活の乱れ

B5e3452b550793d9

脂肪の多い食事や塩分などむくみの原因となる食生活はセルライトを作り出す原因となります。脂肪の多い肉や甘いお菓子などを多く食べていると、血中コレステロールが増えて血液がドロドロになります。脂肪の摂り過ぎと血液の流れが悪くなることはセルライトを増やす原因となります。

また塩分の多いスナックや味の濃い食事は水分を多く摂ってしまいます。過剰な塩分や水分はむくみを引き起こす原因となり、血液やリンパの流れを悪くして代謝を低下させてしまいます。太りやすい体になり、流れが悪くなることでセルライトの原因となります。

基礎代謝の低下は溜め込む体に

加齢だけでなく運動不足や筋肉量の低下、食生活や生活習慣、ストレスなどによっても基礎代謝は低下してしまいます。基礎代謝が低下すると体の巡りが悪くなるため、むくみや冷え性の原因となりセルライトができやすい体質になってしまいます。

運動でむくみを解消

Cb70a7f400f2aea3

血液やリンパなど体の巡りが悪くなると、余分な水分が細胞の間に溜まりむくみが起こります。特に足は血液を流す心臓から遠く、重力によって水分が溜まりやすいことからも「むくみやすい場所」といえます。

筋肉は血液やリンパを流すポンプの役割をしています。適度に筋肉をつけることは、体の巡りを良くしてむくみを解消してくれます。運動によって筋肉を鍛えることで、セルライトの原因となるむくみを解消してくれます。

足の筋肉を鍛える運動

筋肉を鍛える運動といっても激しい筋トレではありません。軽く汗をかく程度の運動でかまいません。毎日続けることが筋肉を鍛えるうえで大切になります。足の筋肉を鍛えるにはウォーキングが最適ですが、普段運動をしなかった人がいきなりウォーキングを始めると膝を傷めることもあります。最初は簡単な筋トレから始めて、筋肉が付いてきたらウォーキングへとステップアップしてはどうでしょうか。

どこでもできる簡単ストレッチ

足の血流をよくしてむくみを改善してくれる簡単ストレッチです。座りっぱなしや、立ちっぱなしの仕事など気づいた時におこなうと、むくみを防いでくれます。

  1. かかとを床につけたまま、つま先を持ち上げて3秒キープ
  2. つま先を床につけたまま、かかとを持ち上げて3秒キープ

ふくらはぎを鍛える「カーフレイズ」

ちょっとした段差があれば簡単にふくらはぎを鍛えることができるカーフレイズ。血液を戻すポンプ機能を高めてむくみを解消して、さらに美脚効果もあります。

  1. 足は肩幅に開いて段差にのります。最初は壁に向かって立ってもOKです。
  2. 重心は親指の付け根を意識して、息を吐きながらつま先立ちになります。
  3. ゆっくりと息を吸いながら足を下ろします。床に足をつけないように注意。
  4. これで1回となり、10回で1セットです。最初は1セットから、馴れたら1回3セットを目標に!

下半身に効く「スクワット」

066d1623825ee730

下半身を重点的に鍛えることができるスクワット。実は腹筋よりも筋力が鍛えられることを知っていますか?無理のないよう1日5回からでOKです。目標は10回1セットを1日3セットです!

  1. 足は幅より少し広め、手は腰に当てて立ちます。
  2. 背筋を伸ばして、太ももと床が平行になるように息を吸いながら腰をおとします。無理せずできる範囲で。
  3. 息を吐きながら膝が「くの字」になるまで腰を上げていきます。
  4. ここまでで1回です。最初は5回から、無理せず徐々に増やしていきましょう。

ポイント

膝を完全に伸ばして行うと、膝に負担がかかってしまいます。戻るのは「くの字」まででOKです。

セルフマッサージでセルライトを解消

セルライトは太ももやおしりなど脂肪が多いところにできやすく、簡単には除去することができません。そのまま放置してしまうと更に大きなセルライトになってしまいます。できないようにすることが一番ですが、できてしまったセルライトは小さいうちにケアすることが大切です。

マッサージを行う時は入浴後など体が温まり、血液の流れが良くなっている時に行うのが最も効果的です。また足の裏からふくらはぎ、膝、太ももというように、下から上へ向かってセルライトを流すイメージで行いましょう。セルライト除去に効果的なマッサージをご紹介していきます。

簡単5ステップ!足裏オイルマッサージ脚のマッサージ方法

  1. マッサージオイルを手にとり、足裏全体によく馴染ませる
  2. 足裏をかかとから指先に向かって握りこぶしでしごく
  3. 足の指を付け根から1本づつゆっくり回して、最後は軽く引っ張るように離す
  4. 足の甲側、親指から順番に指の骨の間をつま先に向かってなぞる
  5. 足の指と手の指を組んでゆっくりと足首を回す
  6. 反対側の足も同じように

セルライトを除去する簡単マッサージ

  1. 手にオイルかミルクをつけて足首から足の付け根まで流す(3回)
  2. 足の指の間を親指から順に手の親指を使って流す(3回)
  3. 4本の指を使ってくるぶしの周りを流す(3回)
  4. 手のひら全体で足首から太もものまで流す(3回)
  5. 4本の指を使ってふくらはぎの裏側中心を足首から膝裏まで流す(3回)
  6. 手を握り第二関節を使ってふくらはぎの裏側を足首から膝に向けてさする(6回)
  7. 同じように第二関節を使って太ももの裏側を膝から付け根に向かってさする(6回)
  8. 同じように第二関節を使って太ももの上側を膝から付け根に向かってさする(6回)
  9. 両手で足を摘まむように足首から太ももの付け根、付け根から足首と3往復する
  10. 太ももの外側を親指と4本の指で摘まんで、親指を下に流す(1ヵ所を3回繰り返す)
  11. 太ももの内側も同じように行う
  12. 足首から太ももに向かって、手のひらで足を包むように流す(3回)
  13. 反対の足も同じように行う

マッサージで太もものセルライトを除去!

  1. 床に座り両足を大きく開く。左足を内側に曲げて、左手を右足つま先に近づくように体を倒して5秒キープする。反対側も同じように行い、左右交互に3回繰り返す。
  2. 横向きに寝て、下になった手で頭を支える。上になった手で上の足首をつかみお尻にくっつけた状態で20秒キープする。反対側も同じように行い、左右交互に3回繰り返す。

スポンサーリンク

おすすめマッサージクリームをご紹介

足のマッサージには血液やリンパの流れをよくしてむくみや冷えを解消する効果があります。それによって老廃物や水分が溜まるのを防ぎ、セルライトができにくくなります。マッサージをする時には肌への摩擦による負担を減らし、保湿や保温効果もあるマッサージクリームを使うとより効果的です。

いろいろなマッサージクリームがありますが、セルライトには脂肪燃焼効果やむくみ解消効果のあるセルライト除去クリームを使うとより効果を実感することができます。

リピア・ミューズ

マッサージサポート成分が1.5倍にパワーアップされたリピュアミューズは、フランス発の特許成分やエステ成分などが贅沢に配合されたマッサージクリームです。べたつかずサラッとした使い心地で気になる部分を集中的にマッサージできます。

定期購入なら200円オフでお得に購入できて、4回毎に継続応援プレゼントが貰えます。さらに2本以上なら送料無料です。ポイントステージ制なので続けるほどポイントが溜まり次回からのお買い物に使うことができます。

メグルボタニック

メグルボタニックは鉱物性分含有水をベースに作られているので、塗ってマッサージをすると体の芯から遠赤外線めぐり成分がじんわりと代謝をサポートしてくれます。さらにオーガニック植物由来の引きしめ成分が配合されています。体の巡りをよくしながら気になる部分を引きしめてくれるボディクリームです。

食事の改善でむくみにくくすることも可能

Bcfd0e62df311ab6

むくみは長時間の立ち仕事や座りっぱなしなど同じ姿勢を長時間続けることで、血液の滞りや重力によって水分が下に集まることが原因となります。また血液やリンパを流すポンプの役割をしている筋力の低下も原因となります。その他にも睡眠不足やストレス、塩分の摂り過ぎや暴飲暴食など生活習慣や食生活にもむくみを引き起こす原因があります。

運動をして筋力をつけることはむくみの改善になりますが、運動は難しいという人は食生活を見直してみるのもおすすめです。毎日食べる食事や食材に気をつけることで、むくみにくい体を作ることができます。

むくみの原因となる食材・食べ物

・塩分

塩分が多い食べ物を摂ると血液中の塩分濃度が上がりたくさん水を飲んでしまいます。過剰な水分摂取はむくみの原因となります。

・過剰な糖分

逆に甘い食べ物や飲み物もむくみの原因となります。糖分には体内に水分を溜めこむ働きがあるため、過剰に摂取するとむくみやすくなってしまいます。

・アルコール

3de5a9131aa4fd1e

アルコールを飲むと血液中の水分が血管から排出されるため、血液中の水分量が減少します。さらにアルコールには利尿作用があるため水分量が減少します。水分が減少した体は水分を体に溜め込もうとするためむくみの原因となります。

むくみを改善してくれる食材・食べ物

Ebe0aaa7cf8b790b

・カリウム

血液中の塩分濃度が高くなると、それを下げるために体は水分を多く摂りいれ体に溜め込みます。過剰な水分摂取はむくみの原因となってしまいます。カリウムは血液中の余分な塩分を体外へ排出する働きがあります。塩分濃度を下げることはむくみの予防や改善につながります。

カリウムを多く含む食材:アボカド、ほうれん草、バナナ、海藻類、キノコ類

・サポニン

サポニンには利尿作用があります。体に溜まった余分な水分を、尿として体外へ排出してくれるので、むくみを改善してくれます。

サポニンを多く含む食材:豆類、スイカ、キュウリ

・ビタミンE

血液の流れが悪くなると老廃物や余分な水分が溜まりやすくなってしまいます。血液の流れを良くしてくれるビタミンEもおすすめです。

ビタミンEを多く含む食材:アーモンド、うなぎ、たらこ

・ビタミンB1

甘い物を多く摂る人には糖質の分解を助け、代謝を上げてくれるビタミンB1もおすすめです

ビタミンB1を多く含む食材:豚肉、豆腐、納豆、カボチャ、ゴボウ

加圧タイツで翌朝すっきり

セルライトの一因となるむくみを解消するグッズで人気なのが加圧タイツです。夜履いて寝るタイプや昼間も履けるタイプ、ひざ下や太ももまであるものと種類も豊富にあります。加圧タイツを選ぶポイントは「きつ過ぎず緩すぎない」今の自分の足に合ったサイズを選ぶことが大切です。

加圧タイツは脚に適度な圧力をかけることで、血液やリンパの流れをスムーズにしてくれるタイツです。血液やリンパの流れが良くなると代謝が促進され、老廃物や余分な水分が排出されることでセルライトができにくい体になります。

加圧タイツは足の疲れをとり、むくみを解消してくれますが、さらに足に付いた脂肪を燃焼させてくれるのがエクスレッグスリマーです。適度な加圧で足のツボを刺激して血液やリンパの流れを改善、さらに脂肪を燃焼して「美脚」にしてくれます。

エステなら即効性抜群

できてしまったセルライトは自分の力では除去するのは難しく、地道にマッサージを続けても効果が実感できないとイライラしてしまいます。そんな時はプロにお任せしてみてはどうでしょう。エステの体験コースなら低価格で試すことができます。

スリムビューティーハウスでは気になる太ももやおしり、セルライトなど骨盤ダイエットとセルライトケアをプラスした「足痩せ体験コース」が70分1,000円で体験することができます。

セルライトをなくす方法!セルフマッサージや除去する効果的な運動まとめ

41a317b0d7287559

太ももの裏やおしりにできやすいセルライトは皮下脂肪に老廃物や水分、コラーゲンなどによって硬くなった脂肪です。一度できてしまうと自分でケアするのは難しいため、生活習慣や食生活から予防することも大切です。セルライトは簡単にセルフチェックができますので、お風呂に入った時など気になる部分をチェックして早い段階でケアを始めることが一番です。

太っている人に多くみられるセルライトですが、太る以外にも筋肉量の低下や脂肪や塩分の多い食事、代謝の低下によるむくみなども原因となります。普段から適度な運動で筋肉を維持したり、塩分やアルコールを控えるなど体内の巡りをよくすることでセルライトができにくい体を作ることができます。

セルライトを除去する方法としてはお風呂上りのマッサージが効果的です。マッサージをする時には脂肪燃焼や引き締め、代謝のサポートなどセルライトに働きかけてくれるマッサージクリームを使うとより高い効果を得られます。

3972f29c492d17b8

特に女性は男性に比べて筋肉量が少なく、溜め込みやすい体質です。普段の食事にカリウムやサポニンなど余分な塩分や水分を排出してくれる食材を摂りいれるようにすることもセルライトができにくい体にする方法です。

余分な水分が溜まってしまうとむくみを引き起こします。むくみはセルライトの原因となってしまうためむくみケアも大切です。毎日マッサージするのは無理という人は、寝る時に加圧タイツを使ったり、エステを利用するのもおすすめです。

人気記事