Medium 41448ca576da5daf

産後ダイエットには骨盤矯正が効果的!開始する時期と正しいやり方

出産後、ママが大変なのは育児だけではありません。骨盤が開いたことが原因で体型が戻りにくい、腰痛があるなど生活に支障をきたすこともあります。だから骨盤の矯正が産後ダイエットに効果的です。そこで、ダイエットを始める時期ややり方を見ていきましょう。

カテゴリー:女性のカラダ産後ダイエット  作成者:satotomiko  投稿日:2018/02/27

目次

産後ダイエットと言えば骨盤矯正!

骨盤とは女性にとって大切な、子宮や卵巣などの臓器を守るように取り囲んでいるものです。女性の骨盤は 生理周期や出産時に合わせて開閉しています。そのため、歪みが生じやすいと言われています。

骨盤は分娩の方法に関わらず、妊娠中に体が出産の準備をしている過程でずれてしまうのです。骨盤のズレによって下半身の血流が悪くなり、むくみやすくなったり、贅肉がつきやすくなります。そのため骨盤を矯正することが、産後ダイエットにおいて重要と言えます。

産後に骨盤矯正が効果的な理由は何?

骨盤がずれることで身体に様々な影響を及ぼします。そのため、産後ダイエットのためだけではなく、骨盤のズレは身体の調子も左右します。では骨盤矯正することで、身体にどんな影響があるのか見てみましょう。

歪んだ骨盤のままだと筋肉の動きが変わってしまう事がある

Baac8575d115b08d

出産によって、骨盤が妊娠前の位置に戻らない状態が続いてしまうと、体のラインが崩れます。また、筋肉の動きが妊娠前と変わってしまうこともあります。これは骨盤がずれてしまっていることにより、骨盤周りの筋肉の骨盤底筋が緩んだ状態になります。これにより、その他の筋肉も正しい働きをしなくなるためです。

骨盤が矯正されると筋肉がつき、基礎代謝が上がる

33a12de5555c6c41

妊娠出産で骨盤が開いた状態になると、骨盤底筋が緩んでしまい、妊娠前とは異なった筋肉の働きをします。また、出産後に筋力が低下してしまうことも多いので、脂肪の燃焼が うまくいきません。しかし骨盤が強制されると、筋肉が正しい働きをするので、筋力がアップし代謝も上がります。

代謝が上がることによって脂肪も燃焼しやすくなります。これにより太りにくくて痩せやすい身体を作ることができるのです。

肩こりや腰痛にも効果アリ

C371c98975fcc98f

骨盤の中には大きな動脈が通っています。そのため、骨盤が歪んでいると血流が悪くなります。それによりむくみや冷え、腰の痛みが出現します。また緩んだ骨盤低筋の働きを補うために、その周りの筋肉が無理に働くため腰痛も出てきます。

また、骨盤は身体全体を支える働きをしています。背骨を通じて上半身や頭が乗っているので、骨盤がずれることで頭痛や肩こりなども出現します。骨盤を矯正すると、それに伴って頭痛や肩こり、腰痛なども解消されます。

あなたの骨盤は歪んでいる?歪みチェック!

84b9002051987dd5

では、骨盤が歪んでいることで生じる身体の変化を見てきましたが、自分の骨盤は歪んでいるのかどうか、どうやって確認するのかわからないですよね。自分で確認できる、歪みチェックの方法をお教えします。

足踏みチェック

まずは足踏みチェックです。目を閉じた状態で、その場で50回足踏みを行います。そして目を開けてどの程度、最初の位置から移動してしまったかを確認しましょう。

最初の位置から右側に移動していると、右側の骨盤が、左側に移動していると左側の骨盤がずれている可能性があります。同様に、前に移動していると骨盤も前側に、後ろに移動していると骨盤も後ろ側に歪んでいる可能性があります。

片足立ちチェック

次は片足立ちチェックです。15秒間片足立ちをします。右足と左足の両方で行います。片足立ちを15秒間できなかったり、片足立ちができても姿勢の保ちやすさが違った場合は、姿勢を保ちにくい側の骨盤が歪んでいる可能性があります。

これは、骨盤が歪んでしまい骨盤底筋が緩むので、うまく筋肉を働かせることができなくなってしまうからです。

両足の開き具合チェック

最後に両足の開き具合チェックです。力を抜いた状態で足を伸ばして座ります。この時に、両方のつま先が同じ程度を開いているのか確認しましょう。基本的には足がVの字になります。どちらか一方の足が開きすぎたり閉じすぎたりしていると、骨盤が歪んでいる可能性があります。

骨盤矯正を開始する時期

では、いざ産後ダイエットをしようと思っても、いったいいつから骨盤矯正を開始すればいいのか、またいつまでするのが効果的なのか気になりますよね。骨盤矯正を行うのにベストな時期をみてみましょう。

産後1ヶ月後からがベスト

Ab43f6449c3b8a45

産後の6週間〜8週間を産褥期と言います。産褥期は妊娠と出産で変化した身体が妊娠前の状態に戻るまでの期間です。出産後一ヶ月は、体を休めることが最も大事です。出産後1ヶ月は悪露が出たり、無理をすると体調が悪化する可能性があるので、しっかり休むようにしましょう。

そのため産後ダイエットを行うのは、1ヶ月検診が終わってからにしましょう。しかし、出産後翌日から開始することができる産褥体操があります。これは緩んでしまった腹筋や背筋、骨盤底筋、会陰の周り筋肉を回復させることができるので、体調に合わせて行いましょう。

産後6ヶ月以内はダイエットしやすい

Da8d66b8b6cb8842

妊娠するとリラキシンというホルモンが分泌されます。このホルモンによって骨盤は緩んでいきます。出産後2〜3日でリラキシンの分泌はおさまりますが、およそ半年間は骨盤が不安定な状態が続きます。

骨盤が不安定ということは、その期間に骨盤を矯正するのが良いということです。この時期に骨盤を矯正すると、妊娠前よりも骨盤を正しい位置に戻すことができ、妊娠前よりも痩せやすい身体になることもあります。

産後6ヶ月を過ぎると、矯正ができないわけではないですが、骨盤のゆるみが少なくなるので、矯正にかかる期間が長くなる可能性があります。

骨盤矯正ダイエットの正しいやり方

骨盤ベルト、産後ガードルを使用する

B8da6afe292fc4fd

出産後は育児をしなければならないので、なかなか運動する時間がありません。そんな中でも、骨盤ベルト産後ガードルはつけるだけなので、続けやすいと人気です。骨盤ベルトをつけることで骨盤を矯正するだけではなく、お腹周りを理想的なボディラインに近づけるサポートをしてくれます。

また骨盤を矯正することで、腰痛が改善したり血流が良くなるので、冷えやむくみも改善されます。しかし早い段階で強く締め付けてしまうと、骨盤にも悪影響が出る可能性があるので、自分に合ったものを正しい装着方法で使用するようにしましょう。骨盤ベルトは沢山の種類があるので、気になった方は下記の記事をご覧になってくださいね。

骨盤体操・骨盤スクワット

889bdfc23a66a932

出産後は育児が忙しいですが、その合間に自宅で行うことができるのが、骨盤体操や骨盤スクワットです。

骨盤体操は、ちょっとした時間を使って簡単にできる体操です。骨盤周りの筋肉のバランスを整えて、身体に負担をかけにくくできます。

スポンサーリンク

骨盤スクワットは、骨盤を支えているインナーマッスルを鍛えることができます。それにより骨盤の位置を矯でき、筋肉をしっかり働かせることができるので、新陳代謝も高まります。その結果ダイエットにも効果が期待できます。具体的に骨盤スクワットの方法を見てみましょう。

  1. 足を肩幅に開き、つま先は最大まで外側に向ける
  2. 45秒で一番下まで腰を落とす
  3. 15秒で元に戻る
  4. 足を肩幅に開き、つま先をできるだけ内側に向ける
  5. 45秒で一番下まで腰を落とす
  6. 15秒で元に戻る

始めた当初は、45秒で腰を落とすのがきついと感じると思います。無理のない範囲で開始し、徐々に行うようにしましょう。

接骨院や整体に行く

8be5ce8f949b9d10

産後ダイエットをプロの力で行いたいという人には、接骨院や整体がおすすめです。定期的なメンテナンスで骨盤を矯正していきます。託児所や父親同伴で施術を受けられるところもあるので、相談してみましょう。

ヨガ、ピラティス

3a64cdd1c58c35dd

産後ダイエットとともに気分転換できるのが、ヨガやピラティスです。骨盤や体の歪みを改善でき、しっかり体を動かすことができるので、カロリーを消費するのことも人気の理由です。子育てでなかなか時間を作ることが難しいかもしれませんが、数時間はパパにお世話をお願いして、リフレッシュしましょう。

自宅で簡単にできる!骨盤矯正ストレッチ

自宅で簡単に行うことができる、骨盤矯正ストレッチを試してみましょう。痛みが出ない範囲で行なってください。

寝て行うストレッチ

  1. 仰向けに寝て、両膝を立てます
  2. 踵をおしりに近づけます
  3. 足を肩幅に開き、両手で足首を掴みます
  4. 片足ずつ交互に膝を倒します
  5. 左右交互に30回繰り返します

座って行うストレッチ

  1. 足を伸ばして座ります
  2. 片足を曲げて内側に90度倒します
  3. 伸ばした足の膝を曲げて、反対の足の膝を乗せます
  4. 下の膝を床に押さえるようにしてキープします
  5. 反対の足も行います
  6. これを4回繰り返します

立って行うストレッチ

  1. 両手を腰におき、両足を肩幅に開きます
  2. 腰を時計周りに10回まわします
  3. 反対周りも行います
  4. 両足を肩幅に開いてまっすぐ立ちます
  5. 前に腰から前屈をして5秒間キープします
  6. ゆっくり最初の姿勢に戻します
  7. 腰に手を当てて苦しくならない程度に腰から後ろに倒し、5秒間キープします

ポイント

・上半身と足は動かさないように注意しましょう

履くだけで骨盤矯正できる!エクスレーヴ

履くだけで骨盤が矯正できるのが、エクスレーヴです。エクスレーヴは穿いて寝るだけでお腹周りをスッキリさせ、クビレを作ることができるのです。また、猫背や冷えも改善できると言われています。食事制限や運動を行わなくても効果はありますが、合わせて行うとより効果的です。

エクスレーヴはただ強く締め付けるのではなく、骨盤の位置と加圧の関係を徹底的に研究し、計算された適切な圧力を加えることができます。これにより骨盤のケア、血流改善でのポカポカケア、姿勢が良くなりボディケアができるのです。

3着セットで送料無料の12830円で購入することができます。できるだけ毎日着用するために洗い替えが必要なので、3着セットが人気です。

産後ダイエットの効果を上げるには食事も重要!

36188acda7f7f417

ここまで骨盤矯正についてみてきましたが、食事の内容も気をつけるとより産後ダイエットに効果的です。しかし産後ダイエットのためだけの食事ではなく、母乳を作る食事でなければならないことを、忘れないでください。では、どのような食事がいいのかみてみましょう。

和食中心の食事

20d81787211ed955

現代人は欧米化した食事をとっていることが多いのですが、ダイエットや授乳に最適な食事は、やはり和食中心の食事です。和食は栄養のバランスがよく、高タンパクで低カロリーなものが多いのです。

1汁3菜または2菜の和食を心がけましょう。主食は噛みごたえがある、玄米や五穀米などがおすすめです。主菜は脂質が少ない赤身の肉やささみ大豆、卵などのタンパク質、副菜は野菜やきのこ類を使ったもの、味噌汁やスープで構成するとバランスがいいです。

このような食事をとることで、太りにくく痩せやすい体を作ることができます。さらに、しっかり母乳を出すことができるのでダイエットにも繋がります。

食物繊維を多めに摂取

出産後は便秘に悩む人が多くいます。さらに母乳で子育てをしていると、水分が足りなくなるので便秘になりやすいのです。便秘を解消してくれるのが食物繊維です。

食物繊維を多く含むものを食事の中に取り入れることで、身体の中の老廃物を排出し、便秘も予防することができます。また、食物繊維には腹持ちをよくさせるものがあるので、食べ過ぎを防ぐ効果もあります。さらに老廃物が排出されるので、ダイエットだけではなく肌の調子も良くなります。

食物繊維を簡単摂取するならイサゴール

食物繊維を簡単に摂取することができるのがイサゴールです。イサゴールはお腹の調子を整える、コレステロールを低下させる、という効果が認められた特定保健用食品です。1日に2スティックを飲むことで、食物繊維を4gも摂取できます。

粉末タイプで飲み物や食べ物に混ぜるだけで、簡単に食物繊維を摂取できます。また、スティックタイプなので持ち運びにも便利です。

骨盤矯正を開始する時期と正しいやり方まとめ

Ac2fb931acd675ea

今回は骨盤矯正の方法や開始する時期、正しいやり方について見てきました。出産後は子育てで大変な時期ですが、体の調子を見ながら妊娠前の体型に戻せるよう、自宅で出来るストレッチやプロの手を借りた接骨院を利用し、産後ダイエットに取り組みましょう。

人気記事