Medium c0eb3c239780b508

酢大豆ダイエットの正しいやり方!簡単な作り方やすごい効果・効能まとめ

酢大豆は、「お酢」と「大豆」が合わさった、ダイエット効果に期待ができる食べ物です。材料がシンプル!自宅で手軽に作ることができるうえ、健康的なダイエットが目指せます。ここでは、酢大豆ダイエットのやり方や簡単な作り方、効能や効果などを紹介します。

カテゴリー:その他ダイエット法  作成者:ゎか丸  投稿日:2018/03/31

目次

酢大豆ってどんな食べ物?

酢大豆は、大豆をお酢の中に漬けこんだ食べ物で、さっぱりとした味が特徴です。「畑の肉」と呼ばれる大豆と、「酢酸」が主成分の酢、どちらの食品にも健康サポートに有効な効能が詰まっています。材料はシンプル、手順も簡単なので、手軽に作ることができます☆

8e52703240278c92

食べる量は少量でOK!沢山食べなくていいので続けやすい食品です。見た目は素朴な酢大豆ですが、正しい食べ方を続けることで「健康的なダイエット」を目指すことができます。早速、酢大豆の正しい食べ方を紹介します!

簡単!酢大豆ダイエットの正しいやり方

酢大豆ダイエットのやり方は簡単

酢大豆ダイエットのやり方は、1日10粒程度を目安に食べるだけでOK!とても簡単ですよね。食べるタイミングは、食事中がオススメです☆脂肪や糖の吸収が穏やかになるようにと、食前に食べた方が効果的なイメージもありますが、酢は酸が強いので、空腹時に酢を摂取することで胃を傷めてしまう場合も…。

酢大豆10粒は、1度に食べきれてしまう量ですが、3食の食事の中で少しずつ摂るようにしましょう。箸休めとして食べると、毎日スムーズに続けることができるでしょう。

A9c30c98a9833cdb

酢大豆ダイエットの注意点

手軽にできる酢大豆ダイエットですが、覚えておきたい注意点もあります。酢は、摂取しすぎると胃の粘膜を荒らして胃痛の原因になります。酢を単品で飲むわけではありませんが、大豆が酢を吸収しているので胃の調子が悪い時には、控えるようにしましょう。また、胃酸過多の人や胃腸の弱い人、子どもには酢の刺激は強すぎてしまことがあります。

E28eb94d5fe67d7c

大豆には、胃の中で膨れる特徴があります。どんなに健康的な食品でも、食べ過ぎは禁物!酢大豆ダイエットを成功させるコツは、目安量の10粒を毎日続けることです。

ポイント

◇1日10粒を目安に食べる
◇胃への負担を考えて食前ではなく食事中に食べる
◇1度に食べず、数回に分けて食べる
◇胃弱体質の人や胃の調子が悪い時は控える

酢大豆には嬉しい効能がいっぱい!

酢の効能

  • 交感神経を刺激する
  • 唾液・胃液の分泌を促し、消化吸収を助ける
  • 疲労物質の乳酸を分解する
  • アデノシンを分泌し、血管を膨張させる
  • カルシウムの吸収を助ける
  • コレステロールの合成を抑える
  • ビタミンCの吸収を良くする
  • 糖の吸収を穏やかにする
  • 腸の悪玉菌の増殖を抑える
067216809ac2783d

酢は有機酸を多く含んでいる調味料です。有機酸と一言でいっても、乳酸・コハク酸・クエン酸など色々な種類があり、中でも酢に最も多く含まれているのが、「酢酸」です。酢酸は体内でクエン酸に変わり、疲労物質の乳酸を分解して、血行を促します。

また酢には、タンパク質の元となり、身体づくりに欠かせない栄養素、「アミノ酸」も含まれています。アミノ酸は、善玉コレステロールを増やして、血管を広げ血液をサラサラにする働きがあります。エネルギーの生産効率を高めるのに役立ち、ダイエットに重要な「代謝」にも関わってきます。

大豆の効能

大豆には、「タンパク質」「脂質」「炭水化物」の3大栄養素がバランス良く含まれています。たんぱく質だけでなく、鉄分・ミネラル・ビタミン・食物繊維なども豊富で、万能栄養食品と言えます。小さい粒の豆ですが、持っている健康パワーはとても大きい!早速その効能を見てみましょう。

9c8f49b0b7bc2e96
大豆に含まれている成分と効能
大豆タンパク質 基礎代謝を高める/悪玉コレステロールを低下させる
           内臓脂肪・中性脂肪を減らす/腸内環境を整える/満腹中枢を刺激する
大豆イソフラボン ホルモンバランスの乱れを整える/血液をサラサラにする/抗酸化作用
     コラーゲンの生成を活発にする/骨からカルシウムが溶け出すのを防ぐ
     コレステロールの増加を抑える/自律神経を安定させる
大豆サポニン 脂肪の蓄積を防ぐ/血管に着いた脂肪を洗い流す/悪玉コレステロール値を下げる
     血流をスムーズにする/抗菌・殺菌作用
大豆レシチン コレステロール・中性脂肪を減らす/肝臓の脂質合成を抑える機能を高める
      脂溶性ビタミンの吸収を促進/身体の細胞膜に働きかける/血管内をキレイにする
大豆オリゴ糖 腸内の善玉菌を増やす

大豆の脂質は悪玉コレステロールを減らす働きがあり、他にも食物繊維・鉄など健康をサポートする栄養素がたくさん詰まっています。また、大豆を十分に摂取している人は、乳がんや前立腺がんを発症する割合が低いという報告もあります。

酢大豆ダイエットのすごい効果

脂肪燃焼効果

お酢に含まれているアミノ酸は、エネルギーの生産効率を高めるのに役立ちます。アミノ酸が新陳代謝を活発にして、脂肪分解酵素を活性化することで、効率よく脂肪を燃焼させることができるのです。また、大豆に含まれている大豆タンパク質にも基礎代謝を上げる働きがあり、脂肪燃焼効果を高めることに期待ができます。

4c6d4f68cdc5a561

さらに、軽度の有酸素運動を取り入れると、一層、脂肪燃焼効果を得やすくなります。効果的にダイエットしたい人は、お酢と大豆の、脂肪燃焼を高める効果を上手に利用しましょう。

満腹感が得られる

68433edafb3f1f7c

大豆には、100gあたり17g程度の食物繊維が含まれています。これは、食べ物の中でもトップクラスの含有量です。その多くが「不溶性食物繊維」で、胃や腸で水分を吸収して大きく膨らみ、お腹が膨れて満腹感を味わうことができます。また、大豆タンパク質には、満腹中枢を刺激する効果があります。しかも、酢大豆の大豆は酢を吸収しているので、食べごたえも十分です。

よく噛んで食べると、脳は活発に働き、神経ヒスタミンという物質を増やします。実は、この神経ヒスタミンも、満腹中枢を刺激する働きを持っています。酢大豆を良く噛んで食べることで、満腹感を得られ、ダイエットに大切な食事量のコントロールがしやすくなります。

便秘解消効果

みてきたように、大豆は不溶性食物繊維が豊富です。不溶性食物繊維は、保水性が高く、胃や腸で水分を吸収して大きく膨らみます。この現象により腸が刺激されると、ぜん動運動が活発になり、便通を促進させます。

また、大豆オリゴ糖には、腸内の善玉菌を増やす働きがあります。オリゴ糖は、善玉菌のエサなのです。お腹の中で善玉菌が増えると、悪玉菌が減り腸内環境が整います。便通が改善され、腸内がスッキリ!ポッコリお腹の解消にもつながります。

美容効果

美容効果で、もっとも注目したいのが「大豆イソフラボン」です。大豆イソフラボンは、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す「女性ホルモン(エストロゲン)」と似た化学構造をしているため、同じような効能が期待できます。また、大豆イソフラボンの抗酸化作用も美肌をサポートしてくれます。

私たちの肌は、日々のストレスや紫外線により活性酸素を発生させています。体内で活性酸素が増えると、酸化が起こり、身体が錆びてしまいます。この酸化が、シミ・シワ・皮膚の老化の原因になると考えられています。そこで、この酸化を防いでくれるのが、抗酸化作用です。大豆イソフラボンを摂ることで、ハリツヤのある肌が目指せ、老化防止にも期待ができるというわけです♪

21ca7e9929eafbe7

スポンサーリンク

大豆だけでなく、ビタミンCの吸収を良くする、酢にも美容を応援してくれます。ビタミンCには、シミやソバカスの下人となる、メラニン色素の生成を抑える効能があります。コラーゲンの生成にもビタミンCは欠かせないと言われており、ハリツヤのある肌に重要な栄養素です。とはいえ、酢はビタミンCの吸収を助ける効果があるのでビタミンCの豊富な食品を一緒に摂る必要があります。

酢大豆の簡単な作り方を紹介

酢大豆の簡単レシピ

酢大豆の材料
大豆 200g
黒酢 1,000ml
  1. 大豆を水でキレイに洗い、乾いた布巾などでしっかりと水気を拭き取る
  2. 水気がとれたら、弱火のフライパンで20程度煎り、粗熱をとる
  3. 冷ました大豆を密封瓶に、半分ほど入れて黒酢を注ぎ、瓶を満たす
  4. 冷蔵庫で寝かせて完成!

ポイント

◇黒酢でなく穀物酢でも可
◇大豆を煎る時は、焦がさないように気を付ける
◇作った翌日から食べられるが、4~5日経ってからの方がより美味しい

オススメのお酢は黒酢

酢の多くは、穀物や果物などの、糖を含む食品を原料として、アルコール発酵させた後、酢酸菌で発酵させて作られています。原材料を変えることで、いくつもの種類がうまれます。
多くは「醸造酢」と呼ばれるものですが、その中でも米や大麦などの穀類を原料とした酢が「穀物酢」、果実を原料とした酢が「果実酢」と呼ばれています。

さらに、穀物酢から「米酢」「黒酢」など、種類が分かれていきます。今回、酢大豆を作るにあたり使用をオススメするのが、この「黒酢」です。黒酢をオススメする理由は、その健康作用です。

8d120ff31baedc75
  • 脂肪の吸収を抑え、脂肪細胞の生成を抑制する
  • 血圧を上昇させる物質の生成を抑制する
  • 血流改善効果

また、黒酢にはアレルギー抑制効果があるとも言われています。さらに、コラーゲンの主成分である「プロリン」「アラニン」などのアミノ酸が含まれており、美肌効果にも期待ができます。

酢大豆をもっとおいしく食べたい☆

ダイエットに嬉しい、メリットたっぷりの酢大豆ですが、3日坊主では大きな効果に期待できません。酢大豆ダイエットは、食べ始めてから2ヵ月頃から、効果を実感する人が多いようです。
シンプルな酢大豆が「食べにくいな」「飽きてきたな」と思ったら、美味しく料理してアレンジしてみましょう。

具だくさん酢大豆

3295c4ea33f028cd

出典:cookpad.com

酢大豆のストックがない時でも、酢と大豆を材料にいれて調理できるのがこの料理のポイントです。「きくらげ」「切干大根」「ごぼう」の他、「かえりちりめん」「皮つきさきいか」などが入った、本当に具だくさんの酢大豆料理です。材料を見ただけでも、栄養満点なのが分かりますよね☆1日漬け込むと美味しくなるので、食べたい前日に作りましょう!また作り方は、基本の酢大豆より時間を要するので、余裕のある時にお料理するのがオススメです。

酢大豆入りヘルシーチリコンカン

B91918a0c6401bef

出典:cookpad.com

作り置きの酢大豆がある場合は、「ヘルシーチリコンカン」を作ってみましょう☆「牛ひき肉」や「にんにく」が入るので、シンプルな酢大豆に、物足りなさを感じていた人にピッタリ!作り方は、フライパン1つに材料を順番に入れていくだけなので、手軽に作れます♪酢大豆をお洒落に変身させて、ピタパンと野菜を付け合せてた、カフェ風チリコンカンでいただいてみてはいかがでしょうか?

サプリで酢大豆ダイエットをサポート

大人のカロリッミット

50d94fc4ae82da8d
大人のカロリミット 健康・徳楽便
大人のカロリミット約90日分(徳用3袋セット)
通常価格 7,982円(税込)
初回:62%OFF 3,000円!(税込)
2回目以降:割引価格 7,140円(税込)
送料無料
いつでも変更・解約OK

大人のカロリミットには、「脂肪を代謝する力を高める」「食事の糖の吸収を抑え、食後の血糖値の上昇を抑える」「食事の脂肪の吸収を抑え、食後の血中中性脂肪値の上昇を抑える」効果が期待できます。1日1回、4粒を食事の時に飲むでけなので、続けやすいのが嬉しいポイントです。

「健康・徳楽便」には、上記で紹介したセットより少量の、約30日分用も申し込むことができます。ただし、割引率は約90日分の方がとってもおトクです♪
また、「まずは、お試ししてみたいとい!」う人は、通販限定特別価格の商品を購入してみてはいかがでしょうか!大人のカロリミット、お試し2週間分がなんと1,000円(税込)送料無料です。さらに、もれなく2週間分がもう1袋ついてきます。

ポイント

◇合成着色料・香料・保存料、一切不使用の無添加にこだわったサプリ
◇1日あたり約93円でお財布にも優しい
◇シリーズ累計5,000万個以上を販売している人気商品!

メタバリアS

A7a347459e8229cc
メタバリアS トライアルパック
約14日分 500円(税抜)
送料無料 初回1人1回1個限り

メタバリアSには「サラシアエキス」「赤ワインポリフェノール」「ケルセチンタマネギ外皮エキス」「カテキン緑茶抽出物」の4つの成分が入った、機能性表示食品です。メタバリアSは、糖質制限や食事制限をしなくても、バランスのよい食事と併せ緒に摂ることで、糖の吸収を抑えたり、ビフィズス菌を増やして腸内環境を整える効果が期待できます。栄養補給や健康維持をサポートしてくれるので、健康的に痩せたい人にオススメです。

飲み方は、1日の目安量3~4粒を、1日の中で数回に分けて水などで飲むだけです。通常約7日分(500円)のところ、もう7日分が無料でプレゼントされる、お得なトライアルパック☆興味のある人は、詳細を覗いてみてください!

まとめ:簡単手作り酢大豆でキレイにダイエット♪

酢大豆は、脂肪燃焼や美容効果などに期待ができる、ダイエットをサポートする食品です。酢と大豆には、有効成分がたっぷりと含まれているので、健康的なダイエットにピッタリ!軽い有酸素運動を取り入れると、更に効果に期待ができます。

酢大豆の効果を十分に得るためには、食べる量やタイミングに気を付け、胃腸のトラブルがないように摂取しましょう。強い酸味が苦手な人は、フルーツ酢を使って酢大豆作りをしたり、酢大豆を使った料理を作って工夫してみてはいかがでしょうか☆

人気記事