Medium 712e9f2e1feda85f

ダイエットのリバウンドはなぜ起こる?理由と対策を知ろう!

ダイエットを成功させている人の半数以上が、リバウンドを経験していると言われています。せっかく努力して辛いダイエットを成功させても、リバウンドしてしまっては意味がありません。今回は、リバウンドをしてしまう仕組みを考えながら、リバウンド対策法も同時に見ていきましょう!

カテゴリー:ダイエットの基本リバウンド  作成者:デブ卒公式  投稿日:2018/11/04

目次

なんとしてでもリバウンドを防ぎたい!

ダイエットで注意しないといけないのがリバウンド。せっかく痩せたのに、リバウンドをしてしまっては意味がありません。

では、リバウンドを防ぐためにどんな対策をとれば良いのでしょうか?今回は、リバウンドのメカニズムや対策を徹底調査しました。

まずは、リバウンドとはいったいどのような現象なのか解説していきます。

リバウンドとは?

575f272270c20b2f

リバウンドとは、ダイエット後に体重が元に戻ってしまったり、増えてしまうこと。

ダイエッターのうち、60%以上がリバウンドを経験すると言われています。たくさんのダイエッターがリバウンドに苦しんでいるのです。

では、なぜ多くの人がリバウンドしてしまうのでしょうか?

リバウンドが起こるのはなぜ?原因・理由

3ebae357480b7c41

ここでは、リバウンドのおもな原因を解説します。

ホメオスタシス機能が働く

人間には、「ホメオスタシス」(生体恒常性機能)という機能が備わっています。

ホメオスタシスとは、食べ物が体にあまり入ってこなくなると、少ないカロリーでも生きていけるように体が調節し始める機能のこと。おもに以下のような作用があります。

  • エネルギーの吸収率が高くなる
  • エネルギー消費が減少する
  • 基礎代謝が低下する

これらは飢餓に備えるための機能ですが、ダイエット中にもこの機能が働きます。

ホメオスタシス状態の時に食事を通常に戻すことは、少ないカロリーでも普通に生きていける体に大量の食べ物を流し込むことになります。

ダイエット前よりも脂肪を蓄えやすい状態になっているため、リバウンドにつながりやすいです。

安心感による暴食

若い人のダイエットは短期間に大幅減量を目指すものが多く、食欲をギリギリまで我慢することも。

そうすると、痩せた途端に安心感から今まで我慢していた甘いもの・肉・揚げ物などに飛びついてしまいます

その結果、カロリーを摂りすぎてリバウンドにつながるのです。

断食・置き換えダイエット・糖質制限などはとくに反動で食べ過ぎてしまうことが多いです。

レプチン減少による満腹感の低下

レプチンとは脂肪細胞から分泌されるホルモンであり、満腹中枢を刺激します。

ダイエットで食事を制限すると、体内のレプチンの分泌が減少!

減少したレプチンが元の分泌量に戻るには、食事を元に戻してから1ヶ月程度かかると言われています。

ダイエット後の1ヶ月間はレプチンの量が少ないため「食べても満足できず食事量が増え、リバウンドしてしまった」というケースが多いのです。

レプチンの量を効率良く増やすためには「夜ふかしさんのためのダイエットサプリ!」がおすすめ!詳しくは、以下の記事をご覧ください♪

リバウンドの原因がわかりましたね!次は、リバウンドを防ぐための具体的な対策をチェックしていきましょう。

リバウンドを防ぐための対策

164c2c4f072c8e6c

ここでは、リバウンドを防ぐための3つの対策方法をご紹介します。

1ヶ月に5%以上体重を落とさない

先ほどご説明したホメオスタシス強く機能するのは、体重が1ヶ月に5%以上減少したとき。

ホメオスタシスを機能させないためには、1ヶ月に5%以上の減量を避けましょう。

体重50kgの方の場合、1ヶ月で減量して良いのは2.5kgまでということになりますね♪

1ヶ月間体重を維持する

減量後、体が「この体重が平常なんだ」と認識するまでには、1~3ヶ月程度かかります。減量後の体重を定着させるためには、ダイエット終了後も1ヶ月間体重を維持できるよう努力しましょう。

また、先ほどチェックした「レプチン」の量も食事をダイエット前に戻して1ヶ月程度で元に戻ります。

食事はいきなりではなく徐々に元に戻すことが大切!運動などで消費カロリーを増やし、体重を維持してくださいね。

筋肉量を増やす

ダイエットをして減量をすると、脂肪と一緒に筋肉量も低下。

基礎代謝のうち2割は筋肉による消費なので、筋肉量が減るとおのずと基礎代謝も低下してしまいます。

リバウンドを防ぐためには、筋肉量を増やして基礎代謝を高めることが重要です。筋トレについて詳しくは、以下の記事をご覧ください♪

最後に、リバウンドしないための心構えをチェックしていきましょう。

リバウンドしないための心構え

D03a9e1ed0d7bd62

リバウンドを防ぐためには、以下のポイントを意識しながらダイエットを行ってください。

頑張りすぎない

ダイエットは頑張りすぎると、心身ともにつかれてしまいます。「週1に一度は甘いものを食べてもOK」など、妥協を考えましょう

妥協し、自分にご褒美をあげることはストレス解消にもつながりますよ。

ストレスは、満腹中枢が狂ったり…とダイエットの大敵!食べ物・ショッピング・趣味などで、定期的にストレスを発散してくださいね。

また、ストレス解消にはリラックス効果の高い「青の花茶」を飲むのもおすすめです♪

C383f336c20e2b01
  • リラックス効果の高いハーブを使用
  • ゼロカロリーだからダイエット中も安心
  • ほんのり甘く満足度が高い
青の花茶の価格情報 
通常価格 5,680円(税抜)
ラクトクコース初回特別価格 980円(税抜・送料無料)
ラクトクコース2回目以降 4,580円(税抜・送料無料)

青の花茶は「甜茶」「アマチャヅル」「メグスリノキ」「ラフマ」など、ダイエットサポート成分がたっぷり配合されたお茶。

すっきりとした甘みもあり、満足度が高いことが特徴です☆ダイエットのお供として最適ですね!

また、青の花茶は定期便「ラクトクコース」に申し込むと、初回980円で購入可能!4回以上の継続が条件ですが、2回目以降もお得が続きますよ!

詳しくは、公式サイトをチェックしましょう!

デブ卒編集部では、青の花茶の効果を検証しています。気になる方は、以下の記事をご覧ください。

長い期間ゆっくりかけて行う

短期間のダイエットではリバウンドしてしまう可能性が高くなります。

ダイエットは長期的な目線で行うことが大切!1ヶ月などの短いスパンではなく、6ヶ月~1年などできるだけ長いスパンで考えてくださいね。

停滞期と上手に付き合う

ダイエットのつらい期間といえば「停滞期」ですよね。停滞期とは、ホメオスタシス機能が働くことで体重が減少しなくなる期間のことを指します。

個人差がありますが、1~2ヶ月まったく体重が減らなくなるケースも…。

つらい時期ですが「停滞期だから…」といって、ダイエットをやめるとリバウンドの原因になってしまいます。

「週1でご褒美を用意する」など、工夫して停滞期を乗り越えることがダイエットを成功させる秘訣です!

停滞期について詳しくは、以下の記事をご覧ください。

バランスの取れた食事について学ぶ

リバウンドしないためには、栄養の偏りがなくバランスの良い食生活を心がけることが大切です。

せっかくダイエットをするのであれば、食品の栄養やカロリーについても学んでみてはいかがでしょうか?

栄養やカロリーの知識が深まれば、ダイエットの効率もぐっとアップしますよ!

ダイエット中におすすめの食材について知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

対策を知ってリバウンドを防ごう!

ダイエッターにとって、とても怖いリバウンド…。ですが、ダイエットの意識を変えるだけでリバウンドを防ぐことができます。

正しい知識とダイエット方法でリバウンドを断固阻止しましょう!

ぜひ本記事を参考にしながら「リバウンドしない、健康的なダイエット」を実現してくださいね!

人気記事