Medium c749527d4375fc03

3分で診断!自分に合ったダイエット方法の見つけ方とは?

自分に合ったダイエット方法の見つけ方を誤ると、無理な痩せ方をしてリバウンドする可能性があります。またその反対で、なかなか結果が出ないこともありえます。そこで今回は自分に合ったダイエット方法を診断をしてみましょう!簡単にできるダイエット診断をご紹介します。

カテゴリー:ダイエットの基本  作成者:カノエカナ  投稿日:2017/02/24

目次

タイプ別診断!自分に合ったダイエット方法は運動?食事制限?

Ed4c8e677330c4d6

美しく痩せるには運動と食事制限をバランスよく行うのがベストですが、忙しい生活の中で両立は難しいのが現実です。では運動と食事制限、どちらを優先すればいいのでしょうか。生活タイプ別に自分に合ったダイエット方法が分かります。「診断①」と「診断②」どちらに多くチェックがついたか調べてみましょう。

診断①

  1. ライフスタイルを変えたくない、変える余裕がない
  2. ダイエットグッズやサプリを買うのが好き
  3. 食べ物の好き嫌いはなし
  4. 空腹ではないのについ食べてしまう癖がある
  5. 休日の過ごし方はインドア派
  6. 食事する時間は毎日バラバラ
  7. 忙しいので運動する時間はない
  8. 運動をしても続かない
  9. 正直、体を動かすことは好きじゃない
  10. ダイエット食品で痩せるならチャレンジしてみたい

診断②

  1. 自分に合ったダイエットのためならライフスタイルを変えられる
  2. 偏食家である
  3. ダイエットグッズやサプリを使ったダイエットには抵抗がある
  4. 食事は毎日きちんと3食摂る(摂りたい)
  5. 休日の過ごし方はアウトドア派
  6. 食事時間はある程度決まっている
  7. 運動のための時間を作れる
  8. 体を動かすのが好き
  9. 自分に合った運動なら継続できる
  10. 食生活はなるべく変えたくない

診断結果

Fd8336dda034b2b3

診断①、②どちらのチェックが多かったでしょうか。結果は以下の通りです。自分の結果と照らし合わせてみてください。

①が多かった人

Afe2f07902d420c2

食事制限をメインにしたダイエットが向いています。運動を頑張るというよりかは食事制限を中心にしたダイエットを行うとより効果が現れると考えられます。

②が多かった人

0ad89b182a8cd4e8

運動を積極的に行うダイエットが向いています。無理に食事制限をしてしまうとかえって逆効果なので、運動ををセッッ曲的に行う方がより効果的であると考えられます。

①と②に差があまりなかった人

02ce585f6074c1c0

どちらのチェックも多かった、チェック数に差がなかった場合は、無理のない範囲で食事制限と運動を取り入れたダイエットが良いでしょう。

自分に合ったダイエット方法 ~食事制限編~

0f410ea58c695623

食事制限メインのダイエットの中でも自分に合ったダイエット方法はどれなのか。体質や食生活別に診断してみましょう。

炭水化物制限ダイエット

Af678154ee3627eb

白米やパン、パスタ、うどんといった炭水化物を含んだ食べ物の摂取を制限するダイエットです。もともとは糖尿病の治療の一環で行われていた食事制限です。極端な炭水化物制限は、体調不良を招く可能性があります。3食すべて炭水化物を制限するのではなく、夕食だけ抜いてみるのがおすすめ。炭水化物制限が向いているのは、こんな人です。

  • 運動が嫌い
  • じっとしている時間が多い、1日の活動量が少ない
  • 忙しくてダイエットのための時間が取れない
  • お金をかけたダイエットはしたくない

フルーツダイエット

5645b26f84dda112

フルーツダイエットとは、朝食をフルーツに置き換えるダイエット方法です。主なフルーツはグレープフルーツやキウイ、パイナップル。このほか旬のフルーツは栄養価が高いのでオススメです。朝食をフルーツに置き換えるとカロリー摂取を制限できるほか、豊富な食物繊維によって腸内環境を改善できます。フルーツダイエットが向いているのは、こんな人です。

スポンサーリンク

  • 便秘がちな人
  • ダイエットでストレスを溜めてしまう人
  • ダイエットをすると肌が荒れてしまう人

グレープフルーツやキウイ、パイナップルは酵素が多く含まれるため食べたときに舌がピリピリしたり、人によってはアレルギー症状が出ることも、食べるときは少量から様子を見て食べるようにしてください!

カリウム摂取ダイエット

18fa03cbf7920b78

海藻類やバナナ、大豆製品などカリウムを多く含む食べ物を積極的に摂取するダイエット方法です。カリウムには利尿作用を高める効果があります。カリウムダイエットが向いているのは、こんな人です。

  • 水太りしている人
  • むくみがちな人

スルメダイエット

0cd7368c17d96395

スルメを何度も噛むことで、咀嚼により満腹中枢を刺激するダイエット方法です。オススメのタイミングは食前や空腹時です。顔の筋肉も鍛えられるので、輪郭をキュッと引き締める効果も期待できます。スルメダイエットが向いているのは、こんな人です。

  • ダラダラ食いをしてしまう人
  • 間食がやめられない人
  • 空腹を我慢しすぎてドカ食いしてしまう人

自分に合ったダイエット方法 ~運動編~

4945276878c27373

運動メインのダイエットの中でも、自分に合ったダイエット方法はどれなのかというのを体質別に診断してみましょう。

お腹まわりが太りやすい「糖質太り」タイプ

5a52d8c607adf9b5

甘いものが大好き、お腹に肉がつきやすいという方!。そんな糖質太りタイプの人は有酸素運動を中心にしたダイエット方法がオススメです。

D8c09b2f2270d570

1人で黙々とする運動が好きな人はウォーキングやランニングを行ってください。たくさんの人と運動を楽しみたい人は、ジムのホットヨガに通うのが良いでしょう。忙しい人は通勤時にエスカレーターでなく階段を使用したり、いつもより少し遠いカフェまで歩くなど意識的に歩行を行ってください。

下半身が太りやすい「脂質太り」タイプ

417282eea37ee214

脂っこい食事が好き、間食が好き、腰からヒップにかけて肉がつきやすい方!そんな脂質太りタイプの人には筋トレを中心としたダイエット方法がオススメです。スクワットやダンベルのほか、逆立ちや縄跳びも効果的です。筋肉をつけることで基礎代謝を上げれば、体が引き締まる効果が期待できます。

全体的にプヨプヨ「水太り」タイプ

Ad53b443b637fbb0

体全体が曲線的でプヨプヨしている水太りタイプには、ストレッチを中心にしたダイエット方法がオススメです。半身浴で余分な水分を排出したら、就寝前に脚やお腹をマッサージして、ストレッチをしましょう。血液循環が活発になり、水太りの原因であるむくみが解消されます。

まとめ:自分にあったダイエット法診断

B3ee6e907dc47247

自分に合ったダイエット方法を見つければ、リバウンドの心配もなくストレスフリーなダイエットができます。自分のライフスタイルや体質をきちんと分析し、効率よく、健康的に痩せましょう!

人気記事