Medium b963a68b697f9305

絶対に知っておきたいダイエットに良い飲み物・悪い飲み物をご紹介!

ダイエットのために間食を抑えて、運動も始めた…でもちょっと待ってください。飲み物には気をつけていますでしょうか。実は食べ物と同じくらい、飲み物はダイエットに影響を及ぼします。そこでダイエットに効果的な飲み物と避けるべき飲み物をそれぞれご紹介します。

カテゴリー:飲み物  作成者:coco26  投稿日:2018/04/07

目次

ダイエットがうまくいかない原因は飲み物にあった!

Ffe9357304229e3e

食べ物には気をつけているのになかなか痩せない…そんな方は飲み物が原因かもしれませんよ!
飲み物で痩せにくくなる原因について、以下にまとめてみました。

飲み物のミスチョイス

  • 炭酸飲料やジュース
  • カロリーオフ飲料
  • 砂糖やミルクの入った紅茶・コーヒー

以下のような飲料をよく飲むという方は要注意です。
実は炭酸飲料やジュースは砂糖だらけとなっているのです。

飲み物の砂糖含有量
コーラ500ml 55g
カルピス500ml 66g
オレンジジュース480ml 48g
缶コーヒー(有糖タイプ)200ml 15g

ショートケーキ一切れの砂糖はおよそ30gですので、
それよりはるかに多い砂糖が含まれていることがわかります。
これではいくらお菓子を我慢していても意味はないです。

カロリーオフ飲料にも要注意です。逆に体がエネルギーを欲し、食べ過ぎを招いてしまうことがあるからです。またこういった飲料には人工甘味料が含まれており、発がん性やうつ病の誘発など様々な病気の危険性が指摘されています。
ダイエッターならずともカロリーオフ飲料は飲まないほうが安全です。

飲み物オンリーのダイエット

99ded139395b3805

飲み物だけでダイエットしようとするのも失敗を招きがちです。
短期間集中で痩せたいというのならば効果はあるかもしれませんが、その後食生活を元に戻せば結局はリバウンドしてしまうからです。
本来飲み物だけでは栄養が十分に摂取できないため、ダイエットどころか体に良くありません。

ポイント

クレンズジュースダイエットという方法もあるが、それでも実施期間や前後の食生活について細心の注意を払う必要がある。飲み物系ダイエットは初心者が安易に行うものではない。

ダイエット中に飲むべき飲み物5選

それではダイエットを助ける飲み物とは一体なんでしょうか。
その効果と共にそれらの飲むべき飲み物について以下にてご紹介します。

①白湯

21c9c9c5a52c9970

白湯とは沸騰したお湯を冷ましたもの。
「白湯ダイエット」があるように、白湯には嬉しい効果がいっぱいとなっています!
まず体内からぽかぽかと温めてくれることで、基礎代謝のアップ効果があります。
基礎代謝がアップすると、脂肪燃焼効果をサポートするためダイエットが効率的に行えます。

また、白湯は腸の動きを刺激し活性化することもできるため、便秘解消効果もあるのです。
便秘の解消は、健康的になるだけでなく、老廃物を溜めにくい体になるので痩せ体質にもなるのです。

  • 体を温め基礎代謝アップ
  • 腸の動きを活発化し便秘解消

お湯を冷ますという手間がかかってしまう点もありますが、ダイエットにはぴったりの飲み物となっています。

②炭酸水

6bd6de067e553b89

炭酸水は炭酸飲料とは異なり甘味料は入っていないのでダイエット中もOK。
むしろ炭酸によって空腹が紛れるという嬉しい効果もあります。

間食をしてしまいがちな人は、小腹のすいた時に空腹感を紛らわすこともできますが、食事前に少し飲むだけでも、満腹感が感じられ食事の食べ過ぎも防いでくれるのです。
炭酸水には天然のものと炭酸を後から添加した人工のものとがありますが、品質には問題がないのも安心できるポイントです。

  • 小腹がすいた時の間食予防に効果的
  • 食事の食べ過ぎを予防できる

③緑茶

B96ecb230103894e

緑茶にはカテキンというポリフェノールが入っていますが、このカテキンは体内に蓄積された脂肪を分解してくれる効果があります。
また、温かいお茶を摂取することで白湯と同じような新陳代謝をアップさせる効果にも期待ができます。新陳代謝がアップすると、消費エネルギーの効率もグンと上がるのでダイエット効果◎です。

さらに、緑茶は体内に摂取することで外から入ってきた菌を殺菌してくれる作用もあると言われています。そのため、風邪をひきやすい人などは、緑茶の習慣を付けることで、健康的に過ごせるようになるのです。

  • 脂肪分解効果でダイエットを効率化できる
  • 新陳代謝がアップする
  • 殺菌効果で体の免疫力もアップ

④ブラックコーヒー

Ae328ed53c758a56

コーヒーと言えばカフェインですが、眠気覚まし以外にもダイエッターには嬉しい効果が期待できるものとなっています。コーヒーに含まれるカフェインには、体内で脂肪を分解する効果があるため、体に蓄積した脂肪燃焼のサポート作用があります。

また、糖分の吸収を抑制するため、余った糖分が脂肪として蓄積されてしまうのを防止することもできるのです。さらにコーヒーにはがんを予防する効果があると言われており、健康維持にも非常に有効に働くのです。

  • 体の脂肪分解を促進するので、運動との併用で脂肪燃焼効果アップ!
  • 糖の吸収を抑える
  • がん予防で健康維持ができる
4c442eea9380249d

ブラックコーヒーでダイエット効果を得たい場合には、砂糖やミルクを加えては逆効果です。
またアイスコーヒーの場合飲みすぎは体を冷やしてしまうので、1日3杯の上限を守りましょう。

⑤ジャスミン茶

37a4a8307480db5a

緑茶のダイエット効果を紹介しましたが、実はジャスミン茶にもダイエット効果が期待できます。
ジャスミン茶にもポリフェノールが含まれていますが、緑茶と同様、体内の脂肪を分解してくれる効果があります。

また、ジャスミン茶は、利尿効果があり体内に溜まった水分成分を体外に排出しようとします。これは、結果的に浮腫みを解消、さらに浮腫みの予防にもなります。
さらにジャスミン茶に含まれるタンニンは、便秘解消の効果もあるため、頑固な便秘で悩みがちな人にもおすすめですよ。

  • 脂肪燃焼効果をサポート
  • 浮腫みの改善にも効果的
  • 便秘解消で老廃物も排出できる
96105c65833f9e4a

ジャスミン茶のダイエット効果を実感したいという人には、伊藤園のカテキンジャスミン茶がおすすめです。トクホなので健康増進、健康維持に興味がある人にも良いでしょう。
特定健康食品で内臓脂肪など、体に溜まった脂肪にアプローチしてくれますよ!

スポンサーリンク

どうしても甘いものが飲みたくなった時は…

Aaec0872479951ce

とは言え、いきなり飲み物を変えるというのは難しいもの。
そんなときは以下の飲み物や食材を使ってストレスを溜めないように工夫しましょう。

豆乳

51bfc81d4ae51e2f

コーヒーや紅茶に牛乳を入れたくなったら、豆乳で代用するのが良いでしょう。
カロリーに大きな差はありませんが、豆乳には大豆タンパクが豊富に含まれているので体内の悪玉コレステロールを減少させてくれることができます。
また、コレステロールを排出するため、動脈硬化などの健康障害を予防することにも繋がります。

さらに、豆乳の大豆ペプチドという成分は、基礎代謝をアップして脂肪燃焼を効果的にするサポートを行ってくれるため、ダイエットにも最適なのです。

飲み物にレモンを入れる

Fc0e1d1cdabc75ea

レモンには非常に豊富なビタミンCが含まれていますが、このビタミンCは、代謝を促す効果があるため基礎代謝のアップに期待ができます。
基礎代謝のアップは、エネルギーの消費/代謝率を上げてくれるので、痩せやすい体になるのです。

さらに、抗酸化作用もあるので女性には欠かせない美容効果も高いのです。
抗酸化作用は、体内で発生する老化を促す活性酵素を減少させてくれる作用で、これによってシワやシミなどができにくくなると言われています。

ハーブティー

9e13f3d5dc793ca6

ハーブティーは、消化器官にアプローチし、スムーズに消化を促す効果があります。
また、温かいハーブティーは代謝を促し、老廃物や毒素を体外に排出してくれるので、体の巡りを改善し、浮腫みにも効果があります。
また、便秘改善効果もあるため、どんどんと痩せやすい体質になるのです。

ハーブティーの効果を実感したい人には、青の花茶がぜひおすすめです。
成分にこだわった青の花茶は、いつでも簡単にハーブティーを楽しめ、体と心の健康をしっかりサポートしてくれます。

B39f654433324808

ハーブティー特有の高いリラックス効果と、ダイエット効果にプラスして、ハーブティーが苦手な人でも飲みやすく改善されているので多くの方から人気を集めている商品です。

手作りのスムージー

F0ad359950f44dc1

スムージーは、簡単に自宅で作れる上に、フルーツや野菜の栄養素をたっぷり摂取できるので非常におすすめです。
野菜やフルーツは通常のジュースより糖分も少なく、健康的にダイエットをサポートすることが可能。
さらに、ビタミン成分もたっぷり含まれているため、女性には嬉しい美容効果も高いのです。

4d535e2d5601cf5f

そこでおすすめしたいのが、すっきりレッドスムージー。
あの後藤真希さんも、これでダイエット効果を実感したと話題の商品です。
1日の1食をこれに置き換えるだけで、なんと約500kcalも減らすことができるのです。
摂取カロリーが減ると、エネルギーを余すことなく消費しやすくなるので、痩せやすくなります。

酵素ドリンク

782818313ad10ba4

酵素ドリンクは、野菜やフルーツの酵素をたっぷり摂取することができます。
生酵素には、体内で脂肪燃焼をサポートする効果があり、ダイエットを効果的に行うことができます。
また、毒素を排出してくれるため、便秘の解消や浮腫の予防効果も期待できます。
さらに毒素の排出で、美容・美肌効果も得ることができるのです。

0cbe232a63b18633

酵素ダイエットを行いたい人は、優光泉がおすすめ!
モンド・セレクションでも2年連続で品質受賞しており、酵素のダイエット効果が実感できます。
完全無添加の酵素ドリンクで、習慣として毎日飲みたい人も安心して飲むことができますね。

飲み方に注意すればもっと効果的に!

E750f5ffca5aca0b

では、ダイエット中の飲み物についてどのような点に注意すればよいのでしょうか。
またダイエット効果がアップするのでしょうか。以下にまとめたので要チェックです!

適量を頻繁に飲む(がぶ飲みしない)

862cec1ea25b12a1

1日の目安は1〜1.5リットルです。
しかし一度にたくさん飲んでしまうと、むくみの原因になってしまうことがあります。
コップ1杯の水をこまめに飲むほうがダイエット効果はアップします。

また、普段はあまり水分摂取しない人が急にがぶ飲みをして1日の水分量を増やしてしまうと、腎臓などの水分の濾過器官に負担を開けてしまうことがあります。
少しずつ体に慣れさせながら水分摂取料を増やしていきましょう。

常温以上のものを飲む

0b621e1424fb18fd

冷たいものを飲むと胃腸に負担がかかってしまう上、体が冷えてしまいます。
できるだけ常温以上のものをとるようにしましょう。
温かいものであれば、体を内側からポカポカと温めて代謝を上げることができます。

アップすることができるので、ダイエット中は特に温かい飲み物を飲む習慣がおすすめで代謝が上がればもちろん消費エネルギーも効率よくすよ!
さらに、温かい飲み物は気持ちのリラックスにもなるため、ストレスが溜まりがちなダイエット期間にも、飲み物で上手に気持ちをリラックスさせることができます。

ポイント

飲み物一つとは言え侮ることなかれ。体に与える影響は多少なりともある。ここで紹介したような飲み物を積極的にとって、痩せやすい体づくりを目指そう!

食べ物だけでなく、飲み物も見直していくことが大切

今回は、飲み物にフォーカスして、普段のダイエットがもっと効果的に進む情報をお届けしました。
今まで飲み物に気を使っていなかった人では、初めは白湯などの簡単なものから初めて行くことで、少しずつ痩せやすい飲み物習慣を取り入れていきましょう。
また、健康的にな飲み物についてもっと知りたい方は以下の記事もおすすめですよ。

人気記事